【嘘つき姫と盲目王子】終章『エリア1~ラスボス』攻略チャートまとめ!

今回は、嘘つき姫と盲目王子の終章『魔女の館』の『エリア1~ラスボス』までの攻略チャートをまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

スポンサーリンク

終章の特徴

終章は、エリア名は一つですが、実質3エリア構成になっています。

「魔女に攻撃する→次のエリアへ→魔女に攻撃される→次のエリアへ」の繰り返しですね。

戻される度に違うギミックのエリアを進むことになるので面倒です(^-^;

仕掛けの難易度も高いので、移動する床の部分は特に気を付けて下さい。

何度も死ぬことになると思いますが、諦めずにプレイしましょう(笑)

魔女に3回攻撃すればゲームクリアとなります。

トロコンしないのであれば、6時間未満でゲームクリアになるでしょうね。

攻略チャート

エリア1

・王子を連れて先に進んでいく

魔女の攻撃で樹が落下してくるので回避して破壊する。

魔女の攻撃は紫の光で予測範囲が表示されるので、ちゃんと見ておけば回避は出来ます。

・スイッチが2つある場所で、王子を下に配置し、狼で上のスイッチがある場所に向かう

・上のスイッチを押すと王子を乗せた台が移動します。

狼で素早くバリケードを破壊し、花の種で下のコウモリを倒しておく。

バリケードを破壊してスイッチを押し、エレベーターが動いて道が出来る。

・中間地点で王子を乗せた台が真下付近に来たら落下して飛び乗る

コウモリ3匹を倒し、バリケードを破壊してジャンプで移動。

・その先のレバーを姫で操作する

王子を乗せた台がエレベーター付近に来たら、レバーを操作して王子を上昇させる。

・その先に魔女とエレベーターのスイッチ

魔女に近づくと、樹の攻撃を何度も出してきます。

予測範囲が赤になったら回避すれば間に合います。

・魔女の前のエレベーターに乗り、王子にスイッチを踏んでもらう

通り過ぎる場合は「待つ」で止めるのも有り。

予めエレベーターの位置に王子が来るように調節しておく。

・エレベーターで上に行ったら、狼で魔女に攻撃する

攻撃すると次のエリアへワープする。

スポンサードリンク

⒉エリア2

・予測範囲に注意して攻撃を回避しながら進む

・先に進むと上にイノシシが大量にいる場所に出る

魔女の攻撃が一定間隔で来るので、その攻撃を上のイノシシに当てて倒す。

なるべく多くのイノシシを倒したら、右の崩れる足場からイノシシの場所に行く。

残りのイノシシを倒して先に進みます。

・先に進むと魔女の攻撃が来るので、回避して進んでいく

・石を王子で拾い、樹を避けつつ先に進む

・その先に進むとスイッチが2つある

右のスイッチを石で押し、左を王子で踏む。

・王子がスイッチに移動する前に奥のエレベーターの乗っておく

・王子でスイッチを押し、エレベーター上昇後に魔女の顔にジャンプ攻撃する

魔女に攻撃し、次のエリアへ進む

エリア3

・王子が上に出現し、狼が下に出現する

王子が集中攻撃されるので、王子に指示を出して右に移動させる。

何度も右に移動する指示を出し、進んだ先のスイッチを王子で押す。

・エレベーターが下がるので、狼で先に進んでいく

・王子もワープまで進めると、その先で王子が上に、狼が下に出現する

・王子を右に移動する指示を出す

道中の敵は花の種で倒しておく。

・王子で奥にあるスイッチを押し、ワープから先に移動する

狼で上の道に移動して進む。

・王子がワープで右奥に出現する

狼で進むと、姫の姿にしかなれない場所に着きます。

・姫でレバーを操作し、王子に指示を出してワープまで移動させる

エレベーター上昇時に王子が挟まれる事故死には注意。

・ワープすると王子が魔女の前に出現する

・王子→姫→王子の順で攻撃が来るので回避する

姫への攻撃は左のバリケードに2回当てさせる。

壊れたバリケードの先からワープすると、姫が王子の場所に出現する。

・王子と手を繋ぎ、魔女の顔の真下に移動する

魔女の攻撃を魔女の顔を当てるとエンディングです

まとめ

ボス戦がラスボスの魔女だけとは思いませんでしたが、特別感は出ていますよね。

2人にとっての道のりは長かったと思いますが、プレイヤーとしては6時間と短い(^-^;

これなら『価格は3000円程度でよかった』と思いつつも、エンディングは感動できますよ!

クリア後の追加要素・取り返しのつかない事

高評価確定!「PS4」おすすめゲーム

ジャンル別にまとめてみました!
↓↓↓

スポンサーリンク
X-lift

関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る