【デスストランディング】難易度別の特徴・おすすめの難易度・メリットやデメリット

今回は、DEATH STRANDING(デスストランディング)の「難易度別の特徴・おすすめ難易度・メリットやデメリット」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

難易度別の特徴

難易度特徴
Hard・最高評価「Legend of Legend」を取得できる
・バトルやアクション難度が高い
Normal・評価「Legend」を取得できる
・標準的な難易度
EASY・アクションが苦手な人におすすめ
Very Easy・攻略のヒントが出やすい
・ストーリーだけを楽しみたい人におすすめ

難易度で変わるのは、「指名なし依頼で取得できる最大評価」と「敵の強さ」ですね。

指名なし依頼で最大評価を狙う場合は、Hardで攻略して下さい。

「そんなの狙わないから普通に楽しみたい」という方はNormalで。

ストーリーと運搬にだけ集中したい方は、Very Easyを選ぶといいでしょう。

おすすめなのは、最初はNormalで進めて、難しければEASYやVery Easyに下げていく感じです。

どの難易度にしても運搬距離が変わることもないですし、十分にデスストランディングの魅力は伝わると思います。

 

 

難易度の変更方法

難易度は「オプション→ゲーム設定→ゲーム難易度」からいつでも変更可能です。

依頼の最中でも難しいと感じれば、難易度を下げることができます。

ただし、依頼の評価は変更した中で最も低い難易度が基準になります。

Hardから途中でNormalにすると、「Legend of Legend」の評価は獲得できません。

【DEATH STRANDING】取り返しのつかない要素まとめ!

まとめ

運搬距離や内容に変化はないので、簡単にクリアできるゲームにはならないのが評価できますね。

デスストランディングは運搬に苦労してこそ、その魅力が最大限に伝わるゲームですから。