【デスストランディング】バックパックカスタマイズの解放時期・おすすめカスタマイズ【DEATH STRANDING】

今回は、DEATH STRANDING(デスストランディング)の「バックパックカスタマイズのおすすめ装備方法」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

バックパックカスタマイズとは?

バックパックカスタマイズは、サムの背負っているバックパックに特定のアイテムを装着できます。

それらを装着することで、バックパックの性能が強化されます。

カスタマイズできるのは以下の4種類です。

カスタマイズ効果
拡張バッテリー拡張バッテリーを付けることで、アクティブスケルトンの使用可能時間が延びる。
グレネードポーチグレネードポーチを付けることで、グレネード系アイテムをポーチ1つにつき1つずつ装着できるようになる。
マニューバユニット※依頼№46クリア後に解放。
バッテリーを搭載したバランス回復ユニットで、主に以下の効果が発生する。
・サムがバランスを崩しても、ふらつきが小さいものなら自動回復する。
・大きくバランスを崩した時も、より早くバランスを回復できる。
・転倒時にサムのダメージを軽減する
・バッテリーの最大容量が増える(晴れ・曇り時に自動回復)
アクセサリーBBがご機嫌になり、ストレスが溜まりにくくなる

バックパックカスタマイズの解放時期は、依頼№35クリア時です。

プライベートルームで「装備棚」の方を向いて、「バックパックカスタマイズ」を選択しましょう。

バックパックカスタマイズのやり方

バックパックのカスタマイズは、付けられるアイテム数が決まっています。

正確には、指定されたスペース内にカスタマイズするアイテムを配置するって感じです。

例えば、バッテリーだと横向きで2つが最大なので、バッテリーを最大まで積むと他のアイテムは配置できません。

何をどう配置するかで、ストーリーの進めやすさも違ってきます。

 

 

バックパックのおすすめカスタマイズ

基本的には、「バッテリー×2」でアクティブスケルトンの使用時間を延ばすのが安心です。

DEATH STRANDINGは移動するゲームなので、アクティブスケルトンが多く使えれば運搬も楽になります。

そして、BTと戦闘が多くなりそうな場合は「バッテリー×1、グレネード×7」の組み合わせもおすすめします。

カイラル結晶はあっという間に無くなるので、わざとタールに飲まれてBTキャッチャーを出し、グレネードを連発して倒すのも効率が良かったりしますからね。

こちらの場合は「発電機」をいつでも作れるようにしてください。

マニューバユニットに関しては、特に使わなくても問題は無いでしょう。

【DEATH STRANDING】カイラル結晶の効率的な入手方法・使い道まとめ!

まとめ

バックパックカスタマイズをするのとしないのとでは、移動や戦闘にかなりの差が出ます。

基本的にはバッテリー×2で固定し、移動を楽にしておきましょうね!