【レッド・デッド・リデンプション2】操作性の悪さを改善するオススメの設定を紹介!【RDR2】


スポンサードリンク

今回は、レッド・デッド・リデンプション2の「操作性の悪さを改善するオススメの設定」を紹介しています。

それでは、ご覧くださいませ!

RDR2は操作性がとにかく悪い

レッド・デッド・リデンプション2は、操作性の悪さから早くも低評価を付けている人が多くいます。

特に聞かれるのは、「移動時のストレスが半端ない」って事でしょうね。

✖2を何度も押さないと、ダッシュ状態を継続できないのは非常に煩わしい。
キャンプだと、ただでさえ移動速度が遅いので、余計にストレスになりますよね(^-^;

実は、こういった操作性の悪さは、設定から簡単に改善することが出来ます!
これからプレイする方や、ストレスを感じている方はお試しください。

ダッシュなどの操作性の悪さを改善する方法

まず、OPTIONボタンから「設定画面」を選択します。
設定画面では、ゲーム内の操作をカスタマイズすることが可能です。

操作性の悪さを改善するには、まず一番左の「操作方法」を選択します。

下へ画面をスクロールし、アクセシビリティ『ランニングモード』の項目を変更します。

すると、✖を連打しなくてもダッシュ状態を継続し、フィールドもキャンプもスムーズに移動できるようになります!
また、押し込みダッシュをしたい場合は、三人称視点の操作モードを変更して下さい。

その他にも、「カメラの速度を最大にする」、「カメラデッドゾーンを最低にする」のもオススメです。

自分が操作しやすいように設定を色々弄って、快適な環境を作りだしてみて下さい。

まとめ

操作性の悪さからクソゲーだとか、☆1評価を付けている方も多くいます。

そういった方々も、これらの設定を活用して頂けたら、本作の評価も改善するはずです。

「もうプレイするの辞めようかな?」と思っている方は、直ぐにでも設定を弄ってみて下さい。

初回特典の馬と装備の入手方法

取り返しのつかない要素