【PS4/Switch/Vita】FGO好きならプレイすべし! FateシリーズおすすめゲームBEST5★

今回は、FGO好きにおすすめのFateシリーズのおすすめゲームランキングをまとめています。

現在はプレイが厳しいものもありますが、是非ともプレイして欲しい作品ばかりです。

主にFGOに深く関わっている作品を選んでいますので、FGOを深く知るためにもプレイしてみましょう!

※PS4、Switch、Vita、Steam対応のタイトルのみを選出しています。

5位「Fate/EXTELLA Link」

対応機種PS4/Vita/Switch
主な関連シナリオ1部2章「永続狂気帝国セプテム」
登場キャラネロ、玉藻の前、無銘、アルテラ、シャルルマーニュなど。
ジャンルハイスピードアクション

今作は、Fate/EXTELLAの続編ではあるが、直接繋がった世界線ではありません。

パラレルワールド?のようなものだと考えて下さい。

前作と同じく無双系ゲームのような感じで、サーヴァントたちの豪快なアクションが見れます。

とは言え、前作はシナリオ評価が高いのに対し、今作は戦闘面での評価が高いです。

3Ⅾモデルの改良や、批判があった部分の改善も行われ、より楽しく遊べるようになっています。

ただし、戦闘面を強化したことで、シナリオの豊富さは前作より劣っています(^-^;

3つのルートを進められるものの、結局はどのルートも似たり寄ったりで、最終的にカール大帝を倒すだけって感じですからね。

今作は、月の電子領域「SE.RA.PH」を襲う新たな脅威「カール大帝」と「シャルルマーニュ」の戦いを中心に描かれています。

シャルルマーニュはカール大帝の異名であり、今回の敵がカール大帝であるという、まさに自分対自分の対決ですね。

FGOではシャルルマーニュ十二勇士の「アストルフォ、ブラダマンテ、ローラン」が登場していますが、今作ではシャルルマーニュとアストルフォがプレイアブルキャラとして参戦しています。シャルルマーニュ十二勇士について、様々な情報が語られたり、アルテラとの深い因縁もあったりと。シャルルマーニュ十二勇士好きには、是非プレイして欲しい作品です。

何気にカルナとアルジュナの直接対決も描かれたりと、インド好きにも好評なのだとか。

とにかくプレイアブルキャラは多くいたり、オンライン対戦も熱いですからね。

様々なコスチュームもDLCなどで獲得できますし、拠点でのおしゃべりも楽しんでください。

英雄たちとお散歩デート

【Fate/EXTELLA LINK】英雄たちとお散歩デートしてたら…【ベースキャンプ会話集】

 

4位 「Fate/hollow ataraxia」

対応機種PS Vita、PC
主な関連シナリオ炎上汚染都市冬木。
登場人物は疑似サーヴァントになる率が高く、いろんなシナリオでも登場する。
登場キャラ衛宮士郎、セイバー(アルトリア)、遠坂凜、アーチャー(エミヤ)、イリヤなど。
ジャンルビジュアルノベル

本作は第五次聖杯戦争の終結から半年後が舞台であり、再び現界したサーヴァントとの穏やかな日常を中心に描いています。

ありえない現実ではあるものの、それらに疑問を抱かない全聖杯戦争参加者たち。そして、存在しないはずの聖杯をかけて、聖杯戦争が再開しているという。聖杯戦争に関わるパートはシリアスに進むものの、中心となるのは日常パートと言えますね。

本作では衛宮邸にセイバーを始めとする人物たちが雑居するようになり、衛宮士郎は数人と分担しながら家事をこなしており、主に料理を担当しています。

冬木に起こった不思議な事態に気付きながらも、みんなと楽しい日常を送ります。

セイバーは食へのこだわりが前作以上に増しており、士郎の作るご飯を中心に、ひたすら食事を楽しんでいる姿を見ることができます。セイバーの義兄である「ケイ」とのエピソードも語られたり、士郎と水着デートやイチャイチャしたりと、女の子らしい部分も多く描かれています。

そして、アホ毛を掴むと「セイバーオルタ」となり、我儘言いたい放題する上にジャンクフードが大好きになるなど、食への執着や思考はセイバーとも異なるのも面白い。

「遠坂凜」は、ロンドンの時計塔に渡っており、物語の中盤で帰国します。冬木に起きている異変を士郎に解説しつつも、彼女は多くのキャラクターバリエーションを見せます。

別世界線の魔法少女の姿になったり、諸葛亮っぽくなったりと。

桜の姉としての一面も多く描かれているので、前作以上に姉妹をしている2人の姿が見られます。

「間桐桜」は、前作の経験を経て成長し、強くなった姿が存分に描かれています。間桐家を離れて衛宮邸で暮らしている彼女は、まるで士郎と夫婦のようなやり取りをしたり、家事全般を担当し、少しでも士郎や同居人たちの役に立とうとしている姿が見られますね。ライダーとの仲睦まじいやり取りは、まるで姉妹の様です。

水着イベントでは、自身の大きい胸やスタイルの良さを武器として使ったりと、士郎への直接的なアプローチも見せています!

