【ポケモンサンムーン】最強ボーマンダ(タツベイ・コモルー)の厳選・育成方法まとめ!

タツベイ・コモルー・ボーマンダ

今回は、ポケモンサンムーンの最強ボーマンダの「入手方法・厳選方法・育成論」について紹介して行こうと思います!

ポケモンサンムーンでも、ボーマンダはまだまだ最前線で戦えるポケモンです。

昔から愛用して来た人も多いと思いますが、サンムーンでも活躍させられる様に、この記事を活用して頂けたらと思います!

スポンサーリンク

最強ボーマンダ(タツベイ・コモルー)の入手・進化・育成方法まとめ

ボーマンダ(タツベイ・コモルー)の入手方法は?

最終進化系であるボーマンダですが、サンムーンでは野生でゲットする事が出来ます!

その方法とは、ムーンの3番道路で超低確率で現れる「タツベイ」に仲間を呼ばせるという方法です。

この方法では、確実にボーマンダが出て来る訳では有りませんが、複数回繰り返していると出る可能性が有るとの事ですね(“゚д゚)ウム

出現時のレベルは10となっていますが、序盤でゲット出来たら楽に攻略が進められそうです(笑)

タツベイから進化させる場合は、レベル30でコモル―に進化し、コモル―をレベル50にするとボーマンダになりますね。

タツベイ・コモルー・ボーマンダ」の入手方法・進化条件一覧


厳選方法は?

タツベイ自体の確率が低いので、ボーマンダ自体を厳選するのは困難です(^^;)

タツベイを一匹捕まえたら、たまごグループ「ドラゴン」のポケモンか、メタモンで卵を孵化させて行きましょう!

遺伝技を使用する場合も有りますので、組み合わせにも気を付けて行きましょう。


ボーマンダの育成論

⒈タイプ「ドラゴン・ひこう」

  • 4倍弱点→こおり
  • 弱点→いわ・ドラゴン
  • いまひとつ→ほのお・みず・かくとう・むし
  • いまひとつ(4分の1)→くさ
  • 無効→地面
かなり受けられる範囲が広く、氷にさえ注意していれば簡単には落とされません。

同族は、素早さの高いガブリアスには注意しましょう(^^;)

⒉種族値&特性

  • 種族値→「HP 95 攻撃 135 防御80 特攻 110 特防 80 素早さ 100」
  • メガ進化の種族値→「HP95 攻撃 145 防御 130 特攻 120 特防 90 素早さ 120」
    特性→ いかく「バトルに出たとき、相手の攻撃を1段階下げる。手持ちの先頭にいると、レベルの低い野生ポケモンが出現しにくくなる」
    夢特性→じしんかじょう「相手を倒すたびに攻撃が1段階ずつ上がる」
    メガ進化の特性→スカイスキン「ノーマル技がひこう技に変化する」
いかくを使用してからメガ進化を行うので、2つの特性を利用出来るのは強みですね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

⒊お勧めの型

  • 特性→「いかく→スカイスキン」
  • 性格→「ようき・むじゃき」
  • 努力値→「攻撃252・素早さ252・体力4」
  • 持ちもの→「ボーマンダナイト」
  • 技→りゅうのまい・地震・すてみタックル・「だいもんじorストーンエッジorげきりん」
相手の攻撃をいかくで下げた上で、メガボーマンダになります。

いかくをした事で、相手の攻撃を受けやすくなりますし、りゅうのまいも発動させやすくなります。



一度でもりゅうのまいを使えれば、ひこう技になった「すてみタックル」で一撃で葬り去る事も出来ますし、更にりゅうのまいを積めば止めようが有りません(笑)

特殊攻撃も高いので、物理防御の高い鋼対策にだいもんじを入れて置くと、活躍の幅も広がるのかなと思いますね。

特殊アタッカーの型も有りますが、個人的にはこちらがお勧めです!

まとめ

ボーマンダはメガ進化する事により、更に活躍の幅を広げる事になりました (๑˃̵ᴗ˂̵)و

メガ進化最強のメガガルーラも弱体化しましたし、更にレートで活躍する様を見られそうですね!


関連

最強ギルガルド(ヒトツキ・ニダンギル)

最強グソクムシャ(コソクムシ)

最強テッカグヤ


ホロロ通信Twitterアカウントでは最新記事の更新のお知らせやお得情報を発信します。
スポンサーリンク
関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。