【Nintendo Switch】通常版とLiteはどちらを買うべき? 価格・スペック・メリットやデメリットを徹底比較!

今回は、Nintendo Switchの通常版とLiteはどちらを買うべきなのかを解説しています。

「価格・スペック・メリットやデメリット」を徹底比較して、最後に「こんな人にはLiteがおすすめ」のように結論を出します。

これからNintendo Switchを購入する方や、Liteとの2台持ちを考えている方も参考にして頂けると幸いです。

【Nintendo Switch Lite】発売日・価格・予約して最安値で購入できるのはドコ?

性能比較一覧

Nintendo Switch
【ニンテンドースイッチ】2017年 ゲームソフト発売予定一覧 (ゲーム発売スケジュール)まとめ
Nintendo Switch Lite
発売日発売済み2019年9月20日
希望小売価格29,980円+税19,980円+税
カラーネオンブルー・ネオンレッド
グレー
スプラトゥーンなどの限定版
イエロー
ブラック
ターコイズ
ザシアン・ザマゼンタ(限定版)
プレイモードTVモード、テーブルモード、携帯モード、3つのプレイスタイルで遊ぶことができる。携帯モード専用。
コントローラーと一体型で、小さく、軽く、持ち運びやすい。
遊べるソフトすべてのNintendo Switchソフト携帯モードに対応したすべてのNintendo Switchソフト
※一部制限あり
Joy-Con(コントローラー)1セット付属しています。
HⅮ振動、モーションIRカメラ機能付きのお裾分けプレイができるコントローラー。
付属していません。
振動機能とモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶには別途Joy-Conをご用意いただく必要があります。
Nintendo Switch ドック「Nintendo Switchドック」が1台付属しています。HⅮMIケーブルで接続すれば、テレビでゲームを楽しむことができます。「Nintendo Switchドック」非対応です。テレビでゲームを楽しむことができません。
サイズ・縦:102㎜
・横:239㎜
・厚さ:13.9㎜
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4㎜
・縦:91.1㎜
・横:208㎜
・厚さ:13.9㎜
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4㎜
重さ約398g
※Joy-Con取り付け時
約275g
画面の大きさ
※画面解像度は共に1280×720ピクセル
6.2インチ5.5インチ
バッテリー持続時間・新モデル:約4.5~9.0時間
※ブレスオブザワイルドなら約5時間
・現行モデル:約2.5~6.5時間
※ブレスオブザワイルドなら約4時間
・約3.0~7.0時間
※ブレスオブザワイルドなら約4時間

 

 

Nintendo Switch Liteのメリット・デメリット

メリット

価格が安い

Nintendo Switch Liteは機能の制限と軽量化により、価格が現行モデルより10,000円も安くなっています!

Nintendo Switchの最新版を買うというより、Nintendo 3DSの最新版を買うような感覚ですね。

浮いた10,000円をカタログチケットに使って、発売中や最新作のソフトを2本購入して下さい。

カタログチケットの詳細

本体が軽い上に性能も良い

Nintendo Switch Liteの最大の魅力は、やはり軽いという点でしょうね。

現行のものより「123g」は軽いので、持ってみれば重さの違いに驚く事でしょう。

おやつカルパス×25本分くらい軽くなっています(分かりにくい?)

Nintendo 3DSは「235g」なので、Liteの方が少しだけ重たいくらいの認識で良いでしょう。

現行モデルだと、持っていると疲れが来やすいですが、Liteであればかなり疲れにくくなりそうです。

「ポケモン剣盾」だったり、「FE風花雪月」をやるにはLiteの方が好ましいでしょう。

大きさ的にも、持ち運びがよりしやすくなっているのは良いですよね!

そして、性能面でもそこまで差は無く、バッテリー持続時間で言えば少し勝っています。

新モデルには叶わないものの、これだけバッテリー持続時間があれば十分です!

デメリット

遊べるソフトの制限

Nintendo Switchでは、Nintendo Switchのソフトを全て遊ぶことができます。

しかし、Nintendo Switch LiteはJoy-Conが一体型なので、「Joy-Con内蔵のモーションセンサーを利用するソフト」は、遊び方に制限が掛かってしまいます(^-^;

  • マリオテニスエース……Joy-Conを振って直感的な操作が可能な「スイング操作」ができないので、「スイング操作」が必要になる一部のモードがプレイできません。
  • いっしょにチョキッと スニッパーズ……PLAYモードとBATTLEモードは、Joy-Conなどの追加コントローラーを2つ接続し、2人以上でプレイしないと遊べません。

 

 

お裾分けプレイができない

Nintendo Switch LiteはJoy-Con一体型のため、Joy-Conを2人で分け合って対戦協力が可能な「お裾分けプレイ」ができません。

追加のJoy-Conを購入しない限りは、本体が2つは必要になります。

携帯モードでしかプレイできない

Nintendo Switch Liteは、携帯モードに特化しており、TVモードでのプレイは一切できません。

ポケモンのように携帯機の方が馴染むゲームは良いですが、ゼノブレイド2やブレスオブザワイルドのような広大なフィールドを探索したり、景色や敵の迫力を感じたいゲームはTVモードの方が向いています。

自宅で腰を落ち着けてプレイする方は、そこまでNintendo Switch Liteは必要ないのかも。

総評

Nintendo Switchの最新・現行モデルは、「自宅でのプレイが多くなる方、みんなで一緒に遊びたい方」に向いています。

Nintendo Switch Liteは、「携帯機でのゲームに慣れている、持ち運びの機会が多い、1人で遊ぶことが多い方」に向いています。

自分はどちらも所有して、そのゲームの特徴に合わせて使い分けていこうと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)و

関連記事

今回は、Nintendo Switch Liteの「発売日・価格・予約して最安値で購入できるのはどこなのか?」をまとめています。 通常版よりは安いものの、高い買い物ではあるので、少しでも安い価格で購入 […]

Switchおすすめゲーム

【Switch(スイッチ)】『スポーツ』おすすめ人気ゲームソフト7本。高評価確定!