【北斗が如く】評判・感想・レビューなど!『好評価多め』


スポンサードリンク

今回は、北斗が如く(PS4)の「評価・評判・感想・レビュー・口コミ」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

北斗が如くってどんなゲーム?

「北斗が如く」は、北斗の拳と龍が如くがコラボした作品です。

北斗のケンの世界観をそのままに、龍が如くの遊び要素も上手く融合していますね。

戦闘では北斗神拳を使いこなし、秘孔アクションで次々と敵を倒すなど、原作さながらのアクションも思いのままです!

遊び要素では、「バーテンダー・整体師」などになったり、バイクでヒャッハーしたりと(笑)

どんなことでも真顔で全力で取り組むケンシロウがいます。

とにかくハチャメチャな作品と言えますので、好き嫌いは分かれるかも知れませんね。

それでは、ネット上での評価や感想などを見ていきましょう!

ヒャッハーをホームランするケンシロウ

面白かった人の評価・感想など

  • 北斗神拳の再現度が高い
  • 遊び要素でもまじめなケンシロウに笑う
  • 北斗無双より遥かに出来が良い
  • 龍が如くが好きだが、北斗の拳も好きになる
  • 秘孔アクションは慣れるとスムーズに敵を倒せて楽しい
  • 五章辺りから楽しくなるので、批判をぐっと堪えましょう
  • 絶妙な組み合わせのコラボなので、違和感も無く純粋に楽しめる

このように、北斗の拳のコラボ作品としては最も評価が高いように思えます!

龍が如くとコラボしたのも、遊んでみると正解だなと。

北斗よりの世界観ですが、ちゃんと龍が如くしている部分も多いですからね。

「片方が好きな方は、もう片方も好きになれる」

そんな魅力のある絶妙なバランスのコラボと言えそうです!

個人的には、アクション面より遊びの方が評価が高かったりしますが(笑)

ずっと世紀末的な雰囲気では息が詰まりますし、こういう息抜きも大事です。

 

スポンサードリンク

 

つまらなかったと感じた方の評価・感想など

  • ケンシロウが凄く桐生に見えて違和感が
  • オリジナルの声優じゃないのが不満
  • 北斗無双に慣れた方は、敵の倒しにくさは不評だと思う
  • ストーリーが中途半端で進める気がしない
  • 楽しさはあるものの、他には何もない
  • 序盤はお使いが多すぎて、そこが大きくマイナスだと感じます
  • 龍が如く6と比べると、移動方法に不都合さがある

低評価は少数でしたが、納得できるものもいくつかありますね。

まずケンシロウの声がオリジナルじゃないのは、人によっては引っ掛かる部分です。

グラフィックは龍が如く寄りなので、桐生に見えなくも無いですね。

ケンシロウはもうちょっと濃ゆい感じの方が馴染みます。

序盤のお使いの多さに関しては、これは多くの方が感じる部分でしょう(^-^;

これを乗り越えると遊び要素が楽しめますが、挫折してしまうと低評価にしかなりませんね。

ーリーは「コラボ作品なので過剰に期待しない方が良い」のは間違いない(笑)

まとめ

「北斗が如くはコラボ作品」という事で、とにかくバランスが大事になります。

バランスに関しては、戦闘と遊びの両立が出来ているので好印象ですね。

「序盤のお使い」に関しては、不満を言われても仕方ないレベルでした(^-^;

大絶賛とは行きませんが、何かのゲームが出るまでの繋ぎとしては退屈しないでしょう!

【北斗が如く】裏技・エラー・バグ・小技・小ネタ情報

人気ゲームの「評価・感想・レビュー」総合まとめ