【ニューダンガンロンパV3】ネタバレ完全情報まとめ!生存者・死亡者・犯人・黒幕・性別など

ニューダンガンロンパV3の生存者、死亡者(被害者)、犯人、黒幕などの情報をひとまとめにしております。

ネタバレ情報ですので、閲覧には十分に注意してください。

スポンサーリンク


ネタバレ完全情報まとめ!生存者・死亡者・犯人一覧

生存者一覧

探偵「最原終一」
暗殺者(保育士)「春川魔姫」
手品師「夢野秘密子」

被害者一覧(死亡者)

???「天海蘭太郎」→1章の被害者
テニスプレイヤー「星竜馬」→2章の被害者
合気道家「茶柱転子」→3章の被害者
彫刻家「夜長アンジー」→3章の被害者
発明家「入間未兎」→4章の被害者
総統「王馬小吉」→5章の被害者
ユーザー全員→6章の被害者

犯人(クロ)・投票された人

ピアニスト「赤松楓」→1章の犯人(偽)
メイド「東条斬美」→2章の犯人
民俗学者「真宮寺是清」→3章の犯人
昆虫採集家「獄原ゴン太」→4章の犯人
宇宙飛行士「百田解斗」→5章の犯人
コスプレイヤー「白銀つむぎ」→6章の真犯人

スポンサードリンク

おしおき方法

1章→「ネコふんじゃった」
2章→「苦悶の糸」
3章→「今昔仕置絵巻」
4章→「バグズパニック」
5章→「ニュー宇宙旅行」
6章→「才囚学園の破壊」

黒幕は誰?

コスプレイヤー「白銀つむぎ」

赤松楓は本当に犯人なの?

第1章にて、図書館に隠し部屋を発見した赤松は最原と二人で黒幕をおびき出してその正体を明らかにするために図書館に監視カメラをいくつもしかけた。さらに、赤松は最原には内緒で黒幕を殺すトリックを作り上げて、実際にそれを実行した。

でも、結局そこに来たのは黒幕じゃなくて、生存者特典で隠し部屋の存在を知っていた天海だった。しかも、赤松が実行した殺人は、本当は不発に終わっていた。

けれど、天海の死体とその周りの状況から、犯人は赤松しかいないと結論づき、犯行を行った赤松本人も勿論認めて、さらにはモノクマも赤松が犯人としておしおきを実行した。けれど、6章で明らかになるけど、実はこの犯人は赤松じゃなかった。

なぜなら、彼女の凶器である砲丸は天海には命中していなかったから。けれど、天海は図書館で死んでいて、その横には血まみれの砲丸が落ちていた。そして、監視カメラの写真のどれにも犯人は写っていない。

なぜなら真犯人は隠し部屋の中にいて、天海が隠し部屋の扉を開けている途中で監視カメラに気付き、そこに近寄っていくんだけど、黒幕はカメラには30秒のインターバルがあることと、第6のモノクマーズの機能を利用。天海とカメラの様子を第6のモノクマーズで観察し、シャッターが切られたと同時に隠し部屋から出て来て、手に持った赤松のものとは異なる砲丸で天海を殴殺。そして、凶器の砲丸を天海の近くに置き、赤松が放って外れた砲丸を回収して隠し部屋に戻った。赤松たちが図書館に入って来たときに扉が閉まっていく途中だったのは、30秒のインターバルの間に天海を殺して再び隠し部屋へと隠れた真犯人の仕業。

つまり、第1章の真の犯人は赤松ではなく黒幕だったということ。

ユーザーしおんさんのコメント

スポンサードリンク

真宮寺は男?女?

男だが、心は姉が乗り移っている

最原は男?女?

キーボはどうなる?

最後に自爆する

この世界の設定は?

才能ない一般人がノンフィクションから参加し、フィクションで才能を与えられてコロシアイになる。

電脳世界(フィクション)で死んだら現実でも死亡となる。

「ダンガン紅鮭団」はいつプレイできる?

ゲームクリア後にプレイできるようになる。

まとめ

以上となります。

そのほかの情報に関しても随時、追記してまいります!

