【ポケモンGO】ナイアンに一億超えの賠償金支払い命令がキタ━(゚∀゚)━!

今回は、ポケモンGOの「一億円集団訴訟・詫びルギア」の詳細をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

ナイアンテックが約1億6700万円の賠償へ!

⒈イベントでのトラブルについて

ポケモンGO一周年でシカゴのグラントパークで行われた「Pokémon GOFest」でのこと。

特別な内容のイベント(ルギア初出現など)が多数行われていたが、人が多すぎて回線がパンクし約十分遊べなくなりました。

フラストレーションが溜まった人々は、ステージ上にペットボトルを投げ込みます。

運営スタッフは以下のお詫びを用意。

  • チケット20ドル払い戻し
  • ポケコイン100ドル分配布
  • レアポケモンを月曜まで会場近辺で継続出現させる

さらに、集計結果発表後に会場全員に「ルギア配布」のサプライズを仕掛けました!

これには会場も大盛り上がりでしたが、ここからが運営に取っては悲劇の始まりでした。

⒉賠償金の内訳

既に「ポケコイン、詫びルギア」で充分に補填はしたかに思えますよね?

しかし、今回のイベントには多額の出費をして訪れた方も多くいます。

以下の内容が賠償金として認められました。

  • 航空運賃
  • ホテル料金
  • 2日間の駐車料金、レンタカー
  • その他、参加者が負担した諸費用

世界中のポケモンファンが集まったので、航空運賃だけでも馬鹿になりませんね。

そして、「チケットは定額20ドル」でしたが、入手が直ぐに困難になった為に、転売屋から超高額で買った人も多かったのだとか。

流石に転売屋の件までは賠償額に含めませんが、集団訴訟する為の燃料には充分!

総額で「約1億6700万円」の賠償金を支払う事態へとなったのです(^-^;

他の国だったら、ここまでしないだろうけど、流石は訴訟大国だな……。

飛んだのが弾ではなく、ペットボトルだったのが救いかも?

補填の為の条件

シカゴの裁判所に提出された書類には、「2018年5月25日までに公式和解ウェブサイトを公開するとともに、参加者への電子メールを送付すべし」とのこと。

補填を希望する参加者は、実際にイベントに参加している必要があり、107ドル以上の費用を請求するには領収書が必要です。

情報元はこちら

スポンサードリンク

 

 詫びないルギアの映画

まとめ

ルギアが巻き起こした(?)集団訴訟は、エアロブラスト級の大ダメージを負わせました。

このような事がならないように、イベント運営には慎重な姿勢が求められますね。

少なくても、アメリカでイベントを開催する危険性は認識したことでしょう!

それにしても、詫びルギアという単語の響きには笑うしかないwww

ラティアスの色違い・対策ポケモンについて

ドラクエVRが稼働決定!