【ポケモン ウルトラサンムーン】新メガ進化は来るのか?予想考察して見た!

今回は、ポケモン「ウルトラサン&ムーン(USUM)」の「新メガ進化の予想・特徴」について紹介します!

それでは、ご覧くださいませ!

スポンサーリンク


新メガ進化は来るのか?

⒈第一世代のポケモン以外から来る

「ウルトラサン&ムーン」は、「サン&ムーンのマイナーチャンジ」的な作品です!

世界観にも変化があると思われ、新たなメガ進化も登場するのではないかと予想されていますね。

個人的には、新しいメガ進化が来ると思っています!

「シンオウ地方・ジョウト地方」辺りが来るんじゃないかなと考えますね。

⒉「シンオウ地方・ジョウト地方」の理由は?

まずは「シンオウ地方」についてですが、これが一番可能性があります!

というのも、ウルトラサン&ムーン」の世界は、シンオウ地方と繋がっている可能性があるからです (๑˃̵ᴗ˂̵)و

シンオウへ行ける噂や根拠

シンオウ地方に行けるのだとしたら、新たなメガストーンが発見できても不思議は無いですからね。

ジョウト地方の場合は、第一世代のカントー地方が多いので、次は第二世代のジョウトではないかという事です(笑)

金銀がバーチャルコンソールでも出ますし、「ウルトラサン&ムーン」にポケモンを送ると、メガストーンも持っている。

みたいにすれば、どちらの売り上げにも繋がりそうです!

スポンサードリンク

新メガ進化のポケモンと特徴を予想してみる

⒈金銀の御三家

「メガニウム・バクフーン・オーダイル」ですね!

金銀で最初に貰える3匹として知られていますが、印象が一番薄い御三家だと言われています(^^;)

そこで、メガ進化によって日の目を見させるという訳です。

メガメガニウムは、タイプに「鋼」を追加して、特性に「ほうし」を付けます。

メガバクフーンは、タイプに「かくとう」を追加して、特性に「ひでり」を付けます。

メガオーダイルは、タイプに「悪」を追加して、特性に「かそく」を付けます。

⒉メガヤンマ

これは、名前の響き的に良さそうですよね(笑)

メガメガヤンマとか、無意味に呼んで見たくなります。

羽以外が鋼に覆われて、早いエアームドみたいなステータスに変化。

タイプは「鋼・虫」となり、耐久力もアップしますね。

特性は「かそく」のままなので、バトン要因としても使えます。

⒊ランターン

メガランターンは、とにかく電気の要素が濃くなります。

明かりの部分が巨大化しており、身体の色も黄に変化。

タイプは「でんき」だけとなり、特性は「エレキフィールド」になります!

つまり、カプコケコと同じ特性を扱える訳ですね。

スピードはありませんが、耐久と特攻が強いポケモンになる訳です。

⒋キングドラ

キングドラは、「すいすい」でスピードを上げる戦法が使われています。

メガキングドラになることで、特性が「あめふらし」へと変化。

一度後退させ、再び出して普通の姿になった時は、特性「すいすい」でスピードが上がる。

メガでも普通でも、2度美味しい感じになる訳です (๑˃̵ᴗ˂̵)و

⒌マニューラ

かつては「ドラゴン狩り」として活躍していたマニューラだが、最近では鳴りを潜めてしまっている。

メガマニューラになることで、タイプを「氷・フェアリー」へと変化!

ドラゴンからの攻撃を受け付けず、一方的にドラゴンを狩れるようになる。

「威力10の追加攻撃が出来る」効果の新特性を身に付け、気合のたすき対策も万全に!

これで、より活躍の幅が広がりそうですね。

⒍ロトム

ロトムにはフォルムチェンジが複数あるが、それぞれにメガ進化が発見された!

それぞれ、最新家電のような形に変化し、スピードが大幅にアップ。

より攻撃に特化したステータスに変化し、アタッカーとして幅広く活躍できます。

メガ進化ロトムの身体には、「シルフカンパニー」のロゴが刻まれているのだとか。

⒎ドータクン

とあるウルトラビーストに立場を奪われつつあるので、メガ進化を与えてみたくなりました!

ドータクンの鐘の色が金に輝き、耐久性能を大幅にアップ。

「物理・特殊攻撃を3回まで半減させる」という新特性を得て、再び最強の耐久ポケモンとして環境の最前線に返り咲きます。

まとめ

ポケモン「ウルトラサン&ムーン」の「メガ進化予想」を紹介しましたが、個人的には金銀の御三家のメガ進化は楽しみですね!

ずっと不遇だと言われていましたし、古参な自分としては見返してやれって気持ちを持っています。

その他のメガ進化も、使って見たら楽しそうですよね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

ウルトラサン&ムーンの記事は定期的に更新しておりますので、是非ともご確認下さい!

新要素「アローラフォトグラフ」

スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。