【巨影都市】巨影『ガメラシリーズ(レギオン)』全4体の特徴まとめ!画像付き


スポンサードリンク

今回は、巨影都市の「ガメラ(飛来する大怪獣)シリーズ」の特徴をまとめました。

それでは、ご覧くださいませ!

ガメラ

カメの甲羅を背負ったゴジラみたいな姿をしている。

ゴジラの仲間と勘違いされがちだが、ガメラシリーズの主役です。

ゴジラよりも優れているのは、火炎を噴射して、その推進力を活かした移動能力。

宇宙でも飛行が可能で、最高速度はマッハ3を超えるという。

ガメラはいつの間にか人間の味方と認識されており、今作でもレギオンの脅威から人間を守る為に飛来している。

レギオン草体

レギオンとは、隕石と共に地球へと飛来した生物。

身体はケイ素(シリコン)の化合物で形成されており、未知の絶縁体で構成された甲殻は、電磁波を反射する特性を持っている。

レギオン草体(レギオンプラント)は、レギオンが放出する酸素ガスを吸収して成長し、最後には自爆して種子を宇宙に打ち上げる。

ガメラの火球によって発射は阻止されたが、爆発に巻き込まれたガメラは瀕死状態に。

今作では、大きな建物をツタで覆っている姿(酸素ガス吸収中?)が確認できます。

 

スポンサードリンク

 

ソルジャーレギオン

マザーレギオンによって生み出される兵隊で、「大きさは3メートル、体重300㎏」という巨体である。

とても攻撃的な生き物で、鋭利な爪で車両内の乗員や乗客、慌てて駆けつけてきた隊員を殺害している。

電磁波に引き付けられる性質を利用し、名﨑送信所におびきだされ、「アンテナに群がったところをロケット弾攻撃で一掃」されました。

今作でも同様の対処法で撃退するのでしょうか?

ギャオス

コウモリをモチーフにした怪獣。

直立歩行も可能で、上から見ると「歪んだ初心者マーク」のような頭部をしている。

口から発射する300万サイクルの「超音波メス」は、なんでも切り裂く威力を持つ。

今作では群れで襲い掛かって来るとの事で、ガメラに何とか倒して貰いたい。

まとめ

巨影都市の「ガメラシリーズ」の特徴を紹介しましたが、誰もが知っているというよりは、コアな人気を誇るシリーズと言えますね。

ライバルがゴジラシリーズになりますし、コアになるのも仕方ないです(^^;)

実際に見てみると、ゴジラに引けを取らないくらい面白いですし、巨影都市で気になった人はレンタルして鑑賞してみましょう!

巨影都市 基本アクション・ステータス・衣装一覧