【ポケモン ソード&シールド】急所5割の強運トゲキッス育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「強運トゲキッスの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】育成論一覧(種族値・努力値・技構成・持ち物など)

トゲキッスの特徴

タイプフェアリー・ひこう
種族値HP85/攻撃50/防御95/特攻120/特防115/素早さ80
特性【はりきり】
『こうげき』が1.5倍になるが、物理攻撃の命中率が0.8倍になる。レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。
【てんのめぐみ】
技の追加効果の発生率が2倍になる。
【きょううん(夢特性)】
急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなり。
弱点「2倍」でんき/いわ/どく/こおり/はがね
耐性「0.5倍」くさ/あく
「0.25倍」むし/かくとう
「効果なし」じめん/ドラゴン
おすすめの性格ひかえめ(特攻↑攻撃↓)orおくびょう(素早さ↑攻撃↓)orずぶとい(特防↑攻撃↓)
おすすめの努力値振り調整して育成するため、型によってバラバラ。
進化条件トゲピーのなかよし度が高いとトゲチックに進化し、トゲチックに「ひかりの石」を使うとトゲキッスへ進化。

トゲキッスは、特性「てんのめぐみ」のせいですっかり害悪ポケモンの印象が強くなったポケモンです。

特性「てんのめぐみ」の効果で、エアスラッシュのひるみ率が60%になり、そこに「でんじは」の麻痺まで加わるとえぐい…。

そして、「わるだくみ」と広い技範囲を持つ特殊アタッカーとしても活躍でき、現環境では上位に入っています。

ダイマックスにより耐久力の大幅増加と、ダイマックス飛行技で素早さを上げられるのも強みです。

最も採用率の高い「じゃくてんほけん」は、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2倍にするという効果を持ちます。

これにより、無駄に特攻に努力値を振らなくても良くなり、耐久面を強化するということも可能となりますね。

しかし、この型が流行り過ぎてしまい、対策が進んでいるのも事実です。

ですので、新たな型を考案しようと思い立ち、積みを崩せる「強運トゲキッス」を作成しました。

夢特性の入手方法

夢特性はハシノマ原っぱの「預かり屋」から、ずっと真っすぐ言って、行き止まりにある巣です。

太い光で高確率で出現するので、そこまで入手は難しくありません。

 

 

トゲキッスの育成論

特性「きょううん」
急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなる。
弱点「2倍」でんき/いわ/どく/こおり/はがね
耐性「0.5倍」くさ/あく
「0.25倍」むし/かくとう
「効果なし」じめん/ドラゴン
性格ひかえめ(特攻↑攻撃↓)
努力値振りHP84、特攻236、素早さ180、特防8
道具ピントレンズ(急所ランクが1段階上がる)
技構成エアスラッシュ、マジカルシャイン、だいもんじ、げんしのちから
※かえんほうしゃ、わるだくみ辺りも有り。

こちらのトゲキッスは、夢特性「きょううん」+「ピントレンズ」で急所率を5割にした型です。

急所に当てることで「防御ランク」、「リフレクターや光の壁」を無視できるのが強みですね。

バイウールーのコットンバトンや、オーロンゲの両壁張りなどへの対策になります。

ダイマックス状態では怯みは通りませんが、急所は発生するのでダイマックスへ打点を持つことが可能です。

こちらの型への対策はまだ進んでいないので、3タテすることもしばしばありますね。

まぁ、運に頼る部分もありますが、5割であれば急所を全く引けないということはほぼ無いです。

エアスラッシュでは、「5割急所&3割怯み」の可能性もあるので、どちらの型でもエアスラッシュは相性抜群です。

努力値配分ですが、主に通常時のサザンドラのアイアンヘッドを耐え、ダイマックス時のサザンドラのダイスチルをダイマックス状態で耐えるための振り方になっています。

与ダメージ

※急所に当てることでの突破を狙うことが多いので、非ダイマックス時でも同等以上の火力が出る場合もあります。

ダイジェット

  • H4ミミッキュ…高乱数2発
  • H4ドラパルト…高乱数1発
  • H4ギャラドス…乱数2発
  • H4ガラルヒヒダルマ…確定1発
  • H252ヒートロトム…確定3発

ダイフェアリー

  • H252バンギラス…確定2発
  • H252ブラッキー…高乱数1発

ダイバーン

  • H252アーマーガア…高乱数1発
  • H4ドリュウズ…確定1発

ダイロック

  • H252ヒートロトム…確定2発

被ダメージ

※自身が非ダイマックス状態の時。

  • A252ドラパルトのダイホロウ…確定2発
  • A4アーマーガアのアイアンヘッド…高乱数2発
  • A252バンギラスのダイロック(エッジ)…確定1発
  • A252ミミッキュ(珠持ち)のじゃれつく…確定2発
  • C252サザンドラのダイスチル(ラスターカノン)…確定2発
  • A252ドリュウズのアイアンヘッド…確定2発

まとめ

急所に左右される型ではありますが、壁張りやコットンバトンへの対策にはうってつけです。

「ちょうはつ」では1度は使われる可能性があるため、こちらの方が有効に感じる場面は多めですね。

素早さに関しては、各々で対策したいポケモンに合わせて行った方がいいかもです。