【ポケモンサンムーン】体験版をプレイした感想・レビュー!新要素やバトルシステムについて

ポケモンサンムーン体験版

今回ご紹介するのは、本日2016年10月18日に配信された「ポケットモンスターサンムーン(SM)の特別体験版」についてです。

発売まで一カ月後に迫った本作ですが、従来にポケモンとは毛色の違う作品になりそうです!!

体験版で登場した新要素やバトルシステムについて、感想を交えつつ触れて行こうと思います。

スポンサーリンク

体験版をプレイした感想・レビュー!新要素やバトルシステムについて


サンムーン体験版の序盤の感想

ポケットモンスターサンムーンは多少ダウンロードが長いですが、ここでは体験できるワクワク感で一杯でした(笑)

そして、ようやく起動となりますが、オープニングムービーは無かったので、そこは拍子抜けした感じでしたね。

まぁ、これからCМでバンバン流れるでしょうし、そこまでマイナスでは有りません。
そして、名前はサンに固定されている事から、バージョン的にサンという事になります。

主人公サンは最初からゲッコウガを所持しており、特性にきずな変化を持っています。

アニメでも大活躍を見せた『サトシゲッコウガ』に、条件付きで変化出来る様になっていますね。
そして、近所の男の子と挨拶を交わすと、スカル団の下っ端とバトルになりました。

ちょっと、ヤンキー感の強い印象を受けましたね(笑)

ようやくここでサトシゲッコウガが見れると思いきや、自分はあっさりと相手を倒してしまったので、条件を満たせず変化してくれませんでした・・・。
まぁ、これからもっと強い敵が出て来るだろうと思っていると、サンムーンのポケモン博士であるククイに出会います。

アローラ地方はみんな明るい感じなので、ククイもかなりフレンドリーな態度でしたね(笑)

面倒見のよく、優しそうな印象を受けました。
そして、博士に鍛えて貰う事になり、「テンカラットヒル」という場所に行くように言われます。

ここで新要素の何かを体験できると期待をしつつ、続いては中盤の感想に移って行きます!!

スポンサードリンク

サンムーン体験版の中盤の感想

テンカラットヒルに向かう道中で、初めての草むらに遭遇しました。

新しいポケモンとの遭遇にわくわくもしたのですが、マップの立体感にも感動しましたね(笑)

リアルな草って感じに生えてますし、段差も質感がリアルで想像しやすい感じになっています。
細かい所にこだわっているゲームって、何か名作の予感がしますよね〜。

そして、草むらで初遭遇したポケモンというのは、「ツツケラ」というポッポのポジションの鳥です。

ここはあっさり倒しつつ、短パン小僧とのバトルに入りました。
以前よりも、短パン小僧がお洒落になっている来ます(笑)

そんな道中を乗り越えると、ククイ博士の待つテンカラットヒルに到着します。

何やら試練を受ける様ですが、続きは終盤の感想で!!


サンムーン終盤の感想

テンカラットヒルでの試練というのは、ロトム型のポケモンファインダーというもので、「ジャラコ、ジャランゴ」を撮影するという内容でした。

全くの新要素という事で、穴から覗き写真をパシャリするのも新鮮で楽しいです!!

写真を取ったポケモンとバトルしていると、ヌシのジャランゴが現れました。
何やらオーラを纏っており、特別に強くなるようですね。

このバトルでサトシゲッコウガに変化が出来て、意外とあっさり撃破した後、スカル団の幹部とのバトルが開始されます。

ここで登場するのは、この作品の目玉である「Z技」です!!
一度しか使えないので、ピカチュウも異常な強さを発揮してくれました(笑)

専用のカットインが有るのも嬉しいですよね。

そうして、幹部を倒したら体験版は終わりとなりました。


体験版をクリアしてみて

体験版としても若干短い気はしましたが、新要素はちゃんと体験出来ましたし、サンムーンの出来を期待させてくれるものでしたね!

御三家が使えなかったのは不満では有りましたが、これは来月のお楽しみという事にしておきましょう!!

体験版のDL手順はこちら

体験版の詳しい攻略チャートはこちら

ポケモンサンムーン 最新攻略WIKI



ホロロ通信Twitterアカウントでは最新記事の更新のお知らせやお得情報を発信します。
スポンサーリンク
関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。