【ザンキゼロ】ネット上の評価・感想・レビューなど!『シナリオ◎』

今回は、ザンキゼロのネット上の「評価・評判・感想・レビュー・口コミ」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

どんなゲーム?

発売日 2018年7月5日
ジャンル ノンストップ残機サバイバルRPG
対応機種 PS4/PS Vita
対象年齢 17歳以上対象
価格 PS4版:7200円+税
PS Vita版:6800円+税
開発元 スパイクチュンソフト

本作は、ダンガンロンパシリーズを手掛けたスタッフが製作した新感覚のRPGです。

本作の物語は、主人公の一人が南の島で目を覚ます所から始まります。

人類は既に滅亡し、島にはボロボロの建物が随所に点在しています。

そして、主人公含む人類最後の8人の生き残りでサバイバルを行います。

キャラの性格は、七つの大罪をモチーフにしており、それに応じたシナリオが展開されます。

そして、ザンキゼロの最大の特徴は「13日で寿命を迎える」というもの。

最初は子供でスタートし、最後には老人のまま老衰で死にます。

ただし、死んでも「エクステンドマシーン」に入れることで、再び子供の姿に再生されます。

これまでの記録もそのままなので、見た目は子供で頭脳は大人状態な訳です(笑)

エクステンドする度に「シガバネ」という能力で強くなるので、死ぬことが攻略に繋がると言えますね。

演出面ではダンガンロンパらしい小ネタも多く、ファンには嬉しいのでは無いでしょうか?

ただし、そういう演出に耐性が無い方からは不評を買う可能性も有るでしょう。

購入の参考に下記の意見を参考にしてくださいね。

名作だと思った方の評価・感想など

  • 序盤から衝撃的なシーンが流れ、一気に物語に引き込まれる
  • ここまで死を繰り返し、若返るゲームも新鮮です
  • システムは複雑だけど、理解できるとサバイバルの楽しさが分かる
  • エグイストーリーを見て、ダンガンロンパを思い出すのは自分だけじゃないはず
  • ステージごとに一人の過去が分かるので、先に進みたくて堪らなくなる
  • STAGE03の終盤から面白くなるので、そこまでは絶対にプレイするべき
  • 最高難度の死にっぷりが、もはや清々しくて好き(笑)
  • 体力、生命力、ストレスなど、普通に過ごしても死ぬことが多いの気が抜けない
  • 戦闘は操作がシンプルなので、アクション苦手でもやりやすい

全体的に評価や感想を見てきて、やはりシナリオ面を絶賛する声が多かったですね。

プロローグから惹きつけられますし、三章終盤以降からは先が気になり過ぎて困ります(笑)

キャラごとのシナリオも濃いですし、登場キャラ8人の過去を全て見たくなりますね。

シガバネの死因もたくさんありますし、いろんな状態で死ぬ楽しみも出てきます。

難易度は高いと厳しいですが、Ⅱ以下であれば結構進めやすいですよ。

 

スポンサードリンク

 

駄作だと思った方の評価・感想

  • 唐突にグロイシーンが来るので心構えができない
  • マスごとに移動なので、方向転換でかなり酔う
  • 移動が自由に出来ないので、壁際に追い込まれたらどうしようもない
  • 戦闘が残念過ぎる
  • 暗いマップが多いので、唐突に敵に遭遇してやられるのは辛い
  • 「空腹、ストレス、老衰」等など、死因が多いのはとても面倒くさい
  • 重さ制限、生命力などの不自由なパラメーターが多すぎる
  • エクステンドの為に戻って、また最初からダンジョンを進むのは怠い
  • エクステンドTVのノリが寒すぎて耐えられない
  • おすすめ難度が全くおすすめじゃない

このように、酷評している方はシステムに対して不満があるようです。

良いシナリオを上回る程にシステムが酷いって感じですね(^-^;

「戦闘」は、面白いと言っている人はまずいないと思います。

通常攻撃とチャージ攻撃の2パターンのみで、攻撃までのクールタイムがちょっと長いです。

マップ上でキャラが表示されないので、モーションすら確認できないのは不満です。

そのせいで、水着DLCも余り買う意味が無いと言えます。

死に関するシステムは、サバイバルだという事を認識させられますが、理不尽さは感じさせられますからね。

駄作だという人たちの言い分も、それなりに理解できるのがザンキゼロなのかも。

総評

シナリオ評価は間違いなく高いものの、それ以外での酷評があると言った感じです。

シナリオを全部見る為だけにクリアを目指す価値はありますが、そこまでにシステムの不自由さに耐えられない人は挫折してしまうでしょうね。

そういう方は、難易度『Ⅰ』でもクリアはして欲しいところです。

難易度別の違い・ゲームオーバーの条件

最新攻略 完全まとめ