【カリギュラ オーバードーズ】クリア後の追加要素・取り返しのつかない事

今回は、「Caligula Overdose-カリギュラ オーバードーズ-」の『クリア後追加要素・取り返しのつかない事』の攻略情報をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

スポンサーリンク

クリア後の追加要素

⒈「NewGame+」が追加

レベルや因果系譜などの様々な要素を引き継いで、初めからプレイできます。

敵のレベルを引き上げる機能がオプションに追加。

自分も敵も強くてニューゲームが楽しめます。

⒉「歌姫の見る夢」システムが解放

本作からの新要素「歌姫の見る夢」では、楽士メンバーをパーティに編成できます。

ゲームクリア後にとある条件を満たすと解放されるとのこと。

⒊ボスと再戦が可能になる

ゲームクリア後に、過去に倒したボスがいる場所に戻ると、そのボスと再戦できます。

帰宅部との再戦は、主人公がLucidでグラン・ギニョールの「最後の扉」に向かうと再戦できます。

⒋ワールドリワードの解放

ワールドリワードは本作のエンドコンテンツです。

ゲーム中に様々な条件下で低確率ドロップするワードを回収していきます。

クリア後はさらにワールドリワードが解放され、本編には登場しない強敵や特別なエピソードに出会うことになります。

最強の敵もここで出るかも?

スポンサードリンク

取り返しのつかない事

⒈主人公の姓名

主人公の性別と名前はプレイ中に変更はできません。

性別の違いで場面によって反応が異なります。

Vita版プレイ済みの方は女性主人公を選ぶのがおすすめ。

⒉楽士ルート

一度「楽士ルート」に入ると、楽土側の人間として活動します。

「帰宅部のキャラクターエピソードが完走できない」というデメリットも発生します。

その代わり、楽士側のキャラクターエピソードが楽しめます。

どちらのエンディングへの分岐も存在するので、楽土ルートはお得ではありますね。

楽土ルートへ行くには、「3章 Stork編」開始直後のソーンとの会話イベントで「扉をくぐる」を選択すれば楽土ルートに進みます。

「来た道を戻る」を選べば、正規ルートである帰宅部ルートで遊べます。

まとめ

クリア後の追加要素も増えたので、Vita版よりやり込めるのは嬉しいですね!

取り返しのつかない事は、楽土ルートへの分岐には注意を払いましょう。

2週目をやる方に取っては、取り返しのつかない事は無いと言えるかも知れませんがね。

評価・感想・レビュー

前作からの変更点・新要素など

高評価確定!「PS4」おすすめゲーム

ジャンル別にまとめてみました!
↓↓↓

スポンサーリンク
X-lift

関連コンテンツ

こちらも読まれています


話題の仮想通貨比較人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る