【サンムーン】弱体化・下方修正されたポケモンの特性と技一覧まとめ!

今回は、ポケモンサンムーンで弱体化したポケモン・特性・技について紹介して行こうと思います!

ポケモンサンムーンでは、前作の「オメガルビー・アルファサファイア」のバトル環境で、猛威を奮っていたポケモンの特性や技が下方修正されています(^^;)

ですので、どんな修正をされているかを把握しておかないと、サンムーンで戸惑う事になると思います。

そこで、「下方修正された特性」と「下方修正された技」を書いて行きますので、ここで完璧に把握して、サンムーンのバトル環境に戸惑わない様にしましょう!

スポンサーリンク

下方修正・変更されたポケモンの特性

⒈ファイアロー はやてのつばさ

ファイアローの夢特性となっており、「飛行タイプの技が全て優先度+1になる」という効果を持っています。

つまり、相手が先制技を使って来ない限りは、ブレイブバードでも羽休めでも先制で打てる事になりますね。

この特性のお陰でファイアローは猛威を奮っていたのですが、サンムーンでは「体力が満タンの時に」という条件が付いてしまいました(;゚Д゚)
ですので、相手のダメージを受けた後に先制で羽休めが打てないので、耐久型のファイアローは出来なくなります。

更に、ブレイブバードは自信にダメージを受けるので、はやてのつばさはもう効果が無くなってしまいます。

これはもう、ファイアローへの戦力外通告としか言えませんよね(´;ω;`)

⒉ゲンガー ふゆう

「ふゆう」と言えば、地面技を無効にする特性でしたので、ゲンガーにはとても相性が良かったと言えますよね?

それがサンムーンでは呪われボディに変更され、普通に地面が抜群になってしまうようになりました(´;ω;`)

ファイアロー程では有りませんが、戦力外通告に近いでしょうね・・・。

⒊メガガルーラ おやこあい

「おやこあい」と言えば、メガガルーラの特性として知られており、最も猛威を奮った特性だとも言えますね(^^;)

メガガルーラにボコボコにされ、号泣している小学生の動画は未だに忘れる事が出来ません(笑)

おやこあいは、親ガルーラの1.0倍と、子ガルーラの0.5倍の2回攻撃を行うというもので、異常なほどの火力を発揮していました。
サンムーンでは、当然ながら弱体化され、「子ガルーラの攻撃が0.25倍」となりましたね。

これで、もう子供が号泣するような未来は生まれないですし、喜ぶ人が多い弱体化となりました。

スポンサードリンク

下方修正された技について

⒈でんじは

命中率100%で麻痺状態にするという効果で、確実に相手の自由を奪う事が出来ました。

サンムーンでは、命中率が90%に変更になり、麻痺による素早さダウンも50%になっています。

100%の割には、効果がかなり大きかったですからね(^^;)

今更な感じもしますが、嫌がらせポケモンの割合も減りそうです。

⒉いばる

命中率90%で、「相手の攻撃力を2段階上げ、混乱状態にする」という効果を持っていました。

50%の確率で、攻撃力の上がった状態でダメージを受ける訳ですし、麻痺と合わさるととんでもない嫌がらせになっていました(笑)

サンムーンでは、「命中率85%」で混乱補正が「30%」に下方修正されています。

これは、「まひいばみが」で猛威を奮っていたボルトロスの影響だと思われ、サンムーンでは大人しく倉庫番をする事になりそうですね(^^;)


まとめ

サンムーンではバトルのバランスを良くするために、様々な工夫を開発チームが施してくれています。

下方修正で損をした方も多いと思いますが、逆に助かったと思う人も多いと思います(笑)

まだまだ下方修正されている特性や技が有るかも知れませんので、判明次第にまた記事にして行こうと思っております!


ホロロ通信Twitterアカウントでは最新記事の更新のお知らせやお得情報を発信します。
スポンサーリンク
関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。