【ダンガンロンパV3】「隠れモノクマ」の出現場所・攻略方法

【ダンガンロンパV3】「裏ルート・隠しイベント」の攻略方法・発生条件

【ダンガンロンパV3】好感度(絆レベル)が上がるおすすめプレゼント

スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


『【ニューダンガンロンパV3】ネタバレ完全情報まとめ!生存者・死亡者・犯人・黒幕・性別など』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2017/01/13(金) 10:01:09 ID:5d63bd261 返信

    ということは、今後のシリーズは誰が何の目的でこのゲームを始めたのかが、焦点になるのか。
    まさに、真実(ノンフィクション)VS嘘(フィクション)の戦いになるというわけか。最後に勝ち残るのはどちらなのか。

  2. 名前:w 投稿日:2017/01/13(金) 21:32:06 ID:a79257ec1 返信

    質問なんですが、全員死亡と見せかけて最原君、春川ちゃん、秘密子ちゃんが生き残るのですか?

  3. 名前:愛斗 投稿日:2017/01/13(金) 22:52:02 ID:b0d821cef 返信

    質問です!キャラ達の過去や隠している事の様なものは明らかになりますか?

  4. 名前:しおん 投稿日:2017/01/15(日) 01:34:16 ID:1794aa50c 返信

    ラストで最原、夢野、春川の3人はキーボのおかげで生き延びて、フィクションの世界を打ち破って外の世界という名の別のフィクションに旅立った訳だけど、そもそも16人は全員リアルからフィクションに落とし込まれた存在だから、死んだ人は当然死んだままだけど、残った人が生き残るって表現が正しいかは謎。その後外に行ってからどうなっていくかも謎。まあ、あの終わり方だとそう悪いことにはならんでしょうけど。少なくともダンガンロンパに終止符は打ったので、希望だの絶望だのと言うことは無くなりそう。

    キャラの過去は大体は明らかになるし、各人それなりに重い設定があるけど、中でも天海は色んな意味で文字通り次元が違う。結局、奴の元々ってか1回目の才能は分からないままだったし。他だと斬美とか春川辺りは重め。とはいえ、これも全部設定なだけで、そういう風に作られたキャラクター達の話なんだけど。

  5. 名前:ホロロ通信@匿名 投稿日:2017/01/15(日) 01:47:21 ID:182ad58e6 返信

    この作品の舞台は電脳世界ではありませんよ?

  6. 名前:しおん 投稿日:2017/01/15(日) 01:57:25 ID:1794aa50c 返信

    というか前提が全てフィクションなので、電脳世界とか現実とかそういう次元の話じゃないでしょ。
    現に彼らの記憶と世界と外の世界は完全に破綻というか矛盾してるし、元々彼らは何の才能もない高校生だったっていう下りもあったけど、言ってみればその元々の世界が現実というのが嘘だとも言えるし。

  7. 名前:ホロロ通信@匿名 投稿日:2017/01/15(日) 06:33:24 ID:3de2a9af2 返信

    民俗学者やぞ

  8. 名前:るん 投稿日:2017/01/15(日) 16:09:35 ID:ace2bae59 返信

    赤松ちゃん(偽)というのは?

  9. 名前:しおん 投稿日:2017/01/16(月) 03:51:25 ID:9559138df 返信

    ネタバレもりもりだけど・・・

    第1章にて、図書館に隠し部屋を発見した赤松は最原と二人で黒幕をおびき出してその正体を明らかにするために図書館に監視カメラをいくつもしかけた。さらに、赤松は最原には内緒で黒幕を殺すトリックを作り上げて、実際にそれを実行した。

    でも、結局そこに来たのは黒幕じゃなくて、生存者特典で隠し部屋の存在を知っていた天海だった。しかも、赤松が実行した殺人は、本当は不発に終わっていた。

    けれど、天海の死体とその周りの状況から、犯人は赤松しかいないと結論づき、犯行を行った赤松本人も勿論認めて、さらにはモノクマも赤松が犯人としておしおきを実行した。けれど、6章で明らかになるけど、実はこの犯人は赤松じゃなかった。

    なぜなら、彼女の凶器である砲丸は天海には命中していなかったから。けれど、天海は図書館で死んでいて、その横には血まみれの砲丸が落ちていた。そして、監視カメラの写真のどれにも犯人は写っていない。

