【ポケモン ソード&シールド】氷ヒヒダルマの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ヒヒダルマ(ガラルの姿)の育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】ウオノラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

ヒヒダルマ(ガラルの姿)の特徴

タイプこおり
種族値【通常】HP105/攻撃140/防御55/特攻30/特防55/素早さ95
【ダルマモード】HP105/攻撃160/防御55/特攻30/素早さ95
特性【ごりむちゅう】
同じ技しか出せなくなるが、物理技の威力が1.5倍になる。
【ダルマモード】
自分の残りHPが半分以下になるとフォルムチェンジする。回復して半分より多くなると元に戻る。
弱点「2倍」ほのお、はがね、いわ、かくとう
耐性「0.5倍」こおり
おすすめの性格ようき(素早さ↑特攻↓)
努力値振り攻撃252、素早さ252、HP6
進化条件ダルマッカ(ガラルの姿)に「こおりのいし」を使う。
進化石の入手方法

ヒヒダルマ(ガラルの姿)は、ソード限定で出現する「ダルマッカ(ガラルの姿)」から進化させます。

シールドの場合は、交換で入手して下さい。

ヒヒダルマ(ガラルの姿)は、とにかく攻撃することしか頭にない種族値をしています(笑)

そして、特性「ごりむちゅう」は『こだわりハチマキ』の効果を持つ強力な特性です。

さらに『こだわりハチマキ』を持たせれば、ノーリスクでさらに1.5倍の火力を得られます。

元々がほのおタイプのポケモンという事で、「フレアドライブ」を覚えるのも強み。

 

 

ヒヒダルマ(ガラルの姿)の育成論

特性「ごりむちゅう」
同じ技しか出せなくなるが物理技の威力が1.5倍になる。
弱点「2倍」ほのお、はがね、いわ、かくとう
耐性「0.5倍」いわ
性格ようき(素早さ↑特攻↓)
努力値振り攻撃252、素早さ252、HP6
道具こだわりスカーフ
技構成つららばり、フレアドライブ、ばかぢから、いわなだれ

道具を「こだわりスカーフ」にすることで、特性と併せて「物理技の威力1.5倍&素早さ1.5倍」の状態になります。

既に、特性で「同じ技しか出せなくなる」効果が発生しているため、ノーリスクで1.5倍の素早さが得られるのと同じです。

素早さ種族値が95と速い方ですし、こだわりスカーフを持たせれば高確率で先手が取れますね。

そして、こおりタイプの天敵である「はがね」に、「フレアドライブ」や「ばかぢから」で打点を持つことが出来ます。

ほのおタイプには「いわなだれ」もありますし、広範囲のポケモンを狩れる技構成が可能です。

同じ技しか出せないのは厳しいと思う方もいるでしょうが、ダイマックスすれば別の技を使う事も可能となります。

ダイマックスと相性のいいポケモンとも言えますし、育てておいて損はありません。

見た目も面白いですしね(笑)

【ポケモン ソード&シールド】モスノウの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

ヒヒダルマ(ガラルの姿)は、通常のヒヒダルマとは比較にならないくらい強いです!

今作では「こだわりスカーフ」と相性のいいポケモンが多くて、本当に誰に持たせるか悩みますね(^-^;