そして、兄の信二に対しては、黒桜としての一面も見せており・・・。

その他にも、妻として振る舞うキャスターだったり、魚屋になっているランサーだったりと。

クラスメイト達とのエピソードも描かれるなど、Fate/stay night好きには最高の作品と言えるでしょう。

新キャラ「バゼット」や「カレン」にも注目して下さいね。

ライダーと風呂

【ボイス付き】 Fate hollow ataraxia お風呂の勇者

3位「Fate/EXTELLA」

対応機種PS4、Switch、Vita、Steam
主な関連シナリオ1部2章「永続狂気帝国セプテム」、亜種得意EX「深海電脳楽土 SE.RA.PH」
登場キャラネロ、玉藻の前、無銘(エミヤ)、アルテラ、エリザベートなど。
ジャンルハイスピードアクション

月の聖杯戦争後の世界を描いた本作は、サーヴァントを操作して敵を倒していく無双系アクションゲーム。

サーヴァントのスキルを使ったり、宝具を解放してエリア内の全ての敵をまとめて倒したりと、爽快感も味わえます。

とは言え、今作の最大の魅力はサーヴァントとの会話や触れ合いにあります。

今作では、主人公が「精神(赤)・魂(青)・肉体(緑)」の3つに分断されており、それぞれがあるサーヴァントたちのマスターとして存在しています。赤のマスターは「ネロ・クラウディウス」青のマスターは「玉藻の前」緑のマスターは「アルテラ」とどれもFateでは超有名どころのサーヴァントです。

FGOでは、水着になったり、サンタになったりとめちゃくちゃやっていますね(笑)

そして、誰のマスターになるかを選ぶことで、それぞれのルートで遊ぶことができます。

最終的には全ルート遊ぶとして、最初は誰といちゃつきたいかで選ぶのをおすすめします!

プレイベートな時間には、一緒にお風呂に入ったり、添い寝したりとドキドキのイベントが待っていますからね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

特に玉藻の前に関しては、FGO内でも今作のマスターとの話が定期的に出てきます。FGOのマスターには決して惚れない玉藻の前ですが、心に決めた人が今作のマスターだからですね。

ただ、必ずしも最終的にそのサーヴァントとのエンディングに入れる訳ではないので、選択肢には気を付けたいものです。

そして、アルテラの秘密もピックアップされているので、アルテラ好きの方は是非ともプレイしてみて下さい。

ネロとお風呂

【ネロとお風呂へ…しかも抱きしめたいだとぉ!?】Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)

 

2位「Fate/stay night」

対応機種PS Vita、iOS、Android、PC
主な関連シナリオ炎上汚染都市冬木。
登場キャラは疑似サーヴァントになる率が高く、いろんなシナリオでも登場する。
登場キャラ衛宮士郎、セイバー(アルトリア)、遠坂凜、アーチャー(エミヤ)、イリヤなど。
ジャンルビジュアルノベル

Fateの始まりにして、Fateの原点とも言えるのが「Fate/stay night」です。

今作は、冬木での第五次聖杯戦争を描いています。

アニメが最初だと思っている方もいるようですが、今作はPCの18禁ゲームとしてスタートしているんですね。

ということで、エロ表現もかなりありますし、本当の魔力供給も見れちゃいますね(笑)

今作の主人公は衛宮士郎で、そのサーヴァントが「セイバー」ことアルトリア・ペンドラゴンです。

Fateと言えば、セイバーことアルトリアということで、FGOでは様々なクラスで実装されていますね。

ネロ、ジャンヌ、ラクシュミーなどは、アルトリア顔とも言われています。

そして、イシュタルやエレシュキガルの依り代である「遠坂凜」と、そのサーヴァント「エミヤ」も登場。

イシュタルやエレシュキガルが、どうして遠坂凜を依り代にしたのか、本作をプレイすれば理由がなんとなく理解できますね(笑)

そして、カルデアの厨房担当こと「エミヤ」の正体についても、今作ではっきり明かされます。

遠坂凜の妹であり、先輩呼びの元祖でもある「間桐桜」にも注目です!

最も疑似サーヴァントになっている登場人物でもあり、Fate界のメインヒロインと言っても過言では無いでしょう。

その他にも、FGOではシトナイとなっている「イリヤ」や、そのサーヴァントである「バーサーカー(ヘラクレス)」も登場。

キャスターは「メディア」、アサシンは「佐々木小次郎」、ランサーは「クーフーリン」と言った面々で、どれもこれもFGOでは登場頻度が多く、かなり活躍している面々と言えるでしょう。

ボスキャラとして「ギルガメッシュ」が初登場したのも今作であり、圧倒的な強さを見せつけていますね。

本作は、選択肢によって展開が大きく変わるのが魅力で、3つのルートで物語を進めることが可能です。

それぞれのルートがアニメ作品になっているので、どれも内容はかなり濃いです!