    なぜなら真犯人は隠し部屋の中にいて、天海が隠し部屋の扉を開けている途中で監視カメラに気付き、そこに近寄っていくんだけど、黒幕はカメラには30秒のインターバルがあることと、第6のモノクマーズの機能を利用。天海とカメラの様子を第6のモノクマーズで観察し、シャッターが切られたと同時に隠し部屋から出て来て、手に持った赤松のものとは異なる砲丸で天海を殴殺。そして、凶器の砲丸を天海の近くに置き、赤松が放って外れた砲丸を回収して隠し部屋に戻った。赤松たちが図書館に入って来たときに扉が閉まっていく途中だったのは、30秒のインターバルの間に天海を殺して再び隠し部屋へと隠れた真犯人の仕業。

    つまり、第1章の真の犯人は赤松ではなく黒幕だったってこと。

  10. 名前:a 投稿日:2017/01/16(月) 04:22:12 ID:4731c8e15 返信

    超高校級の生存者なのに最初に死ぬという皮肉

  11. 名前: 投稿日:2017/01/17(火) 23:35:28 ID:7e7820c6b 返信

    こうやって少しずつ嘘が広まっていくんだなと思った。

    民俗学者は乗っ取られてないし、コロシアイは生身だし、そもそもフィクションかどうかはプレイヤーに委ねて答えなんか無い。が正解だし。

    たぶんゲーム自体やってないと思う

  12. 名前:しおん 投稿日:2017/01/19(木) 00:06:03 ID:8e152a1d2 返信

    生身がコロシアイしてるなら、才囚学園は何処にあるんですかね…(困惑)
    5章序盤で覗いた外の世界が偽物の時点で才囚学園のある世界はフィクション以外にありえないんですが、それは

  13. 名前:sinpy 投稿日:2017/01/19(木) 09:11:15 ID:884d0ce9f 返信

    ご指摘など、ありがとうございます。

    しおんさんの赤松楓の嘘、に関するコメントが素晴らしかったので記事に組み込ませていただきました。
    問題があれば削除いたしますので、宜しくお願いします。

  14. 名前:しおん 投稿日:2017/01/20(金) 04:59:50 ID:f80536bd3 返信

    非常に雑なコメントをこうして取り上げ頂いてありがとうございます。
    なるべくネタバレを防ぐためにザックリと書いていましたので、改めて以下に細かく書き記しておきます。良ければこちらを使って頂けると嬉しいです。
    それはそうと、天海の才能はどうも冒険者が濃厚なようですね。自分は研究室の様子から占い師や殺人鬼辺りをイメージしてたんで、少し意外でした。

    第1章において、図書館に隠し部屋を発見した最原にその情報を伝えられた赤松は、最原と二人で黒幕をおびき出してその正体を明らかにするために、ある策を思いつく。それはモノクマが定めた殺人の期限までに殺人が起こらなければ、生徒全員を皆殺しにするという取り決めを逆手に取るものだった。もし期限ギリギリまで殺人が起こらなければ、モノクマを動かす黒幕が図書館に現れ、皆殺しのために大量のモノクマを運用するべく隠し部屋に入っていくと考え、図書館に監視カメラをいくつもしかける。さらに、赤松は最原には内緒で黒幕を殺すトリックを作り上げて、実際にそれを実行した。

    そのトリックは、砲丸を利用したものだった。カメラの警報で誰かが隠し部屋の扉を開けると赤松の持っていた受信機が知らせるようになっており、そのタイミングで彼女は最原と二人で潜伏していた教室の、図書館のものと繋がっている通気口に砲丸を放り込む。図書館の本棚の上の通気口から出た砲丸は、彼女が上手く転がるように並べた本の上を転がり、カメラのシャッターに気づいてそれを回収に来るであろう黒幕に当たるように調整してあったのだ。

    そして、モノクマの定めた期限が迫り、学校中のスクリーンからは不快な音楽が流れる中、受信機が反応したことを確認した二人は教室を飛び出し、図書館へ向かう。その際、赤松はこっそりと砲丸を通気口に放り込み、黒幕を殺害したことを確信した。

    しかし、図書館に駆けつけた彼らの前にあったのは、黒幕ではなく、生存者特典で隠し部屋の存在を知っていた天海の死体だった。この時点で赤松はモノクマが動いていることから、天海が黒幕ではなかったと同時に、犯人が自分であることを察していた模様。また、赤松が裁判中に自白しなかったのは、あくまで黒幕を明らかにすることで、コロシアイを終わらせようとしていたため。

