【ポケモン ソード&シールド】ドヒドイデの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ドヒドイデの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】育成論一覧(種族値・努力値・技構成・持ち物など)

ドヒドイデの特徴

タイプどく・みず
種族値HP50/攻撃63/防御152/特攻53/特防142/素早さ35
特性【ひとでなし】
相手が『どく』『もうどく』状態の時、自分の攻撃が必ず急所に当たる。
【じゅうなん】
『まひ』状態にならない。
【さいせいりょく】
他のポケモンに交替するとHPが最大HPの1/3回復する。
弱点「2倍」でんき/じめん/エスパー
耐性「0.5倍」ほのお/みず/むし/どく/かくとう/こおり/フェアリー
おすすめの性格ずぶとい(防御↑攻撃↓)
おすすめの努力値振りHP252.防御252、特防6
進化条件ヒドイデをLv38以上でレベルアップする

ドヒドイデは、両受けサイクル用ポケモンとして重宝されています。

高すぎる「防御力・特防」と、耐性の多さで生半可な攻撃では突破することはできません。

持ち物は「くろいヘドロ」一択ですね(たべのこしとは違いトリック先で毒状態にも出来る)

そして、「トーチカ」で接触技を使ってきたポケモンの攻撃を無効にしつつ、毒状態に出来るのも強いです。

この技があるので、相手は使える技も限られてしまいます。

さらに、夢特性「さいせいりょく」で交代時にHPが回復する効果や、「じこさいせい」も覚えるのもえぐい。

ヌオーとの相性がいいので、セットで使ってくる可能性が高いです。

相手がドヒドイデを持っていたら、確実に対策をしておくことをおすすめします。

夢特性の入手方法

夢特性は、キバ湖・東の東にある巣の「細い光・太い光」から出ます。

ソードは「★4が15%」、「★5が20%」の確率です。

ただ、シールドは細い光のみで「★5のみで5%」の確率なので、非常に面倒ですね(^-^;

無限ワット稼ぎは必須かも知れません。

【ポケモン ソード&シールド】どこでも出来る最速無限ワット稼ぎの方法

 

 

ドヒドイデの育成論

特性【さいせいりょく】
他のポケモンに交替するとHPが最大HPの1/3回復する。
弱点「2倍」でんき/じめん/エスパー
耐性「0.5倍」ほのお/みず/むし/どく/かくとう/こおり/フェアリー
性格ずぶとい(防御↑攻撃↓)
努力値振りHP252、防御252、特防6
道具くろいヘドロ
技構成ねっとう、どくどく、トーチカ、じこさいせい

こちらのドヒドイデは、特性「さいせいりょく」と高い耐久力を活かした受けループで使える型です。

受けループ先は「ヌオー」が最適ですが、苦手なタイプを受けられるポケモンであれば良いでしょう。

基本的に「どくどく→トーチカ→じこさいせい」で、強く出れる相手にはこれで突破を狙います。

ちょうはつorアンコールで積みますが、今作ではそこまで採用率が高い技ではありません。

アーマーガアはちょうはつを持ちがちなので、ねっとうでやけどを狙っていくのも有効です。

どくが効かない相手には、基本的にねっとうを打つか、さっさと引くことをおすすめします。

とりあえず受けポケモンが欲しいっていう方は、ドヒドイデを最優先で作ってみましょう。

【ポケモン ソード&シールド】はりきりアイアントの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

ドヒドイデは相手をするには面倒ですが、自分で使う分には頼りになりすぎるポケモンです。

苦手な「じめん・でんき・エスパー」の対策を後続でして、上手く回していきましょう!