今回は、ニンテンドーラボの「釣りの仕組み・出来ること」を解説しています。

それでは、ご覧くださいませ!

組み立ては2時間程度で出来る!

釣りコントローラーの組み立ては、ピアノよりは簡単ですね。

個人差はあるでしょうが、ピアノは三時間を超える人も多いようです(自分も)

対して、釣りコントローラーは二時間掛かるか掛からないかでしたね。

ピアノみたいに細かい作業も無いので、特につまずくことも無かったです!

ギミックはシンプルではあるものの、本物の釣り竿を使っている感覚になります。

リールを回した時の感触は病みつきになりますね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

かなり強く回しても壊れないようですが、扱いはなるべく丁寧にお願いします。

ニンテンドーラボ「釣り」の仕組み・出来ること

⒈釣る為の仕組み

ピアノは「鍵盤の白いシールをJoy-conが読み込んで音を鳴らす」という仕組みでした。

釣りは、釣り糸が関係しているように思いがちですが、大事なのは竿の部分です!

釣りコンは、竿の持ち手部分にJoy-conが入っています。

竿を動かすことでJoy-conも移動し、その動きをIRカメラがSwitchに伝えている訳です。

これはリールで巻き取る時も同じことです。

リールの左側に入っているJoy-conが動けば、IRカメラも動いてSwitchと連動します!

あくまでも、糸は釣りの臨場感を出すためのギミックという訳ですね。

2浅瀬・深瀬まで自由に釣りが出来る!

浅瀬

釣りでは、リールを「手前側に回転させる」と海に沈んでいきます。

浅瀬では「サバ・タイ・フグ」などの釣りやすい魚が泳いでいます。

慣れない内は、浅瀬で釣りのコツを掴むと良いでしょう。

釣る時は「反対側に開店させる」と釣りあげられます。

がむしゃらに回すよりは、適度に緩めたりする方が糸は切れにくいです。

切れる手前では糸が赤く点滅するので、それを目安にすると良いでしょう。

深瀬

しばらく沈ませると深瀬に到着し、明らかに大きい魚が泳ぎ始めます。

「ヒラメ・ナポレオンフィッシュ・マグロ」などの大物を狙いましょう。

大物はパワーも強く、深い深度の為に釣るまで時間が掛かります。

浅瀬で練習したテクニックを活用し、慎重に釣りあげていきましょう!

釣りに詳しい人は、実際の釣りで使っているテクニックなどが使えるようですね。

動画もいろいろ上がっているので、そちらも参考にすると良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

⒊アクアリウムで鑑賞・新たな魚を作成しよう!

釣りを進めていくと出現する「アクアリウム」では、釣った魚を鑑賞できます。

釣った魚が泳いでいる映像が流れるので、見ているだけで気持ちが安らぎますね!

そして、アクアリウムの目玉機能である「新たな魚の作成」が面白いです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

ここでは、「ピアノ」と連動して魚を作成します。

その手順は以下の通りです。

  1. アクアリウムを起動する
  2. ピアノにJoy-con(R)を刺します
  3. 釣りのEシートにある「魚カード」を用意する(自作しても良い)
  4. ピアノの差し込み口に魚カードを刺す
  5. 右の□ボタンを押し込み、魚カードを読み込ませる
  6. 魚が表示される
  7. 魚の色を鍵盤でカスタマイズする
  8. 最後に目玉を付けて完成
  9. アクアリウムにオリジナルの魚が泳ぐようになる

これらはゲーム内の動画で説明されるので、更に詳細な作り方はそちらをどうぞ!

魚を作ってアクアリウムを彩鮮やかにしてみましょう。

カジキを釣り上げる動画

まとめ

ニンテンドーラボ「釣り」では、本物の釣りを自宅でしている感覚が味わえます!

釣竿に魚が食いついた感覚、釣り上げる時のリールの回転等など。

たくさん魚を釣った後は、アクアリウムも楽しんでくださいね。

ピアノの仕組み・出来ることを解説!

海外の発売前・プレイ後の反応まとめ

広告