    結論から言えば、赤松が実行した殺人は、本当は不発に終わっていた。が、天海の死体とその周りの状況から、犯人は赤松しかいないと結論づけられ、犯行を行った赤松本人も勿論認めて、さらにはモノクマも赤松が犯人としておしおきを実行した。

    ことの真相は6章で明らかになる。そもそも、彼女の凶器である砲丸は天海には命中していなかったのだ。ところが、天海は図書館で確かに死んでいて、その横には血まみれの砲丸が落ちていた。そして、現像した監視カメラの写真のどれにも犯人の姿は写っていない。あらゆる角度から取られているにもかかわらず、1枚も。

    なぜなら、真犯人は犯行の直前まで隠し部屋の中にいたから。天海は隠し部屋の扉を開けている途中で監視カメラのフラッシュに気付き、そこに近寄っていくが、ここで黒幕はカメラには1枚毎に30秒のインターバルがあることと、第6のモノクマーズ(極小)の機能を利用。天海とカメラの様子を第6のモノクマーズで観察し、その様子をマザーモノクマ(母体みたいなの)から逐一確認。そして、天海が近づいたことでシャッターが再び切られたと同時に隠し部屋から飛び出し、手に持った赤松のものとは異なる砲丸で天海を殴殺。凶器の血塗れの砲丸を天海の近くに置き、さらに赤松が放って外れた砲丸を証拠隠滅のために回収して隠し部屋へと戻った。赤松たちが図書館に入って来たときに扉が閉まっていく途中だったのは、30秒のインターバルの間に天海を殺して再び隠し部屋へと隠れた真犯人の仕業。そして、真犯人は隠し部屋へのもう一つの出入り口を使って何食わぬ顔で他のメンバーと合流したのだった。

    つまり、第1章の真の犯人は赤松ではなく黒幕だったってこと。

  15. 名前:しおん 投稿日:2017/01/20(金) 19:26:20 ID:f80536bd3 返信

    今更ですが、恐らく神宮寺の姉というのは、是清が作り上げたフィクションだと思います。
    そもそも、人の心に死んだ人間の精神が宿るなんてことはまずあり得ないので、実際に彼の過去に姉はいたのでしょうけれど、今彼の心の中にいる姉は是清の妄想の果てに作り上げた「設定」という名のフィクションだとも解釈できると思われます。

    また、才囚学園のある世界ですが、電脳世界とはまた異なるとも考えられます。
    そもそも論として、「才能を持たない」16人がいた世界がリアルだとするなら、才囚学園にいる彼らはフラッシュバックにも登場した「何かの装置を頭に被っているシーン」からも分かるように、ダンガンロンパという基盤の上に作り上げられた設定を元にする只の電脳世界と考えるのが自然かもしれません。現に、元の世界での彼らはモノクマやコロシアイについても知っていて、それに憧れていた節も見受けられましたし、最終章に出ている「リアル」の人間たちの反応も同様です。

    ですが、幾つか矛盾も見られます。その中でも個人的に気になったのは、才囚学園についてです。

    ラストにおいてキーボに破壊し尽くされ、本当の意味で外の世界と繋がった彼らの世界ですが、地続きで外部に繋がっていることはまずないでしょう。もしそうであるなら、5章で見た地球の惨状が再現されることになるためです。そういった意味では、世界を電脳空間と捉えることはできます。
    しかし、もしこれがダンロン2と同種の電脳世界であるなら妙な話です。
    なぜなら、この作品のなかで、「ダンガンロンパ」というのはあくまでフィクションだからです。つまり、現実においてフィクションであるダンガンロンパにリアルの人間を落とし込むことは本来的に不可能です。電脳世界というのは、あくまでフィクションであるダンガンロンパ2の中で登場しただけのものですから。
    そこから、この世界の外、つまりは「才能を持たない」16人が元々いた世界がリアルだとするなら、才囚学園の存在する電脳世界やら仮想空間やらに送られたと考えるのはおかしいと言えるでしょう。電脳世界なんてのは結局、フィクションの話ですしね。

    まあ、結局は人それぞれの解釈があると思いますけれど………

  16. 名前:ホロロ通信@匿名 投稿日:2017/01/24(火) 12:51:00 ID:1cb95ecdf 返信

    電脳世界なんて言われてないよ

  17. 名前:ホロロ通信@匿名 投稿日:2017/06/07(水) 20:41:06 ID:09d340c83 返信

    すげえいろいろ間違ってる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。