【ポケモンサンムーン】最強ゲンガー(メガゲンガー)の育成論・厳選・対策・入手方法まとめ


今回は、ポケモンサンムーン(SM)の最強ゲンガー(ゴース・ゴースト・メガゲンガー)の「入手方法、厳選方法、育成方法、対策方法」について紹介して行こうと思います!

ポケモンサンムーンでも、初代ポケモンである「ゲンガー」はかなり活躍をします。
捕獲要員としても戦闘要員としても、様々な場面で役に立ってくれますね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

ゲンガーを使って見たい方も多いと思いますので、入手から育成まで、幅広くこの記事で紹介します。

スポンサーリンク


最強ゲンガー(メガゲンガー)の育成論・厳選・対策・入手方法まとめ

ゲンガーの入手方法

⒈ゴーストを通信進化

2番道路の「ハウオリ霊園」の草むらでゴースを捕獲出来ます。

ゴースをレベル25でゴーストに進化させるか、「スーパー・メガやすあとち」でゴーストを捕獲しましょう!

ゴーストを通信進化させる事で、ゲンガーへと進化します。

⒉野生で捕獲する

ゲンガーは通常は野生で出現しませんが、ゴーストが「仲間を呼ぶ」事で乱入して来ます!

スーパー・メガヤスでゴーストに遭遇し、「相手のHPを削る&ビビりだま」で仲間予備を発生させやすくして下さい。

確実に現れる保証は有りませんが、いつかは出現しますので粘って見ましょう (๑˃̵ᴗ˂̵)و

スポンサードリンク

ゲンガーの厳選方法

野生で捕まえるというのも手段では有りますが、かなり時間と手間を要するのでお勧めは出来ません(^^;)

殆んどのポケモンに共通している厳選方法と言えば、高個体値メタモンと厳選したいポケモンを育て屋に預ける事です。

では、厳選の準備から方法までを紹介して行きます。
⒈ゲンガーの性格を何にするかを決め、その性格の「ゴ―スorゴーストorゲンガー」を用意する。
⒉4Vメタモンを持っていない場合は、ホクラニ岳の草むらでメタモンの仲間呼びを「31連鎖以上」させて捕獲する。

この際にお勧めのポケモンや技も有りますので、別記事をご覧ください。
⒊かわらずの石とあかいいとを用意する

かわらずの石は性格固定の為。

あかいいとは、個体値を5つ以上遺伝させる為に必須です。

あかいいとは、「ものひろい、泡で釣り、BP」で入手出来ます。
⒋固定させたい性格の方にかわらずの石を持たせ、片方にあかいいとを持たせる。
⒌ひたすら卵を孵化させて行き、性格一致高個体値のゴースを目指す。

野生で連鎖させていないポケモンは個体値が低いので、高個体値の子供と親を定期的に入れ替えましょう。

そうする事で、強い子供が産まれる確率が高くなります!

これらの方法を使う事で、卵を孵化させれるポケモンは厳選しやすくなります。

最初から高個体値の親で孵化をやりたい場合は、野生で31連鎖を狙って見ましょう (๑˃̵ᴗ˂̵)و

スポンサードリンク

最強ゲンガー・メガゲンガーの育成方法

gennga-3

サンムーンのゲンガーは、特性の「ふゆう」が無くなってしまった為に、地面技に対して無償降臨が出来なくなります(^^;)

それでも、種族値の高さや豊富な技が有りますので、環境上位を維持出来ているという訳ですね(“゚д゚)

通常のゲンガーとメガゲンガーの育成方法が有りますので、どちらも参考にして頂けると幸いです。


通常のゲンガー育成論⒈種族値→「HP60、攻撃65、防御60、特攻130、特防75、素早さ110」
⒉タイプ→「ゴースト、どく」
⒊性格→「おくびょう」
⒋努力値→「特攻252、素早さ252、HP6」
⒌技構成→「シャドーボール、ヘドロばくだん、きあいだま、マジカルシャインor10万ボルトorみちずれorちょうはつorおにび」
⒍持ち物→「きあいのたすき」
⒎特性→「のろわれボディ」 攻撃して来た相手の技をかなしばりにする。



こちらのゲンガーは、主にバトルツリーでの活躍が可能です!

今までのシリーズでも、ゲンガーがバトル施設では大活躍しており、今作でもツリーを勝ち抜く際には最有力候補となっていますね(“゚д゚)ウム

覚える技の範囲も広く、「ツリーでは攻撃技オンリー」だとか、「レートでは変化技を入れる」だとか、使い方を変える事も容易に出来ますね。

そして、相手はメガゲンガーを警戒するでしょうし、動きをある程度は抑制する事が出来ます。

メガゲンガーはかげふみを持っていますし、逃げられなくなったら困るポケモンは必ず居るもんですしね。

メガストーンを素直に持たせても良いですが、努力値振りをやり直す羽目になりますし、きあいのたすきを固定しておきましょう!


メガゲンガーの育成論⒈種族値→「HP60、攻撃65、防御80、特攻170、特防95、素早さ130」
⒉タイプ→「ゴースト、どく」
⒊性格→「おくびょう」
⒋努力値→「HP252、素早さ252、特攻6」
⒌技構成→「シャドーボール、ヘドロばくだん、みちずれorほろびのうたorおにびorちょうはつorマジカルシャインorきあいだまorみがわり」
⒍持ち物→ゲンガナイト
⒎特性→「のろわれボディ→かげふみ」 戦闘に出ている相手のポケモンを逃げられなくする。



メガゲンガーは超優秀な種族値と、豊富な技構成が魅力のポケモンです!

そこに特性のかげふみが加わる事で、相手を確実に仕留められる状況を作ります。
どうしても勝てない相手が出ていても、「みちずれorほろびのうた」で仕留められますし、おにびやちょうはつで相手の動きを乱しても良いですしね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

種族値を見て貰えたら分かると思いますが、特攻は申し分の無い数値は有りますので、耐久力を上げる選択にした方が安定します。サンムーンではふゆうが無くなってしまいましたし、さっさとメガ進化をした方が得をするのは間違いなさそうですね(笑)

地面技に対しての無償降臨が出来なくなったので、なるべく先鋒で使うようにして行きましょう!

スポンサードリンク

ゲンガーの対策方法

ゲンガーの対策は、ふゆうが無くなりましたので、「ガブリアス、マンム―」等の高威力の物理地面技で倒しましょう!

たすきを持っている場合が多いので、「こおりのつぶて」を覚えるマンム―の方が対策になりそうです。

メガゲンガーの場合ですと、素早さがガブリアスよりも高くなるので、みちずれで相打ちになってしまう事も出て来ます(^^;)

ですので、メガゲンガーの素早さを麻痺で事前に下げておくことで、ガブリアスで楽に対処も可能だと言えますね。

その他のポケモンで言うと、「じゃくてんほけんを持ったギルガルド」や、「いのちのたまを持った剣の舞ミミッキュ」が有効だという事ですね。
通常ゲンガーの場合は、「ガブリアスorマンム―」が最適
メガゲンガーの場合は、「ギルガルドorミミッキュ」が最適となっています。

これだけが正解では有りませんし、自分で対策法を見つけても良いと思います!

まとめ

通常のゲンガーは弱体化してしまいましたが、メガゲンガーは相変わらず猛威を奮っています!

様々なポケモンに対処しやすいと思いますし、メガ枠に入れて見てはどうでしょうか(๑˃̵ᴗ˂̵)و



ポケモンサン・ムーン 総合攻略まとめ

おすすめ攻略セレクション


スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

41,092 views