【ポケモンサンムーン(SM)】最強「シルヴァティ(タイプ・ヌル)」の入手・厳選・育成方法まとめ


「ポケモンサンムーン」の最強シルヴァティ(タイプヌル)の「入手方法・進化方法・育成方法」についてまとめました!ポケモンサンムーンで、スカル団の用心棒をしているグラジオが、最後のバトルで使ってくるのが「シルヴァディ」です。

シルヴァディは、入手方法も特殊で、様々な育成方法がされています。育成方法に付きましては、その中で特にお勧めされているものを選別しましたので、それを参考にして頂けたらと思います!

スポンサーリンク


タイプヌル・シルヴァディの入手法・進化方法

タイプnull

シルヴァディは、野生で出現する事の無いポケモンです。

シルヴァディは、「タイプ・ヌル」から進化する事でのみ入手が可能となっています。


<タイプヌル・シルヴァディ入手の流れ>

⒈殿堂入り後にエーテルパラダイスの二階に向かう。

⒉上の通路を進んで行くとグラジオが居るので話し掛ける。

⒊会話後に、「タイプ・ヌル(レベル40)」を入手し、シルヴァディに持たせるメモリを全て貰えます。

シルヴァティ

貰えるタイプ・ヌルの厳選チャンスはこの時だけなので、手持ちの先頭に「シンクロケーシィ」を入れて起きましょう。

そうする事で、シンクロケーシィと同じ性格のタイプ・ヌルが貰えますので、性格の厳選は簡単に行えます!

個体値の厳選は、3V固定となっていますので、必要な個体値を3つ決めて置き、満足するまで厳選を行って下さい。

どういうタイプ・ヌルを貰うかは、育成方法の欄を参考に決めて見ましょう。


<タイプヌル・シルヴァディ進化の流れ>タイプ・ヌルの懐き度を最大にすると、レベルアップで「シルヴァディ」へと進化します。

特性「ARシステム」の効果で、貰ったメモリを持たせることで、シルヴァディを好きなタイプに変化させる事が出来ます!

持たせたメモリによってタイプが変化する、「マルチアタック(威力90、命中100、物理)」という技も存在しますので、色んな戦略が持てるという訳なんですね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

スポンサードリンク

シルヴァディ(タイプ・ヌル)の育成方法まとめ

siruvaty


1.ノーマルシルヴァディ種族値→「ALL95」

「性格ようき」

努力値→「攻撃252、素早さ252、㏋6」

技構成→「すてみタックル/だいばくはつ/かみくだく/いわなだれ」

持ち物→「いのちのたま」

敢えて、ノーマルのままで戦うシルヴァディです(笑)

特性に意味が無いだろと思うでしょうが、特性を使用しない事もシルヴァディには戦術の一つとなり得ます。

メモリを持たせることで、火力UPアイテムなどを持て無くなりますし、単純なアタッカーならノーマルが最強だと言えるんですね(“゚д゚)ウム

種族値もバランス良く高いですし、先手も取りやすいのも魅力です。

ノーマルシルヴァディで最も注目すべき点は、「タイプ一致だいばくはつ」が使えるという点です!

タイプ一致だいばくはつは、カビゴンがじばく縛りになるくらいに強力で、いまひとつでも一撃で倒すこともしやすいのです (๑˃̵ᴗ˂̵)و

相手がゴーストで防ぐことも考えられますので、その対策としてかみくだくを入れていると言う訳です。

相手はいつだいばくはつが来るのかと、白いシルヴァディを見たら恐怖する事でしょう(笑)



スポンサードリンク



⒉はがねシルヴァディ「性格ようき」

努力値→「攻撃252、素早さ252、㏋6」

技構成→アイアンヘッド、かえんほうしゃ、でんじは、とんぼがえり」

持ち物→スチールメモリ

単タイプのはがねは珍しく、最も多くのタイプを半減に出来ます!

流行りのカプ系を狩れる様になる他、飛行や氷やフェアリーにも強くなりますね。
基本的には、でんじはで麻痺をさせた後に、アイアンヘッドでひるみを狙って行く戦法を取ります。

かえんほうしゃを入れているのは、はがねを出された場合でも対処が出来るようにです。
はがねは防御が高い相手が多く、シルヴァディは特攻も高いので、かなりのダメージを与える事が出来ます!

どうしても相手にするのがきつい場合は、そそくさととんぼがえりで交替して行きましょう(笑)

ただし、「ギルガルド」や「テッカグヤ」等のはがねのライバルが居ますので、使う頻度が多いかどうかは分かりません(^^;)

しかし、はがねシルヴァディの型を知っている人は少ないですし、対策もされにくいのは強みと言えるでしょうね (๑˃̵ᴗ˂̵)و


⒊ゴーストシルヴァディ「性格おくびょう」

努力値→「特攻252、素早さ252、HP6」

技構成→「シャドウボール、かえんほうしゃ、れいとうビーム、エアスラッシュ」

かくとうとノーマルを無効化に出来て、特殊受け以外と戦って行く型です。

どうしても特殊受けも倒したいと思う場合は、狩れる範囲を狭めますが、「マルチアタック」を入れても良いかも知れませんね。

この型は上記の二つ程は使われては居ませんが、対策は殆んどされませんので、意外と使えると個人的には思っています(笑)

ただし、おくびょうを選択すると上記の型は試すことが出来ませんので、じっくりと考えて厳選を行って行きましょう!


感想

シルヴァディは、人によって様々な個性が出るポケモンですし、どれが正解だという物は確立はされていません!

ですので、自分に取って最強だと思う型を作るのが最良だと思いますし、サンとムーンを両方買って、性格の異なるシルヴァディを複数体持っておくと良いかも知れません(笑)

レート戦ではまだそれ程は見掛けませんが、シルヴァディで勝ち進むのは楽しいですし、育成方法をしっかり決めてから厳選をスタートさせましょう(๑˃̵ᴗ˂̵)و

スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

19,956 views