【カリギュラ オーバードーズ】クリア後の評価・感想・レビュー『ネタバレ注意』

今回は、カリギュラ オーバードーズのクリア後の評価・感想・レビューを書きました。

それでは、ご覧くださいませ!

※ストーリーのネタバレが嫌な方は見ないで下さい。

スポンサーリンク

帰宅部の新キャラ

帰宅部の新キャラ「天本彩声」と「琵琶坂永至」が登場しました。

天本彩声は、極度の男嫌いと言う設定です。

地下アイドルグループ時代に、アイドル仲間の子が田所と言う男に顔面を殴打され、その結果死んでしまったことで男全般を嫌う事になりました。

誰だって、こんなことがあれば男嫌いになるかも知れませんね。

そして、田所は「琵琶坂」と深い関わりがあります。

琵琶坂は田所を無罪にした弁護士で、間接的に天本彩声とも繋がりがありました。

ストーリー中でも、琵琶坂は敵っぽい言動を取っていたりしますからね。

琵琶坂を帰宅部から追放するルートへ行けば、琵琶坂に罰が下るのはスッキリしました!

楽土の新キャラ「梔子」も、琵琶坂には酷い目に合わされていましたしね。

こういう密なストーリーを展開できたので、新キャラへの評価は高いです。

楽士ルート

「主な特徴」

  • 主人公が楽士として活動できる
  • 楽士メンバーのキャラクターエピソードが行える
  • 楽士メンバーを編成し、帰宅部メンバーと戦える
  • 楽士エンディングが見れる

キャラクターエピソードでは、帰宅部と同じくらいに楽士たちの掘り下げがされており、最後まで見ることで「楽士も悪く無いなぁ」と思えてきます。

前作は掘り下げが余り無く、変わった敵程度の認識にしかならないですからね。

新キャラの「Stork、梔子」も、いい味を出しているなと感じました。

Storkの変態っぷりは笑えて来ますよ(笑)

楽士エンドでは、世界の崩壊の仕方が生々しく表現されているのは高評価。

不満点を上げるなら、楽士たちのオーバードーズスキルが帰宅部と同じだという事。

正直、これは手抜きとしか言えないのでマイナスですね。

少年ドールが「コピペコピペ」しなくてもね(^-^;

マップ・敵の強さ

今作では、「宮比温泉物語・テーマパーク 太陽神殿」の2つの新マップが登場します。

相変わらずギミックも少なく、探索が退屈なのは変化なしです(^-^;

特に太陽神殿は敵が回避しにくく、やたら走り回る事になるマップですからね。

その他のマップに関しても、同じ景色ばかりが広がるのは手抜きに見えました。

敵の強さに関しては、ノーマルだと全く歯ごたえはありません。

少しコンボすれば倒せるので、楽しさを感じることは少ないです。

ボス戦も、オーバードーズスキル連射で終わるのばかり。

ノーマルがイージーで、イージーがベリーイージーって感じです。

ハードは急激に強くなるので、ノーマルが退屈な人は試してみるといいかも。

スポンサードリンク

クリア後の追加要素

『ボス戦の再戦』では、ボスから強力なスティグマがもらえます。

Lv80という事で、かなり歯ごたえもあるのは楽しめました。

帰宅部4連戦はなかなかの強さですよ!

『新たなワールドリワード』の出現は、探すのが面倒過ぎてやる気が無くなる要素です(^-^;

コンプした人はまだいないと思いますし、そこまでやる人がいるのかも疑問ですね。

『歌姫の見る夢』では、帰宅部と楽士を一緒にパーティに編成できます。

笙悟とソーンが一緒に戦わせてみるのも楽しいですよ(笑)

総評

フルリメイク作となった「カリギュラ オーバードーズ」でしたが、Vita版と比べれば全体的に面白くなりました!

100点満点中の「75点」くらいは上げても良いと感じました。

PS4にしては画質が低いというのはマイナス評価ですね。

名作とは言い難いですが、良作ではあると思います。

やるゲームが無くて退屈しているという方は是非!

最新攻略情報 完全まとめ

高評価確定!「PS4」おすすめゲーム

ジャンル別にまとめてみました!
↓↓↓

スポンサーリンク
X-lift

関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る