【ポケモンGO】PokeWhere(ポケウェアー)の使い方・対応機器(iPhone・Android)・ポケビジョンとの違い

PokeWhereの使い方や対応機種・ポケビジョンとの違いなどについてまとめていきます。

それではご覧ください。

また、7/31にPokeWhere(ポケウェアー)が使えなくなった!ということに関しても取り扱ってます。

スポンサーリンク

PokeWhereとは

pokewhere
ポケモンGOのAPIを使用してデータを取得し、リアルタイムでポケモンの出現位置を地図データで把握できるアプリです。

「Go Map for ポケモンGO!」ではユーザーの報告を一覧にしておりますが、こちらはリアルタイムでしかもAPIを使用してデータを取得しているのでより使い勝手や信ぴょう性が高いです。

ポケモン把握はPokeWhereとポケビジョンの2強

リアルタイムでポケモンの出現位置を地図上で確認できるサイト「ポケビジョン」
そしてアプリ版が「PokeWhere」

といった感じで使い分けれます。
違いはアプリかサイトか、といったところですね。

基本的な仕組みはほぼ同じですが、どちらかがダウンしたり重いときは別のものを使う、などの使い分けができるので、両方使用するとよいでしょう。

スポンサードリンク

PokeWhereはiphoneしか使えない?

2016-07-30 22.37.01

7/30現在、PokeWhereはiOS版(iPhone・iPad)にしか対応されておらず、Android版は存在しません。

ちなみに、今後のAndroidへの対応も準備されているようです。
気になる方はこまめにチェックしてみるとよいでしょう。

▶︎iphone版「PokeWhere」の入手はこちら
PokeWhere – real time radar for Pokemon GO on the App Store

PokeWhereの使い方

PokeWhereの使い方は極めて簡単です。

DL後に位置情報の利用を許可し、画面下・中央の「更新ボタン」をクリックするだけ。
地図上にポケモンが表示されます。

(位置情報を知られたくない方は許可せずに指定することも可能です。)

また、Despawns at xx:00:00というのは、ポケモンが消滅する時間を表します。
一度更新すると30秒間ボタンを押せませんが、地図の移動は常に可能です。

PokeWhereの不具合や更新状況などはツイッターでもリアルに確認できます。

pokewhere

まとめ

どうしても重いときはポケビジョンなどを併用するとよいでしょう。

Apple審査は通過してますが、「PokeWhere」自体は非公式アプリですので、自己責任で利用してくださいね。

Pokewhereが使えない?対策された?

7/31に対策され使えなくなった模様。

外にポケモンを探しに出てほしいというポケモンGO運営者の意向により。

8/14現在も使えておりません。

関連リンク

おすすめポケモン位置情報サービスまとめ

スポンサーリンク
関連コンテンツ

こちらも読まれています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。