【巨影都市】巨影『エヴァンゲリオンシリーズ』初号機他全5体の特徴まとめ!画像付き


スポンサードリンク

今回は、巨影都市の「エヴァンゲリオン(汎用人型決戦兵器)シリーズ」の特徴をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

エヴァンゲリオン初号機

エヴァシリーズで、最も有名なのが初号機です!

主人公の碇シンジが騎乗しており、覚醒すれば世界を滅ぼすほどの力を発揮します。

今作では巨大なガトリング砲を手に、四番目の使徒と戦うようです。

ちなみに、碇シンジが騎乗しているかどうかは謎なようだ。

エヴァンゲリオン零号機

超有名ヒロイン「綾波レイ」が騎乗していた零号機。

レイが乗ることを想定して作られており、コアにはある人物の魂が封入されている。

起動実験の際に暴走を起こし、レイはその時に大けがを負っている。

16番目の使徒との戦いにおいて、使徒と共に自爆し、それ以来は出番のない機体でもある。

今作では、第8の使途との戦いに、「初号機・2号機」と共に挑むことになる。

こちらもレイが騎乗しているかは不明。

エヴァンゲリオン2号機

「惣流アスカラングレー」が騎乗している2号機。

アスカの好みに合わせて、赤を基調としたカラーリングになっています。

新劇場版では、マリが「ビーストモード」を発動し、更にパワーアップし暴れまわる姿が披露されています。

Qでは、アスカが「コード777」を発動し、より獣らしい姿で戦っていました。

こちらもアスカが乗っているかは不明です。

 

スポンサードリンク

 

第3の使徒

第3の使徒「サキエル」は、キリスト教伝承の「水を司る天使」が元になっています。

人類に壊滅的な被害を与えたセカンドインパクト以来、15年ぶりに現れた使徒。

身体は黒く、仮面のような見た目をしていますね。

初号機の初陣となった戦いで登場し、最後には初号機を巻き込んで自爆した。

キャラ人気も高く、多くのグッズが存在しています。

今作でも初号機との戦いが描かれるそうです。

第4の使徒

第4の使徒「シャムシエル」は、キリスト教伝承の「昼を司る天使」が元となっています。

イカに近い姿をしており、海から出現しました。

エヴァ初号機を追い詰めたものの、最後は初号機の「プログレッシブナイフ」でコアを破壊され、NERVに使徒のサンプルとして回収された。

今作でも、エヴァ達と激しい戦いを繰り広げます。

まとめ

巨影都市の「エヴァンゲリオンシリーズ」の特徴を紹介しましたが、今作の中では最近では最もメジャーな作品だと言えますよね!

新劇場版が公開されてからは、また人気に火が付いていますし、常に根強い人気を得ています。

個人的には、AAAヴンダー辺りは出て欲しかったですね(笑)

その他にも魅力的なシリーズが多いので、エヴァ以外にも興味を持てると思いますよ!

ウルトラマンシリーズの全九体の特徴まとめ