【殺人探偵ジャック・ザ・リッパー】発売日・価格・ゲームシステムなどの最新情報まとめ!

今回は、殺人探偵ジャック・ザ・リッパーの「発売日・価格・ゲームシステム」の情報をまとめています。

二面性のある主人公に注目して下さい。

それでは、ご覧くださいませ!

販売情報

発売日2019年4月25日
ジャンルアドベンチャー
対応機種PS4/Nintendo Switch
対象年齢15歳以上対象
価格パッケージ版/ダウンロード版:6,980円+税
開発元日本一ソフトウェア
公式サイトhttps://nippon1.jp/consumer/jack/
購入ページ『PS4』Amazon購入ページ
『Switch』Amazon購入ページ

ゲーム内容

どんなゲーム?

殺人探偵「ジャック・ザ・リッパー」は、日本一ソフトウェアが放つ新作ノベルアドベンチャーです。

プレイヤーは「探偵」として法で悪を裁くか、法の裁きを逃れた悪党を自身の手で裁く「殺人鬼」になるという2つの道が用意されています。

プレイヤーの選択によって物語は大きく変化していくので、エンディングも探偵と殺人鬼では大きく異なってきそうです。

どうして探偵と殺人鬼なのかは、これから解説していきます!

探偵と殺人鬼の2つの顔を持つ主人公

私立探偵「アーサー・ヒューイット」は連続殺人事件の調査中、死体を発見した強いショックから「切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)」を自称する別人格の存在を知覚します。

切り裂きジャックという奇妙な相棒を得たアーサーは、「探偵として証拠を集めて犯罪者の罪を暴く」か、「殺人鬼の昂る衝動に任せて、犯罪者を自らの手で裁く」かのどちかの選択を迫られます。

良い結末になりそうなのは前者ですが、片っ端から容疑者を殺していく展開も見たいです!

探偵ルートに入る時は選択肢で「青のカットイン演出」、殺人鬼ルートに入る時は「赤のカットイン演出」が出ます。

そんな時に便利なのが、いつでも各章の好きなシーンからシナリオを読み直せる「シナリオツリー」です。

これがあれば、わざわざセーブデータを分けておく必要もなく、気軽に殺人鬼ルートにも入れますね。

豊富なサブストーリーも楽しもう!

本作では本編シナリオを進めていくにつれ、サブストーリーが解放されます。

「通常進行で解放されるもの」、「BADEND後に開放されるもの」、「プレイヤーの選択肢次第で解放されるもの」まで様々です。仲を深めた特定のキャラとの話が展開されることもあるようです。

全部で10話以上のストーリーが用意されているとのことで、サブストーリーは全て解放しましょう!

BADENDのお楽しみ「ボーナスシアター」

選択肢を間違えてBADENDに行ってしまった……。

というのはアドベンチャーゲームではよくある話です。むしろ、BADENDの豊富さが売りの作品も多くありますから、BADENDになるのも間違いとは言えません(笑)

今作ではBADENDになるとミニコーナー「ボーナスシアター」を見ることが可能です。

BADENDになった原因を特製のデフォルメボディを持つキャラクターたちが笑いあり、涙ありの寸劇を交えて教えてくれます。

BADENDになっても、次のプレイではあっさりグッドエンドに行けそうですね!

 

 

プロモーションムービー

殺人探偵ジャック・ザ・リッパー プロモーションムービー第2弾

まとめ

殺人探偵ジャック・ザ・リッパーは、探偵自身が殺人を行えるという珍しい種類のゲームです!

大体の方が、殺人鬼ルートを敢えて選んでみると思いますね。

どちらのルートも魅力があると思うので、全ルートで全選択肢の制覇を目指しましょう。

《2019年4月発売新作ゲーム》PS4/Switch/Xbox-One おすすめソフト6選!(高評価確定)