【スプラトゥーン2】『第三回フェス「瞬発力VS持久力」』気になる結果・勝ち負けの要因を分析してみた!

今回は、スプラトゥーン2の「第三回フェスの結果・勝ち負けの理由」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

スポンサーリンク


得票率で勝ったのは?

今回のフェスは、「瞬発力VS持久力」というお題でしたね。

前回のフェスみたいに、ポテトに偏るという事も無さそうな二択です。

【スプラトゥーン2】第2回フェスで「ナゲットがポテトに勝った理由」と今後のフェス対策

しかし、蓋を開いてみると、対戦相手が瞬発力同士になることもしばしば。

気になる得票率はと言うと・・・

結構な差がついている事が分かりますね(^^;)

前回のフェスでも、得票率が高い方が負けています。

果たして今回はどうなる!?

スポンサードリンク

勝率と結果発表~!

既に一勝分のアドバンテージを確保した「瞬発力」だが、ここまでは前回のフェスと同じ。

勝率次第では、まだまだ油断は出来ない状態だ。

ドキドキしながら勝率を見ると、「持久力が二勝」という結果に!

「瞬発力一勝」と「持久力二勝」となり、持久力が第三回フェスを制しましたd( ̄  ̄)

ナゲット事件が起きてしまいましたね・・・。

ちなみに、自分は瞬発力チームでしたよ(笑)

勝ち負けの要因とは?

勝敗を分けたのは得票率でしょうね。

得票率で一勝分のアドバンテージを得られますが、これは勝率においては不利に働きます。

自分チームの得票率が多い場合、それだけ自チームとマッチングする可能性も高くなります。

自分チームに勝っても、勝率は五分五分状態なので、何のプラスにもなりません。

一方の得票率の低いチームは、たくさんいる相手チームと毎回のようにマッチングします。

相手チームに勝つことで、勝率が確実に上がることになります。

その結果、前回と同じように二%差で負ける事に繋がるのです!

得票率にそこまで差が無い場合は、運要素が強くなりますが、得票率がかなり離れていると不利に働いてしまう訳です。

ですので、敢えて少数派に参加するのも手ではありますね!

第2回フェスの勝敗分析

まとめ

スプラトゥーン2の「第三回フェスの結果・勝ち負けの理由」について紹介しましたが、少数派が得をするって結果になりましたね!

今回の場合は、瞬発力が多数派だと思わない人も多かったと思いますし、敢えて少数派というのも難しかったかも知れません。

個人的には、得票率が接戦の方が最後まで盛り上がれると思いますし、営にはギリギリのお題を出して欲しいなと思いますねd( ̄  ̄)

スプラトゥーン2 着せ替えギアコレクション発売!

スポンサーリンク


関連コンテンツ

こちらも読まれています



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。