【ポケモンサンムーン(SM)】「カプ・ブルル」の強さ・特徴・専用技・特性まとめ

今回は、ポケモンサンムーン(ポケモンSM)の守り神ポケモン「カプブルル」について紹介して行こうと思います!

サンムーンで新登場するカプ・プルルは、守り神ポケモンとして崇められています。

守り神ポケモンは、アローラに危機が訪れる時には、その身を挺して守るという性質が有るようですね。

アローラを守るという事は、それだけの力を備えているという事なので、カプ・ブルルの特徴や強さについて触れて行こうと思います!

スポンサーリンク

カプ・ブルルの特徴について

カプブルル

アローラ地方の四つの島にはそれぞれに、守り神ポケモンが一体居ます。

そして、この島で最後に行われる「大試練」を行う「しまキング・しまクイーン」を選ぶのも守り神ポケモンという事なんですね(;゚Д゚)

それ程に大試練が大事という事ですし、守り神ポケモンと深い繋がりが有るんでしょう。

カプ・ブルルが守っているのは、「ウラウラじま」という島で、草木を操る力を守るために使っているそうです。

見た目はかなり牛っぽく、何だかメキシカンな感じもしますよね(笑)
これだけだと獰猛な感じに思えますが、カプ・プルルは落ち着いた性格で、無用な接触は避けているそうです(“゚д゚)ウム

それは自分が戦いたく無いという意味合いよりも、相手を傷付けない為の行動だと思われますね。

尻尾から大きな音を鳴らすことによって、自分が居ることを知らせるのだとか。
ただし、いざ戦う事になった時には圧倒的なパワーを発揮し、大木を振り回して攻撃するとされています!

自身の角は木で出来ているので、この角を大木にして攻撃しているのかも知れませんね。
かなりの攻撃力を持っていそうですが、スピードは余り無さそうな気がします(笑)

スポンサードリンク

カプ・ブルルの強さについて

カプブルル

守り神ポケモンはそれぞれの特徴に合わせた特性を持っており、カプ・ブルルは「グラスメイカー」という特性を持っています!

場に出た時に発動し、地面にいるポケモンはくさタイプの技の威力が上がり、HPを毎ターン少しずつ回復。じしん、マグニチュード、じならしの技のダメージが1/2」という特性となっています。

自身の草技の威力を上げつつも、更に回復まで行ってくれるという便利な特性ですよね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

この特性を利用するとしたら、攻撃重視というよりは耐久重視で戦うと良いのかも知れませんね。

「根を張る、やどりぎの種」とかと合わせたら、かなりの耐久力を発揮しそうです。
じしん系のダメージを減らす効果も、元々半減するタイプを持っていますので、更に有利な状態になりますね。

ダブルバトルで電気ポケモンと一緒の場合だと、かなりのサポートになって良さそうです (๑˃̵ᴗ˂̵)و

守り神ポケモン共通の専用技として、「自然の怒り」を覚えます。
こちらの技は「相手の体力を半分にする」という強力なものです。

耐久で戦う場合は、かなり有効打となり得るでしょう!

カプ・ブルルまとめ

カプ・プルルはかなり頼もしいポケモンであり、耐久面に非常に優れているのが分かりましたね (๑˃̵ᴗ˂̵)و

草・フェアリーというタイプも珍しいので、独自の働きを戦いではしてくれそうですね!



ホロロ通信Twitterアカウントでは最新記事の更新のお知らせやお得情報を発信します。
スポンサーリンク
関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。