【ポケモン ソード&シールド】ストリンダーの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ストリンダーの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】オーロンゲの育成論(種族値・努力値・技構成など)

ストリンダーの特徴

タイプでんき・どく
種族値HP75/攻撃98/防御70/特攻114/特防70/素早さ75
特性【パンクロック】
自分の音系の技「いびき』『うたかたのアリア』『エコーボイス』『さわぐ』『スケイルノイズ』『チャームボイス』『バークアウト』『ハイパーボイス』『ばくおんぱ』『むしのさざめき』『りんしょう』『ソウルビート』『オーバードライヴ』の威力が上がる。また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。
【マイナス】
特性『プラス』か『マイナス』のポケモンが戦闘にいると『特攻』が1.5倍になる。
【テクニシャン(夢特性)】
威力が60以下の技の威力が1.5倍になる。威力の変動する技や、威力が修正された場合も影響する。
弱点「4倍」じめん
「2倍」エスパー
耐性「0.5倍」はがね/むし/どく/ひこう/フェアリー/でんき/くさ/かくとう
おすすめの性格ひかえめorおくびょう
おすすめの努力値振り特攻252、素早さ252、HP6
進化条件エレズン→ストリンダー(Lv30)

ストリンダーは、「でんき・どく」タイプを持つ初のポケモンです。

「じめん×4、エスパー×2」と弱点が少なく、半減は8タイプという優秀な組み合わせですね!

種族値以上の耐久性能がありますし、殴り合いでも生存する可能性が高いです。

そして、特性「パンクロック」で「オーバードライブ、ばくおんぱ」の威力が1.5倍になります。

どちらも元々威力の高い技なので、効果抜群でなくてもかなりの火力が出せますよ!

フォルムチェンジについて

エレズンは性格によって、「ハイなすがたorローのすがた」のストリンダーに進化します。

種族値やタイプは同じですが、「ローのすがた」はギアチェンジを覚えるなどの技に少し違いがあります。

そして、エレズンはベイビィポケモンなので、メタモンと預けてもタマゴは生まれません。

孵化厳選の際は、進化させてから行う必要がありますね(^-^;

 

 

ストリンダーの育成論

特性【パンクロック】
自分の音系の技「いびき』『うたかたのアリア』『エコーボイス』『さわぐ』『スケイルノイズ』『チャームボイス』『バークアウト』『ハイパーボイス』『ばくおんぱ』『むしのさざめき』『りんしょう』『ソウルビート』『オーバードライヴ』の威力が上がる。また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。
弱点「4倍」じめん
「2倍」エスパー
耐性「0.5倍」はがね/むし/どく/ひこう/フェアリー/でんき/くさ/かくとう
性格ひかえめ
努力値振り特攻252、素早さ252、HP6
道具こだわりスカーフorふうせん
技構成オーバードライブ、ばくおんぱ、ボルトチェンジ、ヘドロウェーブ

ストリンダーは、特性「パンクロック」で威力が1.5倍になる「オーバードライブ、ばくおんぱ」を中心に戦います。

  • オーバードライブ(電気特殊威力80命中100)……相手全体が対象。相手の『みがわり』状態を貫通する。
  • ばくおんぱ(ノーマル特殊威力140命中100)……自分以外全員が対象。相手の『みがわり』状態を貫通する。

タイプ一致オーバードライブは威力180、タイプ不一致のばくおんぱは「威力210」という驚異的な威力です(笑)

基本的には「ばくおんぱ」を連射し、弱点を突けたり身代わりを使う相手には「オーバードライブ」が有効です。

残りの技はタイプ一致の「ヘドロウェーブ」、苦手な相手向けの「ボルトチェンジ」がおすすめ。

道具は「こだわりスカーフ」推奨ですが、一度だけ地面技を無効にできる「ふうせん」も採用の価値ありです。

一度無効にしている間に、ばくおんぱで処理できる場面もたまにありますしね。

【ポケモン ソード&シールド】氷ヒヒダルマの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

ストリンダーはお腹のプルプルが若干気持ち悪いものの、特性&技&タイプ相性が非常に優秀なポケモンです。

めざパなしでここまで技範囲の広い電気タイプは他にいないので、育てて使ってみて下さいね!