【スパイダーマン PS4】クリア後の評価・感想・レビュー『ネタバレあり』

今回は、スパイダーマン PS4の「クリア後の評価・感想・レビュー」をまとめています。

ネタバレも含まれますので、予めご了承ください。

それでは、ご覧くださいませ!

ストーリー

今作のストーリーは、PS4版だけのオリジナルストーリーです。

スパイダーマンになって8年目のピーターが、オットーの研究所で働きながら、スパイダーマンとして街の平和を救っていくという物語ですね。
既にMJとは別れており、そこからどう寄りを戻していくのかも注目です。

メインの敵組織は「フィスク」と「デーモン」でした。

デーモンはまさかのリーが親玉であり、変身後の姿は衝撃的でしたね。

最後の方には歴代のボス「エレクトロ&バルチャー」「スコーピオ&ライノ」がタッグを組んで挑んで来たり、リーの変身後「ミスターネガティブ」との戦いは燃えましたね!

そして、ラスボスと化したオットーと決着を付けたものの、叔母さんの命を犠牲に感染症からみなを救ったという結末。

最後の最後にあの子がスパイダーマンになるなど、次回作への期待を覗かせる感じになりました。

全体的にストーリーは良く、ボリュームが少し少ないことを除けば良作だと思います。

戦闘

戦闘ではかなりスピード感もありますが、殴る蹴るの単調な感じになりやすくなります。
敵に見つからずに倒していくのは気持ちいいですが、見つかった後はちょっと大味かなと。

スパイダーマンならではの戦いは再現できるので、映画版が好きな方は面白く感じるかも。

敵の数が圧倒的に多いので、全て倒した後の爽快感はありますけどね!

多数のスーツとスーツパワーの使い分けで、どんな場面も切り抜けられたりしますから。

 

スポンサードリンク

 

移動と街の探索

本作の最大の魅力と言えば、スイング移動による街の探索ですね。

高速で移動しながら、ニューヨークの街並みを空中から見れるというのは、スパイダーマンならではです。

本作ではニューヨークの街並みの再現度が尋常じゃないので、本当にニューヨークを探索している気分になります。
タイムズスクエア、ウォール街等など、実際に観光名所を訪れている気分になれますね!

今作の為に仕込んだネタもいろいろと隠されています。

移動しながら「街で起きている事件」やら、「収集物の回収」などのミッションもこなせますし、自由にスパイダーマンを遊ぶこともできます。

ストーリーを放置して観光を楽しむのも、ストーリーを徹底的に進めるのも自由です!
とにかく移動を楽しんで、自分のペースでスパイダーマンを進めていきましょう。

今後配信のDLC

この動画は10月頃に配信予定の「黒猫の獲物」ですね。
スパイダーマンに恋をしているブラックキャットの事件がメインです。

その他にも、「王座を継ぐもの」「白銀の系譜」が配信予定で、現在はシーズンパス「摩天楼は眠らない」が購入できます。
各1080円で、3つ入りのシーズンパスは2700円なのでお得ですね。

クリアしたから売ろうかな?と考えている方は、DLCを待つのも良いと思います。
ニューゲーム+も来ますしね。

総評

Amazon的に言うと、☆4って感じでしょうかね。

移動や街並みに関しては、文句なしの☆5を上げられますが、戦闘はちょっと物足りなかったなと。

後は「クリアまでのボリュームが15時間に満たない」というのもマイナスですね。

今後ニューゲーム+やDLCの配信もあるので、その問題も解決され☆4.5以上の高評価になる可能性も十分にありそうです!

ストーリー攻略におすすめのスーツパワー

悲しみを背負ったプロポーズ看板の場所

 

広告