【ゼノブレイド2】黄金の国イーラのキャラ紹介(アデル・ミノチ・ユーゴなど)

今回は、ゼノブレイド2の「黄金の国イーラ」の「キャラクター紹介」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

※ユーゴ、ミノチの情報を追加。

アデル(CV半田裕典)

本編では伝説の英雄として伝わっていた「アデル」が、黄金の国イーラで登場します。

イーラの王位継承者第四位の「王子様」なのに、飾らない性格で人望もとても厚いようだ。

パートナーはホムラがいない頃の「ヒカリ」であり、天の聖杯のブレイドとして活躍を見せます。

ホムラやヒカリ曰く「レックスに似ている」とのことだが、この画像からも想像できますよね。

ヒカリ(CV下地紫野)

本編では「ホムラ」と一緒に、レックスのブレイドとして活躍を見せたヒカリ。

黄金の国イーラでは、伝説の英雄「アデル」のブレイドして活躍します。

当時のヒカリはヒカリ成分が100%だったので、性格も本編よりはツンツンしています。

この時の言動に関しては、本編で反省している節がありました(笑)

武器も本編よりも大きいので、出力もかなり高い状態なのでしょう。

胸元のコアクリスタルの形にも注目です。

ラウラ(CV早見沙織)

本編では既に死亡していたが、物語に大きく影響を与えた女性ドライバー。

幼少期にシンのドライバーとなり、傭兵として生きてきました。

幼少期から常に一緒に居たため、戦闘では息ピッタリな連携を見せます。

その戦闘センスはヒカリも認める程です。

後に本編では「フォン・レ・ノルン」として出てきた彼女のドライバーにもなります。

黄金の国イーラでは確実に悲しい結末が待っているのですが、彼女の生き様を胸に刻み付けましょう。

 

スポンサードリンク

 

シン(CV櫻井孝宏)

本編では悪役ながらも、主人公以上の存在感を見せつけたシン。

最後のシーンで号泣した人も少なくはないのでは?

本編では冷徹な一面が多かったですが、黄金の国イーラでは穏やかなシンを見れます。

イーラ最強のブレイドとして、幼少期からラウラと共に暮らした影響も大きいでしょう。

結末を知っていると、物語を進めるのはちょっと辛くなりそうです・・・。

本編では見れなかったメツとシンの絡みにも注目ですね。

カスミ(CV早見沙織)

本編ではマルベーニによりコアクリスタルが分割され、「フォン・レ・ノルン」として登場しました。

黄金の国イーラでは本来の名「カスミ」として、ラウラのブレイドとして登場します。

風属性回復タイプのブレイドで、ヒカリの力を抑え込むほどのブレイド抑制能力を持ちます。

ラウラと顔がそっくりなことも特徴です。

本編とは服装も性格も異なるようで、どれだけ変化しているのか楽しみです!

マルベーニとの出会いも気になりますね。

メツ(CV中村悠一)

本編では最も分かりやすい悪役で、最後まで主人公を苦しめたヒカリと同じ天の聖杯です。

マルベーニをドライバーにした頃のメツで、本編以上に攻撃的な性格をしている印象です。

本編でも言われましたが、メツはマルベーニの影響を強く受けているのだとか。

人間を滅ぼすという目的を持つのもその為です。

シンとどう関わって、どう心変わりをするのかも注目ですね。

もちろん、ヒカリとメツのガチバトルも見れたら嬉しいですね。

 

スポンサードリンク

 

ミノチ(CV 三木眞一郎)

「ミノチ」は2丁拳銃を操る闇属性のブレイドです。

かなり見た目もカッコイイので、人気が一気に出そうな予感がします!

本編プレイ済みの方は、ミノチがこの姿で出ることに驚きを隠せないでしょうが(笑)

ヒカリとガッツリ知り合いだったので、どういう絡みがあるのか楽しみです。

ユーゴ(CV石田彰)

公式サイトにカグツチと一緒に映っていたドライバー。

その正体は推測通りに「ネフェルのご先祖様」でスペルビア皇帝です。

敵の攻撃を一身に受けて味方を守るバトルスタイルで、ゼノブレイドのラインみたいな活躍が期待できます。

カグツチと共にワダツミもパートナーにしており、守り役としてはこれ以上にない組み合わせです。

ワダツミの過去は本編で語られなかったので、今回で知れそうなのは楽しみです!

まとめ

黄金の国イーラでは、新旧キャラが上手く話しに絡んでくるなという印象ですね。

個人的には「ラウラ&カスミ」のダブルはやみんに注目しています(笑)

結末は絶対に悲劇ですし、その道中での楽しみを多く見つけたいです。

黄金の国イーラの最新情報

7月27日配信のDLC最終弾の配信内容一覧( 新レアブレイド・新難易度・クエスト配信など)

広告