【ポケモン ソード&シールド】マホイップの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「マホイップの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ

【ポケモン ソード&シールド】育成論一覧(種族値・努力値・技構成・持ち物など)

マホイップの特徴

タイプフェアリー
種族値HP65/攻撃60/防御75/特攻110/特防121/素早さ64
特性【スイートベール】
自分や味方のポケモンは『ねむり』状態にならない。
【アロマベール(夢特性)】
自分と味方へのメンタル攻撃技を無効にする(アンコール/いちゃもん/かいふくふうじ/かなしばり/ちょうはつ/メロメロ)
弱点「2倍」はがね/どく
耐性「0.5倍」むし/かくとう/あく
「効果なし」ドラゴン
おすすめの性格おだやか(特防↑攻撃↓)
おすすめの努力値振りHP252/特防252/特攻6
進化条件マホミルの入手方法・進化条件

マホイップは、特殊な進化条件と多彩な種類があることで話題になったポケモンです。

「特殊な道具を持たせ、その場で回転することで進化する」という、普通では絶対に気付けない方法です(笑)

持たせる道具によってマホイップのトッピングが変わるため、どの姿にするかも大事なポイントです。

ステータスには一切の影響はないので、自分の好みで選びましょう。

種族値的には、特殊技を受けつつ特殊技で攻めるって感じですね。

夢特性「アロマベール」のお陰で、「めいそう」を妨害されないのも大きなメリットと言えるでしょう。

夢特性の入手方法

マホイップの夢特性が入手できるのは、「ハシノマ原っぱの西端にある細い光の巣」が最も楽です。

キョダイマックスが入手できる巣もありますが、ランクマッチではキョダイマックスが使えないので今は不要です。

「ザシアンorザマゼンタ」の専用技を使えば、ソロでも十分に倒せますよ。

 

 

マホイップの育成論

特性【アロマベール(夢特性)】
自分と味方へのメンタル攻撃技を無効にする(アンコール/いちゃもん/かいふくふうじ/かなしばり/ちょうはつ/メロメロ)
弱点「2倍」はがね/どく
耐性「0.5倍」むし/あく/かくとう
性格おだやか(特防↑攻撃↓)
努力値振りHP252/特防252/特攻6
道具たべのこしorオボンのみ
技構成マジカルシャイン/めいそう/じこさいせい/マジカルフレイム

こちらのマホイップは、特殊受けを遂行するための型です。

夢特性「アロマベール」の採用で、安全に「めいそう」を積める点では、他のフェアリーよりは特殊受けをしやすいと言えますね。

「じこさいせい」もあるので、「めいそう」を積んでも倒されてしまうという事態も避けられます。

技は「めいそう/じこさいせい」は確定で、後は「マジカルシャイン/マジカルフレイム」を採用しています。

マジカルフレイムは、相手の特攻値を下げる追加効果を持つため、より特殊受けを遂行しやすくなります。

直ぐに敵を倒しに行くというより、相手を弱体化させ、自分を強化&回復し、準備を整えてから攻めだすって感じです。

役割が遂行できる相手としては、「サザンドラ」などの特殊アタッカー全般です。

「ルカリオ、ジュラルドン」などの鋼特殊アタッカーなどには、素直に引いていきましょう。

素早さ種族値が64と高くはないものの、今作では遅いポケモンが多いので上を取れることも十分にあります。

同タイプでは60族の「ニンフィア、ピクシー」を抜けるので、対面させれば優位に戦えます。

また、「とける/ワンダールーム/アンコール」など補助技も豊富なので、必要に応じて技を変えていくのも有りですよ!

【ポケモン ソード&シールド】ヨクバリスの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

マホイップは可愛くて耐久力もあって美味しいという、一石三鳥のポケモンと言えるでしょう!

甘い匂いがしすぎて、アリはたかってこないのでしょうかね?

キョダイマックスはウェディングケーキみたいになりますし、結婚式場では重宝されそうなポケモンです。