【ポケモン ソード&シールド】ネギガナイトの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ネギガナイトの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ

【ポケモン ソード&シールド】育成論一覧(種族値・努力値・技構成・持ち物など)

ネギガナイトの特徴

タイプかくとう
種族値HP62/攻撃135/防御95/特攻68/特防82/素早さ65
特性【ふくつのこころ】
相手の技でひるむと、『素早さ』ランクが1段階上がる。
【きもったま(夢特性)】
相手がゴーストタイプでも、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が等倍で当たる。特性『いかく』の効果を受け付けない。
弱点「2倍」ひこう、エスパー、フェアリー
耐性「0.5倍」むし、いわ、あく
おすすめの性格いじっぱり(攻撃↑特攻↓)orゆうかん(攻撃↑素早さ↓)
おすすめの努力値振りHP252、攻撃252、防御6
進化条件1度の戦闘で3回急所に当てる

ネギガナイトは、ソード限定のカモネギ(ガラルのすがた)から進化するポケモンです。

発売前から最も話題になったポケモンで、進化条件が特殊すぎることで発売後は話題になっています。

種族値的には、HPが低く素早さが少し高いカイリキーと言った感じです。

大きな違いで言えば、専用道具「ながねぎ」で急所ランク+2の効果を得られるというところ。

「リーフブレード、つじぎり」が確定急所になります。

どちらにしろ素早さが足りないので、先手を取られることを想定した努力値振りが求められます。

スカーフを使ってもいいのですが、他のポケモンに使う可能性が高いですしね。

抜かれたくない相手がいる場合は、素早さ調整をしてもいいでしょう。

 

 

トリル用ネギガナイトの育成論

特性【ふくつのこころ】
相手の技でひるむと、『素早さ』ランクが1段階上がる。
弱点「2倍」ひこう、エスパー
耐性「0.5倍」むし、いわ、あく
性格ゆうかん(攻撃↑素早さ↓)
努力値振りHP252、攻撃252、防御6
道具ながねぎ
技構成ブレイブバード、リーフブレード、インファイト、つじぎり(タマゴ技)orはたきおとす

このネギガナイトは、トリックルームを前提とした育成論となっています。

トリックルーム用「ブリムオン」の育成論(種族値・努力値・技構成など)

素早さ個体値は、「0」に近ければ近いほど良いでしょう。

遅すぎるポケモンではないため、1でも素早さを遅くしないと、トリックルームには合いません。

トリックルーム後は、持ち物「ながねぎ」で急所ランク+2になった技で3タテを狙います。

特に「リーフブレードorつじぎり」は、急所ランク+1の技なので、急所ランク+3となり100%の確率で急所に当たります。

はたきおとすorつじぎりとなっていますが、輝石サニーゴなどの持ち物依存の相手には「はたきおとす」の方が有用ですね。

その他の技も、急所ランク+2ということで50%の確率で急所に当たるという凶悪な道具が「ながねぎ」です(笑)

ダイマックス時には「ダイジェット」を使うと素早さが上がってしまうため、使用する際は気を付けて下さい。

まとめ

ネギガナイトは使い方を誤ると、何もせずに退場することも簡単に出来てしまいます。

トリックルーム型であれば、速い相手を完封するくらいの破壊力を出せるので気持ちいですよ!

トリックルーム以外はしっくりこなかった故のトリックルーム型ですしね(笑)