【カリギュラ オーバードーズ】評価・感想・レビューまとめ!

今回は、5月17日発売のPS4用ソフト「Caligula Overdose-カリギュラ オーバードーズ-」の評価・評判・感想・レビュー・口コミをまとめています。

SNSやレビューサイトでのコメントが中心です。

それでは、ご覧くださいませ!

スポンサーリンク

どんなゲーム?

バーチャルアイドルが生み出した仮想の学園を舞台に、してはいけないものほどしたくなるといった「カリギュラ効果」を題材に描かれたRPGです。

2016年にPS Vita用に発売され、2018年4月にはTVアニメ化も決定しています。

そして、今作は『カリギュラ オーバードーズ』としてPS4に発売です!

オーバードーズ(過剰強化)の題名通り、新キャラクターや新たなストーリー、新エンディングなどを加えたリメイク作です。

「楽士ルート」の追加により、前作の2倍以上のシナリオとなっているのだとか。

その他、前作との変更点の詳細は以下からどうぞ!

前作からの変更点・新要素

面白いと感じた人の評価・感想など

  • 主人公の性別が選べるようになったのは嬉しい
  • オート戦闘により戦闘時間が短縮されたのは朗報
  • 500人の生徒を戦闘に参加できるのは驚いた
  • 1人目の楽土ルートに入ったが、帰宅部の別側面が見られるのは嬉しい
  • Vita版プレイ済としては、不満点が多く改善されたので評価も上がる
  • 単なるリメイクでは無く、これは新作としてプレイできる作品
  • 難易度EASYがあるので、シナリオを楽しみたい人には最適
  • 新キャラがかなり個性的で、それに合わせてシナリオも変更している点は良い
  • Vita版未プレイだが序盤から世界観に引き込まれる
  • ボカロPとしては、常にそういう系の曲が流れているのは嬉しい

絶賛している人ばかりでは無いものの、Vita版プレイ済みの人には概ね好評なようです。

戦闘は面白みはありますが、雑魚戦にまで時間が掛かるという欠点がありました。

しかし、それはオート戦闘で解決するので、退屈することも減りますね。

単なるPS4版というだけでなく、ほぼ新作のような追加シナリオや追加要素は本当に嬉しい!

楽士ルートでは、楽士側の目線で行動できるというのも新鮮ですね。

帰宅部キャラの掘り下げにもなりますし、シナリオは数段濃くなっていると言えるでしょう。

スポンサードリンク

つまらないと感じた人の評価・感想

  • PS4なら画質はもうちょっとどうにかして欲しい
  • NPCに話しかけた後のカメラ固定は必要ない
  • 戦闘にオートはあるのに、メッセージ送りにオートが無いのはどうかと
  • モブ生徒が多いのは良いのだが、セリフパターンが無さ過ぎる
  • リミックス曲は原曲イメージを壊している気がする
  • proじゃないせいかエラーが多い
  • モデリングはPS4なんだから、Vita版より数段良くして欲しかった
  • 楽士ルートくらいしか面白い部分がない気がする

否定的な意見も3割程度はある印象です。

個人的に同意できるのは、グラフィック面ですね。

建物もそうですが、やはりキャラに関しては少し残念な感じがします。

PS4ということで、Vita版よりは良くなっていると期待はしたんですけどね。

Vita版プレイ済みの人は、グラフィックへの期待感は大きかったでしょうし。

女性キャラは可愛いには可愛いのですが、上半身のメリハリはもうちょっと工夫が欲しい。

モブ生徒はセリフがパターン化していますし、友達にしていくのも面倒です。

強制では無いですが、もうちょっと面白みも欲しかった気もします。

まとめ

賛否両論はあるものの、リメイク作としては良い仕上がりになっていると思います。

特に戦闘とシナリオ面に関しては、Vita版プレイ済みの方も楽しめるのでは?

楽土ルートや残りの追加要素をプレイすると、また評価も変わるかも知れませんね。

しばらく良作RPGは出なさそうですし、それまでは本作をプレイするのをおすすめします!

裏技・エラー・バグ・小技・小ネタ情報

《2018年5月発売》高評価確定なオススメゲーム5選

高評価確定!「PS4」おすすめゲーム

ジャンル別にまとめてみました!
↓↓↓

スポンサーリンク
X-lift

関連コンテンツ

こちらも読まれています


話題の仮想通貨比較人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る