【ポケモン ソード&シールド】インテレオンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「インテレオンの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】ストリンダーの育成論(種族値・努力値・技構成など)

インテレオンの特徴

タイプみず
種族値HP70/攻撃85/防御65/特攻125/特防65/素早さ120
特性【げきりゅう】
HPが1/3以下の時、『みず』タイプの技の威力が1.5倍になる。
【スナイパー(夢特性)】
自分の攻撃が急所に当たると、ダメージが1.5倍ではなく2.25倍になる。
弱点「2倍」でんき、くさ
耐性「0.5倍」ほのお、みず、こおり、はがね
おすすめの性格おくびょう(素早さ↑攻撃↓)orせっかち(素早さ↑防御↓)orむじゃき(素早さ↑特防↓)
おすすめの努力値振り特攻252、素早さ252、HP6
進化条件メッソン→ジメレオン(Lv16)→インテレオン(Lv35)

インテレオンは、今作の御三家ポケモンのみずタイプ枠です。

みず単タイプでは、みず御三家最弱と名高い「ダイケンキ」以来ですね(^-^;

インテレオンは「素早さ種族値120」と高く、「特攻種族値125」と優秀な特殊アタッカーとして活躍しやすいです。

ただし、耐久力はいまひとつという事で、特性「げきりゅう」の発動が難しいと言えます。

夢特性「スナイパー」にしても、きゅうしょに当たらないと効果ないですからね(^-^;

みず単タイプということで、自然と狩れる範囲は狭くなりますし、技選びには工夫が必要ですね。

決して弱いという訳ではありませんので、素早さを活かせるような型を作成しましょう。

 

 

インテレオンの育成論

特性【げきりゅう】
HPが1/3以下の時、『みず』タイプの技の威力が1.5倍になる。
弱点「2倍」くさ、でんき
耐性「0.5倍」ほのお、みず、こおり、はがね
性格せっかち(素早さ↑防御↓)orむじゃき(素早さ↑特防↓)
努力値振り特攻252、素早さ252、HP6
道具きあいのタスキ
技構成ねっとう(技レコード)、れいとうビーム(技レコード)、とんぼがえり、ふいうち

インテレオンは、特攻よりの両刀で使う事で、使い勝手が数段良くなります。

道具「きあいのタスキ」で、HP1で耐えてからの特性「げきりゅう」の発動を狙えます。

耐久力を「せっかちorむじゃき」で下げておいても、「げきりゅう」が発動しやすくなるので都合が良いんですね。

タイプ一致技に「ねっとう」を採用したのは、あわよくば「やけど」を狙って役割破壊をするためです。

ハイドロポンプでは確実性がないですし、ねっとうの方が副産物に期待できるのでお得ですね。

ドラパルトには先制されるものの、「れいとうビーム→ふいうち」で落とすことが可能です(ダイマックスの有無によりますが)

「とんぼがえり」は、不利対面からの先制離脱がしやすいので活きますね。

物理技は火力重視ではないものの、要所要所で活躍を見せるので採用をおすすめします。

まぁ、そこまで特殊技の範囲が広くないというのもありますけどね(^-^;

【ポケモン ソード&シールド】ガラルマッギョの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

素早さが速いからと言って、決してゲッコウガと比較しては行けません。

ゲッコウガのような活躍ができるポケモンなんて、ポケモン界でも他にいませんしね。

常にパーティに入れることはないとは言え、たまに使ってみると働いてくれるポケモンです!