【戦場のヴァルキュリア4】リーダー任命におすすめのキャラを解説!

 


スポンサードリンク

今回は、戦場のヴァルキュリア4の「リーダーの役割・効果・任命におすすめのキャラ(ユニット)」についてまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

リーダー任命とは?

「リーダー任命」は、ストーリー8章で出来るようになります。

リーダーに任命されたユニットは、以下のメリットが発生します。

  • 編成するとCPが増える
  • 直接指揮が可能になる

つまり、「ラズ・カイ・レイリィ」と同じ特徴を持つ訳です。

階級が伍長以上であれば任命できますが、出来るのは1人まで。

いつでも変更可能ですが、誰にするかで戦いの難易度も変わります。

直接指揮とは?

「直接指揮」とは、ユニットのコマンドとして発動させることで、リーダーが他ユニットを2人まで連れ歩くことが出来るという効果です。

発動には1ターンに一度溜まる「SP」が必要で、味方が近くにいることが条件です。

  1. APの低い仲間をAPの高いユニットで長距離移動させる
  2. 相性のいいユニットと連携攻撃を狙って出来る

と言ったメリットが直接指揮には有ります。

どちらも便利な効果なので、リーダーに任命するユニットは適当では行けません!

 

スポンサードリンク

 

リーダー任命におすすめのユニットとは?

まず、8章時点でリーダーになっているのが以下の5名です。

  • クロード
  • ラズ
  • カイ
  • レイリィ
  • ミネルバ

「戦車長・突撃兵・狙撃兵・擲弾兵・偵察兵」です。

なるべく全兵科はいた方が良いので、残りは「対戦車兵or支援兵」ですね。

「APの低い仲間をAPの高いユニットで長距離移動させる」というのは活かしたいので、やはり支援兵にリーダーを任せるのが良さそうです!

回復力が高い、弾薬を補給できるので居ても邪魔にはならいませんし。

支援兵を余り使わないという方は、偵察兵の「カルト」でも構いませんが。

支援兵ならオラール

オラールは、戦車に関するポテンシャルを持っています。

支援兵は戦車と行動する事も多く、能力値を上げながら戦いやすいです。

隊員断章も早めに来るので、直ぐにパワーアップさせられるのも売りですね!

キャラ的に苦手という方は、他の支援兵で妥協しても良いでしょう。

まとめ

リーダー任命により、8章から戦略の幅が一気に広がります。

どうしても「支援兵or偵察兵」に拘らなくても、戦場によってリーダーを変更するのも有りですよ!

クリア後の追加要素・取り返しのつかないこと

オーダー・シップオーダーの入手条件一覧