【ポケモン剣盾】2月に解禁される夢特性ポケモンまとめ!特に優秀な特性を解説します

今回は、ポケモン ソード&シールドの「ポケモンHOMEで2月に解禁される優秀な夢特性ポケモン」をまとめています。

優秀だと思った夢特性ポケモンだけ個別で解説するので、予めご了承ください。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】オーロンゲの育成論(種族値・努力値・技構成など)

解禁される夢特性ポケモン一覧

※特性が同じな進化前ポケモンは省いています。

ポケモン夢特性
ヨルノズク【いろめがね】
『こうかはいまひとつ』の攻撃技のダメージを2倍にする
ケンホロウ【とうそうしん】
同じ性別のポケモンには技の威力が1.25倍に上がるが、違う性別のポケモンだと技の威力が3/4に下がる。性別が不明なポケモンには効果がない。
レパルダス【いたずらごころ】
自分の使う変化技の優先度が1だけ加算される。優先度0の変化技も優先度+1として『素早さ』に関係なく先制攻撃できる。ただし『あく』タイプの相手(味方は含まない)には変化技が全て失敗する。
ペリッパー【あめうけざら】
天気が『あめ』の時、毎ターンHPが最大HPの1/16回復する。
ライボルト【マイナス】
特性『プラス』か『マイナス』のポケモンが戦闘にいると特攻が1.5倍になる。
ゴルーグ【ノーガード】
お互いに技が命中率・回避率に関係なく命中する。
ムシャーナ【テレパシー】
味方の技のダメージを受けない。
ユキノオー【ぼうおん】
音系の技を受けなくなる。
ドータクン【ヘビィメタル】
自分の重さが2倍になる。
フワライド【ねつぼうそう】
『やけど』状態の時、自分の特殊技の威力が1.5倍になる。
アズマオウ【ひらいしん】
でんきタイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の特攻ランクが1段階上がる。ダブルバトル時、自分以外の全てのポケモンのでんきタイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。
バスラオ【かたやぶり】
相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。
ココロモリ【たんじゅん】
能力ランクの変化が2倍になる。
オンバーン【テレパシー】
味方の技のダメージを受けない。
ニャスパー【マイペース】
こんらん状態にならない。相手の特性『いかく』の効果も受けない。
ニャオニクス♂【いたずらごころ】
自分の使う変化技の優先度が1だけ加算される。優先度0の変化技も優先度+1として『素早さ』に関係なく先制攻撃できる。ただし『あく』タイプの相手(味方は含まない)には変化技が全て失敗する。
ニャオニクス♀【かちき】
相手の技や特性で能力ランクが下がると、特攻ランクが2段階上がる。自分や味方の技や特性で下がった場合は効果がない。
ランターン【ちょすい】
みずタイプの技を受けるとダメージや効果はなくなり、最大HP1/4回復する。
ドクロッグ【どくしゅ】
相手に直接攻撃をすると、30%の確率で相手をどく状態にする。
ナマズン【うるおいボディ】
天気が『雨』の時、ターン終了時に状態異常が回復する。
ガメノデス【わるいてぐせ】
直接攻撃を受けた時、相手の持っている道具を奪う。
ナゲキ【かたやぶり】
相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。
ダゲキ【かたやぶり】
相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。
ウソッキー【びびり】
ゴースト、むし、あくタイプの技を受けた時、素早さランクが1段階上がる。相手の特性『いかく』で攻撃が下がった時にも発動する。
ピッピ【フレンドガード】
自分以外の味方が受けるダメージが3/4に軽減される。
ピクシー【てんねん】
相手の能力ランクの変化の影響を受けない。
オーベム【アナライズ】
自分の攻撃がターンで一番最後の時、技の威力が1.3倍になる。
クマシュン【びびり】
ゴースト、むし、あくタイプの技を受けた時、素早さランクが1段階上がる。相手の特性『いかく』で攻撃が下がった時にも発動する。
ツンベアー【すいすい】
天気が雨の時、素早さが2倍になる。
ドラピオン【するどいめ】
命中率ランクが下がらない。また、相手の回避率ランクの変化の影響を受けない。
マラカッチ【よびみず】
みずタイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の特攻ランクが1段階上がる。ダブルバトル時、自分以外の全てのポケモンのみずタイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。
クレベース【がんじょう】
HPが最大の時、ひんし状態になる技を受けても必ず1残る。また、一撃でひんしになる技を受けない。

