【ポケモン ソード&シールド】ウオノラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ウオノラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】モスノウの育成論(種族値・努力値・技構成など)

ウオノラゴンの特徴

タイプみず・ドラゴン
種族値HP90/攻撃90/防御100/特攻70/特防80/素早さ75
特性【ちょすい】
『みず』タイプの技を受けるとダメージや効果はなくなり、最大HPの1/4回復する。
【がんじょうあご】
あごやキバを使って攻撃する技『かみつく』『かみくだく』『ひっさつまえは』『ほのおのキバ』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『どくどくのキバ』『サイコファング』『エラがみ』の威力が1.5倍になる。
【すなかき(夢特性)】
天気が『すなあらし』の時、『素早さ』が2倍になる。また、『すなあらし』によるダメージを受けない。
弱点フェアリー/ドラゴン
耐性「0.5倍」はがね
「0.25倍」ほのお、みず
おすすめの性格ようき
努力値振り攻撃252、素早さ252、HP6
進化条件なし

ウオノラゴンは、カセキ復元でのみ入手が可能なポケモンです。

孵化厳選を行う事が不可能なため、カセキを大量に用意し、復元で理想個体を狙うしかありません。

【ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)】カセキ4種の効率的な入手方法・復元パターン・種族値

【ポケモン ソード&シールド】穴掘り兄弟から入手できるアイテム一覧

自分は4Vのを引き当てて、Lv100で「ぎんのおうかん」や「ようきミント」を使用しました。

ウオノラゴンは「みず・ドラゴン」タイプという、最も優秀な部類の組み合わせです。

飛びぬけて優れた種族値がある訳ではありませんが、専用技と特性「がんじょうあご」での攻撃が非常に強力!

パワーでごり押したいという方は、おすすめのポケモンとなっています。

 

 

ウオノラゴンの育成論

特性【がんじょうあご】
あごやキバを使って攻撃する技『かみつく』『かみくだく』『ひっさつまえは』『ほのおのキバ』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『どくどくのキバ』『サイコファング』『エラがみ』の威力が1.5倍になる。
弱点「2倍」フェアリー/ドラゴン
耐性「0.5倍」はがね
「0.25倍」ほのお、みず
性格ようき
努力値振り攻撃252、素早さ252、HP6
道具こだわりスカーフ
技構成エラがみ、かみくだく、いかりのまえば、けたぐり

ウオノラゴンの最大の魅力が、専用技「エラがみ」と特性「がんじょうあご」で繰り出される超火力です。

「エラがみ」は、水物理威力85命中100で「相手より先に攻撃できると威力が2倍になる」という効果を持ちます。

特性「がんじょうあご」でさらに1.5倍、タイプ一致でさらに1.5倍で、威力は驚異の「382.5」です!

最速スカーフによって先手はほぼ取れますし、相手が「くさ」などで受けてきても、かなりのダメージを入れられます。

この技以外にも「いかりのまえば」は、確実に相手HPを半分にできるので、相性の悪いポケモンにも深手を負わせられます。

「かみくだく」は、弱点を突ける「ゴースト」や「あく」相手に使っていきましょう。

けたぐりに関しては、正直これ以外に何かいい技があるんじゃないか?と思っていますが(笑)

「こおりのきば」とかの方が良いかも知れない。

【ポケモン ソード&シールド】ドラパルトの育成論(種族値・努力値・技構成など)まとめ!

まとめ

見た目とは裏腹に、かなり驚異的な火力を出せるウオノラゴン。

見た目が嫌だという方は多いでしょうが、自分はもう愛着が湧いていますね(笑)

使える場面が多いですし、カセキ復元で高個体が出た方は使ってみて下さいね。