【ポケモン ソード&シールド】パッチラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「パッチラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】インテレオンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

パッチラゴンの特徴

タイプでんき・ドラゴン
種族値HP90/攻撃100/防御90/特攻80/特防70/素早さ75
特性【ちくでん】
『でんき』タイプの技を受けるとダメージや効果はなくなり、最大HPの1/4回復する。
【はりきり】
『こうげき』が1.5倍になるが、物理攻撃の命中率が0.8倍になる。レベルの高いポケモンと出会いやすくなる。
【すなかき(夢特性)】
天気が『すなあらし』の時、『素早さ』が2倍になる。また、『すなあらし』によるダメージを受けない。
弱点「2倍」じめん、こおり、ドラゴン、フェアリー
耐性「0.5倍」ほのお、みず、くさ、ひこう、でんき、はがね
おすすめの性格ようき(素早さ↑特攻↓)orいじっぱり(攻撃↑特攻↓)
努力値振り「通常」攻撃252、素早さ252、HP6
「トリックルーム」攻撃252、HP252、防御6
進化条件なし

パッチラゴンは、ゼクロムと同じ「でんき・ドラゴン」タイプのポケモンです。

通常ポケモンでは、メガシンカを除くと初めての組み合わせです。

耐性を6つも持つものの、弱点が4つあるのは注意ですね。

そして、専用技「でんきくちばし(電気物理威力85命中100)」は、「相手より先に攻撃できると威力が倍になる」効果を持ちます。

元々の攻撃種族値が高いので、実質威力170の電気技はかなりのダメージを入れられます。

特性「はりきり」にすれば、さらに1.5倍のダメージになりますしね。

ただ、素早さが余りないので、最速orトリックルーム前提にするかは意見が分かれるところです(^-^;

厳選方法

パッチラゴンは、孵化させることが不可能なポケモンです。

その他の新カセキポケモンも同様ですね。

「トリのカセキ+リュウのカセキ」を複数用意し、復元後に個体値や性格を確認しましょう。

個体値は3V確定なので、厳選の手間はそこまでありませんね。

性格は「ミント」か、シンクロ「ムンナ」で合わせて下さい。

 

 

パッチラゴンの育成論

特性【はりきり】
『こうげき』が1.5倍になるが、物理攻撃の命中率が0.8倍になる。レベルの高いポケモンと出会いやすくなる。
弱点「2倍」じめん、こおり、ドラゴン、フェアリー
耐性「0.5倍」ほのお、みず、くさ、ひこう、でんき、はがね
性格ようき
努力値振り攻撃252、素早さ252、HP6
道具こだわりスカーフ
技構成でんきくちばし、げきりん、ロックブラスト、ほのおのキバ

「でんきくちばし」を常に最大の威力にするため、最速スカーフ型のパッチラゴンにしました。

半減されなければ、一撃で落とせる場面が結構ありますね。

「げきりん」は、3ターン連続で同じ技を使うので、こだわりスカーフとの相性はいいです。

その他の技は、狩り範囲を上げるために採用しましたが、ダイマックス時に使う事があります。

そして、特性「はりきり」により物理威力1.5倍なのですが、命中率が0.8倍になるのがメリットでもありデメリットな部分(^-^;

命中率100でも80になってしまうので、安定して活躍させるのは難しいとも言えます。

恐竜は男のロマンということで、特性と合わさり超威力の「でんきくちばし」にロマンを感じて使ってみて下さい!

【ポケモン ソード&シールド】ウオノラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

パッチラゴンは他のポケモンとタイプが被らないので、オンリーワンな活躍をさせやすいですね。

専用技と特性が合わさった火力は、他のポケモンの追随を許しません。

カセキの中では最も可愛いポケモンだと思いますし、愛着が湧いてくるでしょう!