 

 

優秀な夢特性ポケモン

ピッピ

特性「フレンドガード」により、横のポケモンのダメージを3/4に軽減することが可能です。

元々、「しんかのきせき」による高耐久と、「このゆびとまれ」によって横のポケモンに技を受けさせないようにする動きが強力でしたが、夢特性の解禁で「ほうでん、いわなだれ」などの範囲技にも対応が可能になります。

ダブルバトルでの需要は更に高まることでしょう。

ピクシー

特性「てんねん」は、相手の能力変化を無視できる効果を持ちます。

既にヌオーが積みポケモン対策として重宝されていますが、同じく高耐久であるピクシーも重宝されるのは間違い無いでしょうね。ヌオーと違って4倍弱点が無いのも魅力。

ただし、リーフストームやオーバーヒートなどの能力ダウンが消えるのは注意。

クレベース

特性「がんじょう」は、一撃で絶対に瀕死にならない効果を持ちます。

クレベースは、防御種族値184という圧倒的な物理耐久の高さを誇りますが、特防種族値は46ということで簡単に倒される場面もあります。

そこに「がんじょう」が加わることで、特殊技に対しても一撃は耐え、反撃をすることが可能になる訳です。

今作では防御値を攻撃値へ変換する「ボディプレス」がありますので、十分に致命傷を与えることも出来ますしね。

より、クレベースの需要が高まることでしょう。

【ポケモン ソード&シールド】物理受け最強格クレベースの育成論(種族値・努力値・技構成など)

ニャオニクス♂

特性「いたずらごころ」は、変化技をあくタイプ以外に先制技として使える効果です。

現状では「オーロンゲ」と「エルフーン」が同特性ですが、「トリックルーム、ふういん」などを先制で使う事ができます。

トリルパの始動役にも一役買いそうです。

♀の「かちき」は、ミロカロスみたいな高耐久のポケモンだからこそ生きる感じがします。

レパルダス

こちらも「いたずらごころ」が解禁されるポケモンです。

ニャオニクス♂との違いは、自身があくタイプなので、「いたずらごころ」同士の対面になっても打ち勝つことができます。

そして、「あまごい」を覚えるので、雨パの始動役にも向いています。

ココロモリ

特性「たんじゅん」は、能力変化が2倍になる効果を持ちます。

ダイマックス時であれば、大体の弱点は耐えた上で「じゃくてほけん」を発動し、攻撃と特攻が4段階上昇、タイプ一致のダイジェットで素早さ2段階上昇も可能です。

アシストパワーも威力180になり、なかなか止めることは難しくなりそうですね。

特性「てんねん」があれば、簡単に止めることは出来ますが(笑)

ランターン

特性「ちょすい」で、みずタイプの技を無効化することが可能になります。

これまでは「ちくでん」で、でんきタイプの技を無効にしていましたので、特性がバレない限り相手はどちらも迂闊に使えません。

みずタイプ、でんきタイプのどちらへも対策が出来るポケモンになりますね!

ゴルーグ

特性「ノーガード」は、どの攻撃技も必ず命中するという効果があります。

ゴルーグは「ばくれつパンチ」を覚えるので、確実にこんらん状態にした上で、高いダメージを与えられます。

命中率に少し難のある「ストーンエッジ」も覚えますし、少しは使えるようになるであろうポケモンです。

【ポケモン ソード&シールド】ヤドン(ガラルのすがた)の入手方法・進化条件・種族値

まとめ

元の特性より弱いポケモンもいますが、環境に食い込んでくるポケモンも数匹はいます。

ピッピはダブルバトルで、ピクシーは積みポケモンへの対策にと。

同じポケモンが多い環境なので、2月の解禁で少しは面白くなるといいですね!