【ドラクエ11(DQ11)】各キャラの終盤 おすすめ強スキル一覧 攻略まとめ!



今回は、ドラクエ11の「終盤のおすすめスキル」について紹介します!

それでは、ご覧くださいませ!

スポンサーリンク


主人公


⒈両手剣

主人公は、歴代の勇者と同じく「片手剣」を使いがちです。

しかし、主人公は片手剣にすると非力になってしまい、ラスボス戦でもスタメン落ちすることも少なくありません(^^;)

クリア後となると話は違って来ますが、ストーリー終盤では両手剣を推奨します。

特に「全身全霊斬り」はメインの火力になりますね。

⒉勇者

「ベホマ」辺りを取っておくだけで良いですね。

それ以外は、ストーリー終盤では余り必要ありません。

ベホマズンなどを無理して取るよりは、両手剣にスキルポイントを振るべきですね。

「主人公」のおすすめスキル・パネルの進め方はこちら

カミュ


⒈短剣

短剣は、主に「二刀の心得」の習得ですね。

これに関しては、中盤辺りで取っている方も多いと思います。

短剣を進めておくと、片手剣の秘密パネルで「二刀の極意」を取れるのでおすすめです!

⒉片手剣

片手剣は、短剣で足りない火力を補えます。

二刀の心得を短剣で使うよりも、片手剣二刀流の方が火力が出ますからね。

下の方に進めていくと、二刀流でも火力が落ちない「二刀の極意」を習得できます。

これにより、カミュの火力も一気に上がりますね。

主人公を両手剣にすれば、片手剣の武器も自然と余ります(笑)

ただし、レベルが45くらいだと、二刀の極意まで覚えるのはきついかも知れませんね。

⒊かみわざ

かみわざに関しては、上の方にある「会心必中」が便利ですね!

消費MPは多いですが、確実に会心が出せるので、メタル狩りに使えます。

最終的には、「二刀の極意+ぶんしん+会心必中」が最強になりますが、クリア後でないと習得は厳しいかな?と感じますね。

会心必中は、あくまでもメタル狩りをしたい時に覚えると良いでしょう。

「カミュ」のおすすめスキル・パネルの進め方はこちら

セーニャ


⒈スティック

「天使の守り」など、味方を死から守るスキルが便利です。

終盤のボスは、会心で一撃で倒してくるのもいますからね。

MP回復アップなども覚えますし、安定してサポート役をこなせます。

「まどうしょ」との秘密パネルで、「やまびこの心得」を覚える為にも役に立ちます。

⒉まどうしょ

覚醒後のセーニャが使えるようになり、「やまびこの心得」を覚えることができます。

やまびこの心得は、「たまに唱えた呪文が連続して発動する」という効果です!

例えば、「ベホマラー×2、バギクロス×2」など、回復も攻撃魔法も大幅にパワーアップしますね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

ラスボス戦ではダメージ量も大きいので、個人的には凄く有り難いスキルでした!

「セーニャ」のおすすめスキル・パネルの進め方はこちら

スポンサードリンク

シルビア


⒈おとめ

とにかく、「ハッスルダンス」に頼ることになります!

ハッスルダンスは、消費MPも少なめな全体回復で、魅力が高いほどに回復量が増します。

常時魅力+も取れますので、回復量も自然に上がります

その他の技は、特に習得しなくても問題は無いですね。

⒉曲芸

曲芸では、ハッスルダンスの為に「みりょく」を上げることができます。

素早さも上がるので、ハッスルダンスを素早く発動できますね。

最終的に「キラージャグリング」は凄い火力になるので、進めておいて損は無いでしょう!

「シルビア」のおすすめスキル・パネルの進め方はこちら

マルティナ


⒈ヤリ

パーティのメイン火力になる「さみだれ突き・ひょうけつ乱舞」は必須です。

「雷光一閃突き」がメタル狩りで役に立ちますし、ヤリは必須のスキルパネルと言えるでしょうね!

⒉かくとう

かくとうでは、技というよりも「ステータス上げ」の役割が大きいですね!

「常時ちから・すばやさ・HPアップ」を取れるので、戦闘でさらに活躍しやすくなります。

最終的に「ばくれつきゃく」が最強になるので、その為にも進めておくと良いですね。

「マルティナ」のおすすめスキル・パネルの進め方はこちら

ロウ


⒈両手杖

終盤のロウは、とにかく回復に重きを置くと活躍しやすいです!

両手杖では、「常時MP+」や「装備時攻撃魔力・最大MPアップ」も取れます。

「復活の杖」はザオリク効果を持つので、ロウと再会した直後にも取った方が良いでしょう。

⒉さとり

さとりでは、「常時回復魔力・攻撃魔力・最大MP+」などを取れます。

両手杖でもステータスを上げつつ、さとりで更に回復役として活躍をさせやすくします。

攻撃役としても機能させたい場合は、「むげんのさとり・ドルマドン・マヒャデドス」を覚えると良いでしょう。

「ロウ」のおすすめスキル・パネルの進め方はこちら

グレイグ


⒈オノ

オノは、誰とも被ることのない武器です!

主人公が両手剣を使うとしたら、グレイグは自然とオノになりますね。

防御を大幅に下げる「鉄甲斬」を初めとし、ボスもマヒさせる「蒼天魔斬」がメイン火力になります。

メタル狩りがしやすい「まじん斬り」も覚えますし、何かと便利な働きが出来ますね。

⒉タテ

タテは、オノを使うという事で選択しました。

オノは盾を装備できるので、かなりかみ合う組み合わせになります。

「盾ガード率+・装備時守備力+」等で、耐久力がかなり上げられますね。

攻撃スキルは、完全に無視しても良いでしょう(笑)

「グレイグ」のおすすめスキル・パネルの進め方はこちら

まとめ

ドラクエ11の「終盤のおすすめスキル」を紹介しましたが、終盤では強敵との戦いが連続で発生します!

その際に、スキルパネルを適当に進めていると、簡単に全滅することもありますからね。

ここで紹介したことを参考に、ラスボスまでの戦いを優位に進めて頂けると幸いです (๑˃̵ᴗ˂̵)و

ドラクエ11の攻略情報は随時更新しておりますので、是非ともご確認下さい!

ドラクエ11の攻略情報まとめ

スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

6,482 views