【ゼノブレイド2】『属性玉』効果・必要ダメージなど! まとめ


スポンサードリンク

今回は、ゼノブレイド2のチェインアタック時の「属性玉の効果・割るコツ・相性など」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

属性玉とは?

属性玉は、「ブレイドコンボ」を決めると出現します。

「敵の周囲を回っている色の付いた玉」の事です。

ブレイドコンボの最後の属性(必殺技Lv3)の属性玉が出現しますね。

この属性玉の効果ですが、「チェインアタック時に割ることで追加のチェインアタックが発生する」という効果を持っています。

属性玉1個割る毎に、一周プラスするという感じです。

どんどんダメージが加算されるので、ボス戦も楽になって来ますね。

ブレイドコンボのやり方・属性の派生ルート

属性玉の割り方

⒈属性玉の仕組み

属性玉の割れる条件は、「属性玉のHP3を削ること」です。

「反属性+2・通常+1」と与えるダメージが変化します。

玉の色と反属性の関係性は以下の通りです。

属性玉の色反属性
水色
茶色

コメ欄からの補足情報です。

・覚醒ホムラ(ヒカリ)は全属性玉に1ダメージを与えられる。
・既に属性玉の発生している属性のコンボは追加ダメージが減る。
・反属性ではない攻撃はアシストコアを装備する事で傷付いた属性玉を攻撃させられる。
・反属性の攻撃は基本2ダメージを与えるがアシストコアを装備する事で3ダメージを与えられる。
・一度のチェインアタックで4つ以上の属性玉が割れるとフルバースト発動。
・戦闘メンバー全員でドライバーアーツを使い4つ目を割ったキャラが必殺技IVを発動。
・特大ダメージをボーナス。
・チェインアタック時、属性玉は破壊するのが遅いとバーストゲージの蓄積量が減るみたいです。
・属性玉が割られたときのダメージ倍率の上昇率は必殺技で割るときよりもフルバーストで割るときのほうが大きくなります。
・一度のチェインアタックで属性玉を壊しきれなかったとしても、属性玉にダメージは残ります。しかし、次に属性玉をつけると、また属性玉のHPは3まで回復します。
・属性玉による属性ダメージ軽減は、ホムラを覚醒させているときは無効化できます。

⒉属性玉を増やすコツ

「ボールメーカー」を持っているコモンブレイドを編成しましょう!

以下のような強力な効果があります。

最大まで強化することで、属性玉をどんどん生み出すことが出来ますね!

しかも全体効果ですから、使ってみると凄さが分かります(๑˃̵ᴗ˂̵)و

「レア・コアクリスタル」から生まれたコモンブレイドの方が、「ボールメーカー」を持っている確率が高いとの噂もあります。

コモンブレイドのボール使いを傭兵団に派遣したり、クエストに連れて行って信頼度を上げておくと、誰かしらは「ボールメーカー」を覚えますね。
最低でも一体は編成するようにしておきましょう。

まとめ

属性玉の仕組みを理解すると、一気にバトルでのダメージが膨らんでいきます!

理解していない場合は、終盤ではかなり攻略は滞って来るでしょう。

格上との相手とも十分に戦えるので、ボールメーカーの作成は優先的にして下さいね。

「契約書」入手方法・効果など

「メレフ」キズナリングの必要ポイント・効果・特徴

ハナJDの入手方法・姿など