【ポケモンGO】たまごを最効率で孵化させる方法・自動化する方法まとめ

pokemon go

どうもsinpyです。

今回は、たまごを最効率で孵化させる方法・完全自動化する方法について書いていきます!

スポンサーリンク

たまごを最効率で孵化させる方法・自動化する方法

ポケモンGOにおいてタマゴをかえすためには、数キロメートル(2キロ/5キロ/10キロ)移動する必要があります。また、必要な移動距離は卵のレアリティに依存します。

「車などで移動すれば楽勝じゃん!」と最初は思うのですが、「Pokémon GO」では、GPSにて移動速度をチェックされ、その速度は「時速10km未満」でなければいけない

さらに、ポケモンGOのアプリを立ち上げないと距離が計測されないので、必ずアプリにログインした状態を確認してから移動しよう。

基本的には徒歩やジョギング、ゆっくりと自転車に乗るなどが最適な移動手段となります。

他にも注意点として、たまごは破棄できず途中で入れ替えもできないということもお忘れなく。

また、孵化に必要な距離が長いほうがレアの高いポケモンとなるようですね。

さまざまなタマゴ孵化の方法(自動化させる方法)

とはいえ、みなさん歩くのが本当に億劫なようで、Twitterなどではいろいろな裏ワザ的方法で卵を自動でかえす方法を模索しているようですw

その方法はたとえば以下のような感じ
  • ルンバにスマホを乗せる
  • プラレールにスマホを乗せる
  • 飼い猫や犬にくくりつける etc…
どうしても歩くのが面倒な方は、ご自身でも色々と模索してみるといいでしょう!w

スポンサードリンク

モンスター別 孵化に必要な移動距離

ぽけもんgo 孵化 https://twitter.com/AfMinnna/status/752506639266091012
ピカチュウやゼニガメなどは2km、ガルーラやスリープ、ドードなどは5km、カビゴンやラプラスなどは10km必要といった感じ。

レアがあがるごとに当然距離はあがっていきますね。

おすすめのタマゴ孵化方法・移動手段

移動速度「10km未満」って結構遅いので、車やバイクではほぼ不可能です。
ですので、個人的なおすすめは自転車をゆっくりこぐorジョギングですね。

ジョギングは健康にも繋がるし、かなりいいですね〜!

お金がある方はスマホをプラレールやドローンにくくりつけましょうw
他にもトラクターという乗り物をおすすめする方も・・・w

まとめ

というわけで、たまごを効率良く孵化させる方法・おすすめの移動方法の紹介でした!

他の記事もよければ見てみてくださいね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و


ポケモンGO 攻略セレクション

攻略まとめ 最新アップデート情報
レア度早見表 たまご孵化表
ジム戦おすすめポケモン 全国ポケモンの巣
ポケモン図鑑 よくある質問Q&A

スポンサーリンク
関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。