【嘘つき姫と盲目王子】評価・評判・感想・レビュー・口コミ『賛否両論』

今回は、『嘘つき姫と盲目王子』の評価・評判・感想・レビュー・口コミをまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

どんなゲーム?

発売日 2018年5月31日
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 Nintendo Switch
対象年齢 12歳以上
価格(税込み) パッケージ版:6980円(税抜)
ダウンロード版:7538円(税込)
開発元 日本一ソフトウェア

今作の最大の特徴は、ペンで描かれた様なアナログ調のグラフィックであること。

『画面を構成する多くの要素がデザイナーの手書き』という拘りです!

アクションパートでは、クロスハッチングで表現された陰影、森の奥行きを感じさせる多重スクロール、やわらかな光の質感などの繊細な2Ⅾグラフィックを楽しめます。

イベントシーンでは声優の朗読があり、ページをめくる演出と共に進めるので、まるでゲームと絵本を融合した雰囲気が出ています。

本作は、ステージクリア型のアクションアドベンチャーとして進行します。

姫と王子で役割があり、姫が敵を倒し、王子に指示を出すことが中心です。

派手なアクションでは無いですが、絵のお陰で他にはない雰囲気に仕上がっていますね。

しかし、『クリアまでのプレイ時間が身近過ぎる』というのは大きな欠点です(^-^;

そこがどう評価に影響したのかは、以下からご確認ください。

好印象だと思った方の評価・感想など

  • 紙へのこだわりが凄いと直ぐに感じた
  • 人間は直ぐに死ぬということを改めて実感させられた
  • 姫の王子への想いに胸がときめいた
  • 朗読劇のような進行方法がとても新鮮でいい
  • 暖かいお話のようで、時に残酷な演出が入るのも感心させられる
  • じわじわと心に訴えかけてくるシナリオで、最後には普通にボロ泣きした
  • 姫も王子もデザインが秀逸で、絵本であるという事が強調されている
  • 久しく絵本を読んでいない大人にこそやって欲しい

このように、値段に触れなければ評価の高い部分は間違いなく多いです!

値段を気にしすぎない方であれば、1つのアクションアドベンチャーとしてお勧めできます。

「物語、世界観、音楽、グラフィック、ゲーム性」のバランスがとても優れています。

複雑な操作も無いので、世界観に浸りやすいのもメリットでしょう。

朗読パートでは、フルボイスでこの世界観に合う声優さんがナレーションしてくれます。

朗読はいつでも聞くことが出来るので、クリア後に何度も聞くのも良いでしょう。

個人的には、狼(姫)の王子への想いに胸を打たれました。

とにかく泣けますよ。

 

スポンサードリンク

 

つまらなかったという方の評価・感想

  • 値段が内容と全く釣り合わない
  • 価格6000円超え、総プレイ時間10時間未満は酷い気が
  • ステージ数は多いものに、1つ辺りが短すぎる
  • 難しいギミックは謎解きくらいで、後は簡単すぎて歯ごたえがない
  • 収集要素も直ぐに終わりますし、早めに売る人も多いでしょう
  • 値段を気にしなければ名作なんだけどなぁ
  • 来週には中古で大量に出回って良そうだ

このように、値段と内容が釣り合わないことに不満を感じる人が多いようです。

内容自体の文句はほぼ無いですが、プレイ時間と値段のせいで高い評価を付けられない。

多く聞かれたのは、「インディーズソフトくらいの価格なら文句なし」というもの。

個人的には最高でも「5000円」くらいにするべきかなと。

クリアまで本当に時間が掛からないので、発売週に売却する人も確実に増えるでしょう。

プレイしたいと思っている方は、中古で並ぶのを待った方が良さそうです。

まとめ

このように、値段のせいで評価を下げてしまっているのが非常に残念ですね(^-^;

内容は名作と言って差し支えないですが、プレイ時間が10時間超えないのでは厳しいです。

人によっては、YouTubeの実況動画で充分だと思ってしまうでしょうね・・・。

個人的にはプレイはして欲しいものの、コスパは良くないので勧めにくいという感じです。

なぜ、この値段でこのボリュームなのかを制作者に聞いてみたいです。

全トロフィー入手方法一覧

最新攻略情報 完全まとめ

広告