  • セイバールート……Fate/stay night
  • 遠坂凜ルート……Unlimited Blade Works
  • 間桐桜ルート……Heaven’Feel

その他のエンディングは、40種もある「バッド・デッドED」であり、選択肢を間違えることで簡単に見ることができます(笑)

FGOでは選択肢で死ぬことは、BBやキアラのバレンタインイベント以外ではないものの、本作では頻繁にあるのも魅力。

デッドエンドやバッドエンドを迎えるたびに、FGOではジャガーマンになっている「藤村大河」のタイガー道場が始まります。道着を来たタイガこと藤村大河と、体操着を来た「ブルマ」こと弟子一号のイリヤが進行を務めます。

本編登場キャラをデフォルメやモザイクが掛かった状態で登場させたり、グッドエンドなどのヒントも出てきます。

死んでも面白いのが今作なので、バッドエンドもコンプリートしてみて下さい(笑)

桜と魔力供給

Fate/stay night [Heaven's Feel] 桜ルート #44 深夜・自室 魔力供給

1位「Fate/EXTRA CCC」

対応機種PS Vita、PSP
主な関連シナリオ1.5部「深海電脳楽土 SE.RA.PH」、2部4章「ユガ・クシェートラ」
主な登場キャラネロ、玉藻の前、無銘(エミヤ)、BB、メルトリリス、パッションリップ、殺生院キアラなど。
マスター数が多いため、登場サーヴァントもかなり多め。
ジャンルRPG

Fate/EXTLA CCCは、PSPで発売された「Fate/EXTELLA」の続編として発売されています。

前作では月の表側が戦いの舞台でしたが、今作は月の表側が戦いの舞台です。

主人公は月の表側の聖杯戦争の最中に、NPCの保険委員長「間桐桜」を助けたことにより、主人公は月の裏側にある「月海原学園の旧校舎」に飛ばされてしまいます。

月の裏側では、「EXTERA」の世界を生み出している量子コンピューターに致命的なエラーが発生し、世界そのものの在り方が変異しており、様々な問題が大発生してしまっているのです!

そして、この問題の中心にいるのが、みなさんご存じのラスボス系後輩のBBちゃんです。

今作の特徴を簡単に言えば、とにかくBBちゃんがやらかしてしまうお話と言えますね(笑)

FGOでは、そこまでBBちゃんについて語られませんでしたが、CCCではたっぷりとBBちゃんの魅力を味わえます。

BBちゃんの性癖を切り離して作られたアルターエゴ「さくらファイブ」の「パッションリップ、メルトリリス、キングプロテア、カズラドロップ、ヴァイオレット」の5人も登場します。作中で実際に戦えるのは、「パッションリップ、メルトリリス」の2人なのですが、他の3人に関してはコミカライズの「フォックステイル」で活躍が見られますね。

そして、今作の最大のボスとして立ちはだかるのは、「SE.RA.PH」でも大暴れした殺生院キアラです(笑)

史上最低最悪の宝具を発動したり、様々なエロ発言で、一人でゲームの対象年齢を引き上げてしまった女性ですね。

FGOの「深海電脳楽土 SE.RA.PH」は、CCCを模しているので、元ネタであるCCCをプレイすると理解が深まるのは間違いなし。

様々なルートで攻略ができるので、何週もしたくなること請け合いです!

さらに、2部4章「ユガ・クシェートラ」で大活躍したガネーシャこと「ジナコ=カリギリ」と、そのサーヴァントである「カルナ」との話もたっぷりと収録しています。カルナがジナコにどれだけ影響を受けたのかということや、ジナコがあの時からどれだけ成長し、カルナのことをどう思っているかも、CCCをやることで十二分に理解することができます。

既にクリア済みの方も、CCCをプレイ後にマテリアルでシナリオを振り返ってみて下さい。

感動が2倍にも3倍にもなることでしょう!

カルナとジナコ

Fate/Extra CCC Japanese Playthrough Pt.49

 

 

アニメ作品もチェックしよう!

Fateシリーズは、アニメ作品でのみ公開されているエピソードも多く存在します。

「Fate/Zero」は、Fate/stay nightで断片的に語られていた「第四次聖杯戦争」を描いています。

主人公は衛宮士郎の父親「衛宮切嗣」であり、イリヤとの関係性や、未解決だった様々な謎が語られます。

「Fate/Apocrypha」は、Fate/stay nightの並行世界を描いた作品です。

Fate/stay night の世界でルーラーが召喚した結果が本作品の世界となっています。

天草四郎、ジャンヌダルク、ホムンクルスのジークなどの活躍が描かれていますね。

そして、公開中の劇場版「Fate/stay night【Heaven’s Feel】」では、間桐桜ルートをメインに描いた作品となっています。原作とは違った表現が多く見られるので、こちらもチェックしておきたいですね。

ゲームをプレイするだけでは得られない知識がアニメで得られるので、ゲームだけでなくアニメも視聴しましょう。

まとめ

ますます盛り上がりを見せているFateですが、今後もこの勢いは止まることは無いでしょうね。

FGOのアニメや映画も公開されますし、これからどんどん楽しみが増えて行きそうです。

とりあえずは、ラスベガスの夏イベを頑張りましょう(๑˃̵ᴗ˂̵)و