【仁王2】マルチプレイのやり方・種類別の違いなど!おすすめはどれ?

今回は、仁王2の「マルチプレイのやり方・種類別の違いなど」をまとめています。

ソロでは厳しいミッションを一緒に攻略したり、アムリタ稼ぎのためにサブミッションを周回するなど、マルチプレイは仁王2には欠かせない要素です。

複数の種類があるので、それぞれの違いを把握し、どれを利用するかを決めて下さい。

【仁王2】効率のいいアムリタの稼ぎ方(レベル上げ)・使い道や失わないためのコツ

マルチプレイのやり方・種類

マルチプレイは、「まれびと召喚、一期一会、常世同行」の3種類あります。

それぞれのやり方や特徴は以下の通りです。

まれびと召喚・ミッション中に社から始められる
・最大2名まで招喚できる
・1名につき1個のお猪口のお供えが必要になる
・自分が死ぬと招喚したプレイヤーは消える
一期一会・拠点の鳥居から始められる
・参加したいミッションは選択できる
・招喚したホストが落命するとミッション失敗になる
・まれびと召喚の呼ばれる側になれる(クリア済みのミッションのみ)
常世同行・拠点の鳥居から始められる
・ミッションの最初からマルチプレイで始められる
・クイックorカスタムで条件を決めてマルチプレイができる
・復活ゲージをメンバーで共有して攻略する(ゲージが無くなると失敗)

こんな感じの特徴がありますが、これらは場合によって使い分けた方が良いです。

詳細は以下からご確認ください。

 

 

おすすめのマルチプレイとは?

未クリアのミッション攻略には「まれびと召喚」

未クリアのミッション攻略には、「まれびと召喚」が最も向いています。

まれびと召喚で来るプレイヤーは、クリア済みのミッションにしか来れないため、一度でもそのミッションをクリアしている強者の場合が多いです。

攻略ルートも把握しており、敵への対処も慣れているパターンが多いですね。

レベルがかなり高い人もやって来ることもあるため、自分が落命しなないように立ち回ることで、まれびとだけの力でミッションをクリアすることもできます。

達成感は有りませんが、どうしてもミッションをクリアしたい時に使ってください。

ただ、「まれびと召喚」はマッチングするまで時間が掛かるため、待機時間が必要になりますね。

まぁ、プレイ人口が増えれば、その問題も解決すると思いますが。

クリア済みのミッションには「常世同行」

常世同行は、どのミッションでもマルチプレイが可能です。

「誰かと一緒にプレイしたい」という場合は、常世同行は手軽な手段と言えます。

「クイック」を選ぶと、すぐにマッチングするのも利点ですね。

ただし、未クリアのミッションに挑戦する場合は、自分と同じくらいの実力のプレイヤーばかりなので、強敵に遭遇すると簡単に落命してしまい、復活ゲージが無くなり、あっという間にミッション失敗になる可能性が高いです。

クリアできる場合もありますが、なかなか良いプレイヤーとは巡り合えません(^-^;

仁王2から始めたという方もいますし、初心者が現時点では多い印象です。

ですので、未クリアのミッションには、強者が来やすい「まれびと召喚」が良いという事ですね。

常世同行を使うなら、アムリタ稼ぎ目的のサブミッションの周回がおすすめです。

まとめ

仁王2はソロでは難しすぎるので、マルチは積極的に利用することをおすすめします。

ストーリーをガンガン進めるなら「まれびと召喚」、サブミッションの周回には「常世同行」がおすすめ。