【創世記戦:アンタリアの戦争】魔装機や飛空艇が使える大ボリュームで遊べるMMORPG!

今回は【創世記戦:アンタリアの戦争】の面白さやシステム配信日について紹介していきます。

それでは、ご覧くださいませ!

創世記戦:アンタリアの戦争とは?

創世記戦: アンタリアの戦争(1分)

創世記戦:アンタリアの戦争は個性溢れる英雄と巨大な魔装器を使って、飛空艇に乗って旅を続けるMMORPGです!

配信日や基本ゲーム情報

【創世記戦:アンタリアの戦争】タイトル創世記戦:アンタリアの戦争
配信日2019/7/16
ジャンルMMORPG
課金要素弱い
公式HPなし
Twitter@gnss_antaria

おすすめ度: 4.0

ダウンロード

 
 

アンタリアに平和を取り戻すために、戦う王道ストーリー

本作は、創世記戦シリーズをもとにしたMMRPGです。
ただ、黒い砂漠モバイルやリネージュのような王道のMMORPGではなく、創世記戦:アンタリアの戦争はは戦略重視のシュミレーションRPGなのです。

巨大な魔装器を使い。最大5人のパーティを組んでバトルに挑んでいき、敵を倒していくことが目的です。

やりこみ要素としては、飛空艇を拡張させたり、魔装気をカスタマイズ、キャラの強化といった要素があります。
自身の好きなように育成をして、強敵であるダークアーマーの脅威に立ち向かいましょう!

ストーリーは選択制で進む

創世記戦:アンタリアの戦争は自身で選択した物語に進んでいくという、オリジナルストーリーを再現しています。
通常バトルでは、MMORPGらしさを持った戦闘を行うのですが、イベントではターン制のバトルを楽しむことができます。

戦略性が求められるバトルが多く、強力な必殺技を打つタイミングや、複数の相手の処理、回復、バフ、デバフといった選択を迫られることになります。
戦い方としては、ターンが回ってきたら、コマンドを選択するだけなので、難しいといった操作はありません。

独自の世界観が少年の気持ちを思い出させる!

創世記戦:アンタリアの戦争の主体となる世界観は「剣と魔法のファンタジー」です。
子供頃に、誰もが憧れた世界観を追体験することが出来るのです。

更に、飛空艇や魔装器といった機械類も登場することで、オリジナル制を強調させてくれます。

迫力のあるバトルを体験することもできるので、見ているだけでも楽しむことがでるのです。

また領土を経営してい行くといったシミュレーション要素があるのも、創世記戦:アンタリアの戦争の特徴といえるでしょう。

豪華な声優陣が参加したメインキャラ達!

豪華な声優陣と、王道の設定を持ったキャラたちを紹介します!

イオリーン

ペンドラゴン王国の王女。帝国との戦争によって父と国を亡くし、帝国への復讐が生きる糧。彼女の心を理解し、受け入れてくれるG.Sに愛情を感じるが、自分の感情を抑えて冷静な態度を貫く。

G.S

ビフロスト公国のレンジャー。5年前、記憶をなくしたまま雪原で救助され、レンジャーとして生きることになる。どこから来て、何をしていたのか知るすべもなく、優れた剣術と品のある仕草から彼がただ者ではないということが感じられる。

ラシード

ペンドラゴン王国の王子。姉であるイオリーンと共に王国再建の為に力を尽くす。まだ幼い少年だが、氷竜ザビエルとの出会いをきっかけに少しずつ変わり始め、放浪剣客クロウから教えを受けた後には劇的な成長を遂げる。後々「聖王ラシード」と謳われる偉大な王になる。

ロビン

サイラップス出身の盗賊。幼い頃、孤児になった彼女は盗賊ギルドに拾われ育てられた。偶然、帝国のものを盗んだ彼女は帝国に追われる羽目になるがギシュネに助けられる。それをきっかけにシルバーアローに合流することになる。

デュラン

ペンドラゴン王国の聖騎士団長。代々名門騎士として名のあるレンブラント家の出身で、騎士道精神と主神を慕う信仰心の塊のような人物。グラテスの合戦の生存者でもある彼は王国の敗亡に責任を感じており、イオリーンの側でいかなる時も彼女を助けるため尽力している。

創世記戦:アンタリアの戦争のガチャ要素・課金要素は?

 

創世記戦:アンタリアの戦争では、課金をすることでダイヤが入手できますよ!

ガチャは二種類

創世記戦:アンタリアの戦争では、大きく分けると装備品ガチャとキャラガチャに分けることができます。

装備品ガチャに関しては、回す必要はないと私は感じました。
装備品は自身で作ることも可能ですし、ガチャをしてレア度の高いものを入手するというよりは、制作して厳選していくという作業の方が奥深くなっています。

キャラガチャに関しては、欠片を600個集めることで新たなキャラを入手することができます。

ただ、一回のガチャで手に入る欠片の量は15個と少なすぎる数になっています。

リセマラはしなくてもいい

創世記戦:アンタリアの戦争はリセマラの必要はありません!

狙うならキャラガチャですが、効率が悪いですし、序盤は初期キャラだけで攻略していくことが可能です。

また、ストーリーが進んでいけば、さまざまなキャラのかけらを無課金で入手することが可能です。
時間をかけて、リセマラをしても強いキャラがずっと使えるというゲームでもないので、リセマラの必要はないといえます!

創世記戦:アンタリアの戦争は面白いのか?

創世記戦:アンタリアの戦争は、やりこみ要素が高い作品です。

今まで、MMORPGをメインでやってきた人よりも、ファイナルファンタジーやドラクエといったRPGをやってきた人におすすめの作品と言えます。

また、シミュレーション要素も盛り込まれているので、ハクスラ系が好きだ!という人にもおすすめできます。

創世記戦:アンタリアの戦争はさまざまなジャンルが混同されている作品なので、好みに分かれることがなく、ゲーム好きであればはまりやすい作品といえるでしょう。