【いたスト DQ&FF 30th】『3種のマルチプレイ』を解説!1台でもみんなで遊べるぞ!



今回は、「いたストDQ&FF(いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th)」の「マルチプレイ三種類の内容」について紹介します!

それでは、ご覧くださいませ!

スポンサーリンク


いたストの魅力はマルチプレイに有り!



いたストの魅力と言えば「複数人プレイでの対戦」です!

CPUとの戦いも面白いですが、やはり人とやるのが一番盛り上がります。

ゲームでオンラインは当たり前になりましたし、マルチプレイもどこでも出来る環境です。

「ローカルプレイ・オンライン通信プレイ・アドホック通信プレイ」

いたスト最新作では、これら3種類の方法でマルチプレイが可能です。

それぞれの詳細を解説しますので、自分に合った方法でマルチを楽しみましょうd( ̄  ̄)

ローカルプレイ



ローカルプレイは、一つの「PS4・PS Vita」で遊ぶことが出来ます。

自宅に人を呼んで、PS4の一つのコントローラーでわいわい遊ぶ。

PS Vitaは、アドホックでのプレイも出来ますね。

オンライン回線が無くても、盛り上がれる仕様になっていますね!

誰かがPS4やPS Vitaを持っていればいいので、平等にみんなが楽しめるのは良いことです。

なかなか、学生さんとかだと軽々とゲーム機は買えないですからね(^^;)

いたストは気軽にみんなと出来るゲームとして、とても優秀だと言えます。



スポンサードリンク



オンライン通信プレイ

これは、インターネットに繋げて対戦するマルチですね!

任天堂スイッチだと、スプラトゥーン2がお馴染みです。



知り合いじゃない人とも何時でも対戦できるので、「知り合いがいないから集まれない(^^;)」という方にも安心です!

むしろ、大人になると仕事の都合で中々集まれませんからね。

四人揃わなくても、CPUが替わりに入ってくれますので、いつでもプレイは出来ます。

オンライン通信プレイでは、「一時的にCPUに替わる」ことが出来るので、ちょっとトイレって時にも安心ですね(笑)

チャット機能の代わりに、「いたストのスタンプ(総数100種類以上)を使える機能」も付いています。



何も話さないでやるのは窮屈だと感じる方は、状況に応じてスタンプで感情を表現するのも良いと思います!

オンラインではプレイヤーごとに制限時間があるので、スタンプに夢中になるのも良くないです(^^;)



スポンサードリンク



アドホック通信プレイ



PS Vitaでは、アドホック通信でも対戦が可能です。

アドホック通信は、どこでもマルチが出来るという利点が大きいですね。

みんながPS Vitaを持っていないとダメですが、わざわざ一台のPS Vitaを回しながらプレイしなくても済みますから(笑)

コントローラー渡すのでもちょっと手間に感じる自分としては、断然こっちの方が良いですね。

マルチの中では一番やらないかも知れませんが、知り合いにPS Vitaを持っている人が多い場合はお世話になるかも?

まとめ

いたスト最新作の「マルチプレイ3種類」を紹介しましたが、マルチプレイをプレイするかどうかで、いたストの評価も変わって来ると思います!

一人でやっても面白いゲームですが、基本的にはパーティゲームですからね。

今作ではDQとFFのキャラがメインですし、かなり誘いやすいと思いますd( ̄  ̄)

発売は10月18日ですが、年末年始の集まりに向けて買っておくの悪くないと思います。

いたスト最新作 ゲーム内容の解説など

いたスト DQ&FF 発売日・内容・価格・特典など

スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

0 views