【ポケモン ソード&シールド】ガラルマッギョの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールドの「マッギョ(ガラルのすがた)の育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】ウッウの育成論(種族値・努力値・技構成など) うのミサイルをぶっとばせ!

マッギョ(ガラルのすがた)の特徴

タイプじめん・はがね
種族値HP109/攻撃81/防御99/特攻66/特防84/素早さ32
特性【ぎたい】
フィールドの状態にあわせて、自分のタイプが変化する。『エレキフィールド=でんきタイプ』『グラスフィールド=くさタイプ』『サイコフィールド=エスパータイプ』『ミストフィールド=フェアリー』になる。フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。
弱点「2倍」ほのお、じめん、みず、かくとう
耐性「0.5倍」はがね、むし、ひこう、フェアリー、ドラゴン、エスパー、ノーマル、いわ
「効果なし」どく、でんき
おすすめの性格わんぱく(防御↑特攻↓)
努力値振りHP252、防御252、素早さ6
進化条件なし

まさかのガラルのすがたを得た「マッギョ」さんは、「じめん・はがね」タイプになりました!

弱点が4つあるものの、耐性はかなり多いので、耐久型として活躍しやすいです。

特性もかなり面白いですし、専用技もなかなか便利ですね。

一撃必殺技「じわれ」も覚えますし、出てこられたら嫌なポケモンだと思いますよ。

マイナー感はありますけどね(笑)

 

 

マッギョ(ガラルのすがた)の育成論

特性【ぎたい】
フィールドの状態にあわせて、自分のタイプが変化する。『エレキフィールド=でんきタイプ』『グラスフィールド=くさタイプ』『サイコフィールド=エスパータイプ』『ミストフィールド=フェアリー』になる。フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。
弱点「2倍」ほのお、みず、じめん、かくとう
耐性「0.5倍」はがね、むし、ひこう、フェアリー、ドラゴン、エスパー、ノーマル、いわ
「効果なし」どく、でんき
性格わんぱく(防御↑特攻↓)
努力値振りHP252.防御252、素早さ6
道具オボンのみ
技構成ふいうち、じわれ、とらばさみ、じしん

専用技「とらばさみ」は、草物理威力35命中100で「4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、その間相手は逃げたり交代できない」という効果。

タイプ一致ではないものの、確実にじわじわとダメージを入れられ、交代を封じられるのは地味に強いです。

基本的には有利な相手に後出しをしていき、交代読みで「とらばさみ」を入れていくのがおすすめです。

ほぼ確定で後攻から動くので、先制技の「ふいうち」は有効です。

普通に倒せないポケモンであれば、一撃必殺の「じわれ」を狙っていく。

後は火力を求めて「じしん」を採用し、相性のいいポケモンを狩っていきましょう。

特性「ぎたい」もダイマックス環境だと発動しやすいので、上手く活かしていきましょう。

【ポケモン ソード&シールド】タチフサグマの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

かなり面白い動きができるポケモンなので、ネタ枠でしかないと侮るのは危険です!

レートでそこまで見かけることもないですし、マッギョ対策が出来ていない方も多いです(笑)

相手を選んで活躍するポケモンなので、常にパーティに入れるのはおすすめしませんが。