【ポケモンサンムーン(SM)】御三家の進化後(最終進化)の見た目・特徴・評価まとめ!

サンムーン 御三家

今回は、ポケモンサン・ムーン(ポケモンSM)の「御三家の進化後・最終進化」の強さや見た目、特徴について紹介していきます!

サンムーンの御三家ポケモンと言えば、「モクロー・ニャビー・アシマリ」と既に発表されている通りです。

それぞれの見た目の特徴から進化系の姿やタイプを予想し、誰を選ぼうかと悩んでいる方も多いと思います(“゚д゚)

最新情報で御三家ポケモンの最終進化系が発表され、人によって喜んだり悲しんだりとリアクションは様々でした(笑)

では、それぞれの進化系の特徴や、ネット上での評価を書いて行こうと思います!

スポンサーリンク

御三家(モクロー ニャビー アシマリ)の進化後の特徴・評価まとめ

モクローの進化後の特徴・評価

フクスロー

草の御三家ポケモンであるモクローは、「フクスロー」に進化します。

モクローは可愛らしい見た目で人気がダントツでしたが、フクスローの見た目が余りにも某ポケモンソムリエに似ている事も有り、ここで一気に人気が急下降しました(笑)

面白さで言うとフクスロー何ですが、モクローの可愛さが無くなったのはショックでしたね(^^;)
そして、モクスローの進化系というのが「ジュナイパー」となっており、ここでまた一気に人気が沸騰しています(笑)

ジュナイパー

見た目のカッコよさも去る事ながら、「草・ゴースト」タイプという珍しさも人気の元となっていますね。

このタイプの組み合わせだと、戦える相手の幅がかなり広がりますし、草の御三家の不遇の歴史を知っている方には朗報な組み合わせだと言えるでしょう!

スポンサードリンク

ニャビーの進化後の特徴や評価

ニャビー

炎の御三家であるニャビーは、「ニャヒート」に進化します。

モクローに人気を奪われていたニャビーですが、ニャヒートとなった事で、一番人気を手に入れる事になりましたね(笑)

まぁ、フクスローのお陰なのも有りますが(^^;)

ニャヒートは猫からトラになった事で、最終進化系もかなり期待を持っていた人が多かったそうですね。
しかし、最終進化系の「ガオガエン」は、誰もが予想をしていなかった姿になりました(笑)

ガオガエン

見た目は完全に悪役レスラーの様になり、タイプも「炎・悪」という活躍するのが難しいタイプになっています(^^;)

見た目の評価で言うと、カッコいいのを求めていた人は評価を下げ、逞しさを求めていた人は評価を上げたという事の様ですね。

見た目を度外視するという方は、専用技の「DDラリアット」にかなり注目が集まっています。

特性を無視して攻撃する技なので、ガオガエン独特の戦い方が出来そうですよね(*^-^*)
強さの評価で言うと、ガオガエンがリードしていると言えるかも知れません。


アシマリの進化後の特徴や評価

オシャマリ

水の御三家ポケモンであるアシマリは、「オシャマリ」に進化します。

アシカポケモンだったアシマリは、おしゃれにフリルを付けてアイドルポケモンへとなりましたね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

男性人気はイマイチですが、女性人気はかなり高いようですね。

少女漫画に出ても違和感が無さそうです(笑)
そして、最終進化系の「アシレーヌ」は、女の子から美人へと変貌を遂げています!

アシレーヌ

「水・フェアリー」となっていますので、かなり戦える相手の幅も広くなったと感じます。

強さの面で言うと、専用技が相手のやけどを治すという技なので、かなり評価を下げましたね(^^;)

ただし、見た目で選ぶ人だった場合は、アシレーヌを選ぶ人がかなり多いと思いますよ!


まとめ:御三家ポケモンの進化後の特徴・評価

サンムーンの御三家ポケモンを紹介して来ましたが、ネット上での評価を参考にすると、「ジュナイパー>>>ガオガエン>>アシレーヌ」ぐらいの格差は付いていると思われます(^^;)

とは言っても、これは見た目や現時点で判明している情報だけの物なので、対戦する上で誰が一番なのかは分かりません!

そして、御三家ポケモンは攻略で必ず主力になってくれますので、何を選んでも損をする事は無いと思いますよ (๑˃̵ᴗ˂̵)و

個人的には、御三家以外で何のポケモンを捕まえるかを決めて置き、そのポケモンたちに居ないタイプを選択するのがベストだと思いますね!
ポケモンサンムーン 攻略まとめ

ポケモンサンムーン ソフト

ポケモンサンムーン 公式ガイドブック


ホロロ通信Twitterアカウントでは最新記事の更新のお知らせやお得情報を発信します。
スポンサーリンク
関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。