【パワプロ2016】最強に打ちにくい変化球ランキングBEST10

2016-04-30 14.02.24

パワプロ2016最強に打ちにくい変化球のランキングが素晴らしいので、シェアします。

独自調査とはいえ、これだけ信憑性が高そうなデータはなかなかないかなぁと思います。

スポンサーリンク


パワプロ2016 最強に打ちにくい変化球ランキング

どうやって検証したの?

サクセスで変化球以外を統一した投手を作り、オートペナント3000イニングの防御率でランキングを比較。ペナントでも可能な限り条件を統一したとのこと。

参照:https://www.youtube.com/watch?v=UUTVKl5lT7g

10位 スライダー

CPUはとくに、ボールからストライクになるスライダーに弱い。

変化量があるほど三振がとりやすい

9位 スローカーブ

変化量が大きいスローカーブはマシンでとらえにくく、ストレートとの相性がいい

8位 ドロップカーブ

高めになげても変化量が減らないのが最大の特徴

7位 マリンボール

あおいなど女性投手が持つ、シンカー系最強変化球

6位 チェンジアップ

速球とチェンジアップの使い分けは、対人戦はもちろんCPU相手でも有効

スポンサーリンク


5位 フォーク

低めのきわどいところに落とすとCPUが打ちにくい

4位 Vスライダー

フォークに比べると少し山なりで落ちるスライダー

ストライクのところに落とすのが◎

3位 ナックルカーブ

打者目線ではカーブ、スローカーブのが打ちにくいが、CPUに効果的。

2位 SFF

ランナーがいても使いやすく、凡打も三振も狙える

1位 ナックル

不規則に曲がるので対人戦でも大活躍

ミラージュナックルやアバタボールもパワフェスで活躍

まとめ

ちなみにこのランキングは27位まで出ているとのことなので、

詳しくは動画のほうを参考にしてみてくださいね〜!

→パワプロ2016 攻略情報まとめ

スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。