【ポケモン ソード&シールド】輝石サニーゴの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「輝石サニーゴ(ガラルのすがた)の育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ

【ポケモン ソード&シールド】パッチラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

サニーゴ(ガラルのすがた)の特徴

タイプゴースト
種族値HP60/攻撃55/防御100/特攻65/特防100/素早さ30
特性【くだけるよろい】
物理技を受けると、『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『素早さ』ランクが2段階上がる。
【のろわれボディ(夢特性)】
相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。
弱点「2倍」ゴースト/あく
耐性「0.5倍」むし/どく
「効果なし」かくとう/ノーマル
おすすめの性格おだやかorずぶとい
おすすめの努力値振りHP252、防御252or特防252、防御6or特防6
進化条件

サニーゴ(ガラルのすがた)は、サニゴーンへと進化します。

ただし、サニゴーンでは特防種族値は130へと上がるものの、防御種族値は50へと下がってしまいます。

つまり、特殊受けだけは出来るものの、物理には弱いというステータスになる訳です。

ですので、物理も特殊の種族値もバランスのいいサニーゴに「進化の輝石」を持たせ、ポリゴン2のような鉄壁のポケモンに仕上げます。

技「ちからをすいとる」を覚えることで、超耐久のポケモンに仕上がりますよ!

夢特性の入手方法

サニーゴ(ガラルのすがた)の夢特性は、輝石サニーゴには必須となってきます。

ワイルドエリア「みはりとうあとち」の北にある巣から太い光が出れば「サニゴーン」が出現します(シールド限定)

夢特性は確定で出る訳ではありませんので、何度も何度も捕まえて確認してください。

サニゴーンのままでは使えないので、夢特性を遺伝させるのもお忘れなく!

【ポケモン ソード&シールド】夢特性の入手方法・遺伝の組み合わせ一覧

 

 

輝石サニーゴ(ガラルのすがた)の育成論

特性【のろわれボディ(夢特性)】
相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。
弱点「2倍」ゴースト/あく
耐性「0.5倍」むし/どく
「効果なし」ノーマル/かくとう
性格おだやか(特防↑攻撃↓)
努力値振りHP252、特防252、防御6
道具「しんかのきせき」
進化前のポケモンに持たせると『特防』が1.5倍になる。
技構成ちからをすいとる、ナイトヘッド、おにび、どわすれorてっぺき

輝石サニーゴの強みは、高い特防値を持ちながらも、「ちからをすいとる」を覚える点です。

「ちからをすいとる」は、「相手の攻撃の能力値と同じ値だけ自分のHPを回復し、相手の攻撃ランクを1段階下げる」という効果。

相手の物理攻撃に耐えきるだけの耐久は持っているので、この技で全快近く回復することも可能です。

その上で、相手の攻撃ランクを下げていくのですから、物理攻撃で突破するのは相当厳しくなります。

さらに、「おにび」や「てっぺき」によって物理技の威力を激減させていき、もう手出しはできない状態に(^-^;

「てっぺき」ではなく「どわすれ」で、より特殊防御を上げていくのも強いですね。

夢特性のお陰で、物理技を封じられる可能性があるのも厄介な部分。

攻撃技は「ナイトヘッド」のみですが、これでじわじわ削っていけば十分です。

相手からしたら一撃で倒さないと面倒なポケモンですし、輝石サニーゴを入れているだけで相手の選出をコントロール可能ですよ!

ただ、「ちょうはつ」を使える「オーロンゲ」などのポケモンには要注意です。

【ポケモン ソード&シールド】インテレオンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

輝石サニーゴは、輝石ポリゴン2のゴーストタイプ版と言えます。

相手にする場合は「ちょうはつ」持ちを、自分で使う場合はとにかく固くすることを考えましょう。